刊行のことば

 この度小社の出版いたします『子規選集』について一言申し上げます。
 小社は昭和6(1931)年に、旧制高校受験生の為に開設されました。以来70年間にわたり、一貫して若い人々の知的向上のお手伝いをしてまいりました。次の世代の中核を担う人々に、できるかぎり上品質の知識・教養を身に付けていただきたいという願いからです。換言すれば、若い人達に本当の意味で精神的豊かさのある人生を送っていただきたいという念願からと申しあげてもよいかもしれません。
 しかし、近来の実情はどうでしょうか。昨今の新聞やテレビをにぎわす事件の主役である若い人だけでなく、ごく普通の若い人達との意思の疎通も難しくなってきていると感じる、大人世代も多いのではないでしょうか。これはある意味で当然の結果なのかもしれません。時代変化の潮流が激しく、旧世代から新世代へと手渡すべき多くの大切な事柄が滑りおちてしまい、気がついてみたら、共通基盤の少ない、お互いに理解し難い関係になっている ―― 残念ながらこの辺が妥当な結論かもしれません。
 しかし、そうだからといってこのまま放置しておいてよい事柄でしょうか。この美しい自然に満ちた国土と、それを美しく表現した言葉達 ―― これだけは、時代が変わっても確実に伝えていくべき ――  日本人が日本人であることの大事な証ではないでしょうか。
 19世紀から20世紀の変わり目にかけて、詩歌の伝統を新しい時代の流れに乗せて行くという大事業を、限りない努力と意思力でなしとげた正岡子規の仕事は、大痛苦、病苦の中で、精神の強健を保ってどう生きてゆくのかを示したものです。子規という輝く一つの光源(あるいは「星」)の存在は、21世紀の入口で立ちすくむ私達にとって豊かな示唆を与えてくれるものとなるでしょう。特に次代を担う若い人達には、大きな喜びを与えるものと信じます。

子規選集 全15巻 目録

発刊月 書籍名 定価(税込) ISBNコード
 13年10月  第1巻  子規の三大随筆  3675円  978-4-87915-770-6
 13年11月  第2巻  子規の青春  3885円  978-4-87915-771-3
 13年12月  第3巻  子規と日本語  3885円  978-4-87915-772-0
 14年 1月  第4巻  子規の俳句  3885円  978-4-87915-773-7
 14年 2月  第5巻  子規の短歌  3885円  978-4-87915-774-4
 14年 3月  第6巻  子規の俳句革新  3990円  978-4-87915-775-1
 14年 4月  第7巻  子規の短歌革新  3885円  978-4-87915-776-8
 14年 5月  第8巻  子規と絵画  3885円  978-4-87915-777-5
 14年 7月  第9巻  子規と漱石  3885円  978-4-87915-778-2
 14年10月  第10巻 子規の手紙  3990円  978-4-87915-779-9
 14年 9月  第11巻 子規の俳句分類  3990円  978-4-87915-780-5
 14年11月  第12巻 子規の思い出  3990円  978-4-87915-781-2
 14年12月  第13巻 子規の現在  3990円  978-4-87915-782-9
 15年 9月  第14巻 子規の一生  3990円  978-4-87915-783-6
 15年 2月  第15巻 子規と静岡  3990円  978-4-87915-784-3

本選集の特色

・各界の第一人者によるテーマごとの新しい編集。
・新字・新かな表記、漢文表記には読みがなを付し、読みやすいかたちで子規の言葉を味わう。
・写真や図版を多用し、子規の世界を視覚的にとらえられるように工夫した。
・新出書簡を可能な限り収録し、また新資料により年譜の充実をはかった。
・すべての巻に、人名について注を付す。第11巻「俳句分類」の巻には項目索引を付す。
・俳句の巻には初句索引と季題索引を、短歌の巻には初句索引と四句索引を付す。