中学生のお子さまをお持ちで、もうすぐ高校受験という人も、少し先の大学受験を見据えた人も必見です。

Z会は、知っています。

お子さまも、入試も、社会も大きな変化を迎える今。変化を見据え、今、何ができるか。何をするべきか。難関大で圧倒的な合格実績を持つZ会が解説します。

お子さまを伸ばすためのヒントが詰まった情報誌無料プレゼント中!

学習法がわかる情報誌を、お子さまの「学校別」にお届けします!

今、Z会の資料請求で無料プレゼント『子どもを伸ばす中学からの正しい学習法』

資料請求はこちら

詳しく知りたい方はこちら!冊子の内容を一部ご紹介します!

どちらかをお選びください!

  • 「大学入試が変わる」なんて聞くけど、だったら今のうちからそれを意識して勉強させないと。とはいっても、いったいどうしたら…
  • 大学入試が本格的に変わるのは、2020年度以降。センター試験が廃止されて新たに「大学入学共通テスト」が導入され、各大学の個別入試の内容も大きく変わるといわれています。ただ、こうしたさまざまな変化に対応する一方、今できる最も大切なことは「考える力」を身につけること。この考え方を中心に、3つの特集で「中学からの正しい学習法」を紹介しています。

【特集1】中学生のうちに身につけておきたい学び方とは?→主体的に知識を身につけ、考えをまとめて他者と共有し、そこから新たな発見をする習慣を身につけることが重要です。

大学入試の変化で大切なのは、制度や内容だけではなく、高校や大学での学びそのものが大きな転換期を迎えている点。文部科学省では、これからの時代で求められる能力を以下のように定義しています。大学入試は、この3つの力を身につけることを見据えて行われる必要があります。

  • ①十分な知識・技能
  • ②それらを基盤にして答えが一つに定まらない問題に
    自ら解を見いだしていく思考力・判断力・表現力等の能力
  • ③これらの基になる主体性を持って
    多様な人々と協働して学ぶ態度
【答えてくれる人】基盤学力総合研究所 瀬戸 裕一郎

【特集2】科目ごとに、どのように学習するべきか?→必要な知識を身につけることは大前提。その上で、良問を通して思考力と表現力を身につけましょう。

情報誌の中で紹介しているのは英語・数学・国語の3教科です。英語であれば単語と熟語、数学であれば教科書に載っている定理や公式、解法を理解して活用できること。国語であれば、語彙力や読解力、論述力。中学生から求められるこうした力を身につけるにはどのようにすればよいのか、Z会の教室で長年指導に当たっている各教科の講師がわかりやすく説明します。

【答えてくれる人】英語担当 小林憲/数学担当 石田浩一/国語担当 小嶋はるか

【問題】
次の対話が成り立つように、カッコ内の語を並べ替えて
英文を完成させ、下線部全文を書きなさい。
A:I ( am / and / colder / colder / feeling ) .
B:It’s not cold today. Maybe you have a cold.
         ↓
【解答】I am feeling colder and colder.

一つの問題の中で、複数のことが問われており、解答のために知識や理解を組み合わせて解くことが必要とされています。
●〈比較級+and+比較級〉で「だんだん~」の意味を表すことを知っているかが問われている。
●〈feel+形容詞〉で「…に感じる」という意味となることを知っているかが問われている。
●coldは形容詞と名詞で意味が異なる。対話文の意味を理解し、文脈に即した理解ができているかどうかが問われている。

【特集3】今、保護者にできることは?→家庭内のやりとりで、考える力の基礎を身につけられるようにしましょう。

中学生ともなると、小学生のときとは異なり勉強についてお子さまに働きかけをすることは難しくなります。とはいえ、お子さまが考えて勉強をすることができるように、家庭でできることは少なくありません。むしろ、家庭でのささいなやり取りが、考える力の基礎になるのです。

【答えてくれる人】Z会進学教室渋谷教室長 長野正毅

  • これを読めば保護者の方で迷ったりすることもなくなりそう!Z会に資料請求をすればよいのね。
  • はい。情報誌の中では、このほかにも今後の大学入試制度や保護者へのインタビューなども掲載。さらには、良問×添削で考える力を伸ばす、Z会教材の活用法がわかる冊子も一緒にお送りします。

※冊子のデザインや内容は変わる場合があります。

資料請求はこちら

  • 高校受験って、私たちの頃とはあまり変わっていないのかしら。まあ、いずれにしても入試まではまだ時間がある気もしているけど…。
  • 保護者の方が高校受験をされたときと比べると、高校入試も変わってきていますよ。制度はもちろん、入試で問われる内容自体も変わりつつあります。すると当然、学習法も変わっていくべきですよね。他方で、保護者の方によくあるのが、自分の頃の高校受験や大学受験の経験をもとに、お子さまの学習を考えてしまうこと。だからこそ、この冊子で「正しい学習法」について知っていただきたいと思います!

【特集1】中学生のうちに身につけておきたい学び方とは?→主体的に知識を身につけ、考えをまとめて他者と共有し、そこから新たな発見をする習慣を身につけることが重要です。

2020年度から、大学入試が本格的に変わります。大切なのは、制度や内容だけではなく、高校や大学での学びそのものが大きな転換期を迎えている点。このことは、2020年を待つことなく、すでに高校入試や中学校での学習にも影響を及ぼしています。文部科学省では、これからの時代で求められる能力を以下のように定義しています。大学入試は、この3つの力を身につけることを見据えて行われる必要があります。

  • ①十分な知識・技能
  • ②それらを基盤にして答えが一つに定まらない問題に自ら解を見いだしていく思考力・判断力・表現力等の能力
  • ③これらの基になる主体性を持って
    多様な人々と協働して学ぶ態度
【答えてくれる人】基盤学力総合研究所 瀬戸 裕一郎

【特集2】科目ごとに、どのように学習するべきか?→必要な知識を身につけることは大前提。その上で、良問を通して思考力と表現力を身につけましょう。

情報誌の中で紹介しているのは英語・数学・国語・理科・社会の5教科です。単なる暗記や解き方のパターンを覚えるだけではなく、問題をもとに自ら考えて答えを導けるようにするためのポイントとは何か。Z会の教室で長年指導に当たっている各教科の講師がわかりやすく説明します。

【答えてくれる人】英語担当 増田治夫/数学担当 尾田哲也/国語担当 長野正毅

【問題】
次の対話が成り立つように、カッコ内の語を並べ換えて
英文を完成させ、下線部全文を書きなさい。
A:(do/do/like/on/to/you/what)Sunday ?
B:I like to play the guitar and listen to music.
         ↓
【解答】What do you like to do on Sunday ?

一つの問題の中に複数のポイントが盛り込まれ、考えさせる内容になっています。
●What + do + 主語 + 動詞 の原形~? という疑問文の組み立てがわかっているかが問われている。
●〈like + to 不定詞〉で「~することが好きである」という意味を表すことを知っているかが問われている。
●対話文の流れから「Aはこう言ったのだろう」と推測する能力が問われている。

【特集3】今、保護者にできることは?→家庭内のやりとりで、考える力の基礎を身につけられるようにしましょう。

中学生ともなると、小学生のときとは異なり勉強についてお子さまに働きかけをすることは難しくなります。とはいえ、お子さまが考えて勉強をすることができるように、家庭でできることは少なくありません。むしろ、家庭でのささいなやり取りが、考える力の基礎になるのです。

【答えてくれる人】Z会進学教室渋谷教室長 長野正毅

  • 高校入試も、入試で求められるものもずいぶん変わっていることがわかりました。考えて学習できるように、保護者としてもうまく子どもに接していきたいわ。
  • はい。情報誌の中では、このほかにも今の高校入試制度の特徴や保護者へのインタビューなども掲載しています。さらには、良問×添削で考える力を伸ばす、Z会教材の活用法がわかる冊子も一緒にお送りします。

※冊子のデザインや内容は変わる場合があります。

資料請求はこちら

【今なら】資料請求をしてくださった方に学習情報誌をプレゼント

Z会の学習の特長がわかる
中学で好スタートを切る勉強法がわかる

資料請求はこちら