>> 効果的な使い方がわかるスペシャルムービーはこちらから!

2012年7月、Z会は高校生・大学受験生向け英単語集『英単語 WIZ』を発刊しました。このサイトでは『英単語 WIZ』の魅力に迫りつつ、本書を使っての学習法もご紹介。あなたにぴったりの学習法が、きっと見つかります。

『英単語 WIZ』は、単語学習における「効率」と「定着」を徹底的に追求しました。ストーリーの流れの中で、入試突破に必須の1,900語(※)を効率的にマスターできます。 ※分析対象:センター試験〜国公立2次・私大入試


1日の学習の目安は「1Unit」。1Unitは2ストーリー(8例文)+単語テストの構成で、取り組む目安の時間は20分程度。
1日1Unitずつ学習した場合は約2カ月半ですべての学習を終えることができますから、無理なく計画的に学習を進めることができます。

▼下記のリンクより、詳細なページ見本をご覧いただけます。
見本ページはこちら


『英単語 WIZ』はサポート教材も充実。別冊のMy単語帳や対応CD・対応アプリもあるので、いろんなシーンで、ちょっとしたすき間時間を利用しながら使うこともできます。いろいろな組み合わせの利用方法をちょっぴりご紹介します。
※対応CD、対応アプリは別売です。

書籍で まずは例文を読むことから。タイトルやイラストを参考に、単語の意味を推測しながら読むと、読みやすく、記憶も定着しやすいでしょう。4例文は10分程度でチェックできますから、たとえば、通学の電車の中などでも使えます。
書籍とCDを組み合わせて いったん目を通した例文を、今度は机に向かってCDに入っている音読用例文を聞きながら復習。聞くだけではなく、発音もしてみましょう。目からだけではなく、口や耳も使うことで、さらに英単語の定着率がUP!
CDを使って CDには、音読用例文のほかにも、「語義→単語」の読み上げも入っているので、語義(日本語)が読まれた瞬間に単語を思い出すなどの簡単な単語テストとしての利用もできます。今日学んだことを寝る前に聞きながら思い出す、といった使い方もできそうです。
My単語帳を使って My単語帳は書籍に別冊としてついています。自分が覚えられなかったり自信がないなぁと思ったりしている単語をまとめておきましょう。ちょっとした時間に確認したり、テスト前の見直しなどに使えたりする、自分だけの「弱点克服冊子」になります。
アプリを使って アプリでは、単語和訳(4択)・単語英訳(スペル打ち込み)の2種類のテストができます。いつでもどこでも気軽に実力試しができたり、なかなか覚えられない、間違えやすい単語を何度もテストしたりする、といった使い方もできます。
※アプリ販売元:図書印刷株式会社