大学院進学後も活かしていけそうな英語力を身につけることが出来たと思う。

大学院進学後も活かしていけそうな英語力を身につけることが出来たと思う。

【合格】
神奈川大学大学院 歴史民俗資料学研究科(2017年春)

Study Hardさん

龍谷大学文学部在学。

「基礎からの大学院英語」を受講(2016.3〜)

Z会の良質な問題や充実のテキスト、分かりやすく的確な添削に魅力を感じた。

現在の大学で学んで行くうちに別の分野に興味を持つようになり、他大学大学院への進学を決意した。他大学大学院への進学には筆記試験が必須であり、英語や専門科目の学習が必要になった。しかし、学習の仕方としては過去問を取り寄せて参考にするしかなくどのように学習を進めていけば良いのか分からずにいた。また、過去問の解答もないためどのくらい学習が進んでいるのか分からず悩ましい状況でいた。

学習方法が分からず途方にくれていたとき英語学習をサポートしてくれるZ会の「基礎からの大学院英語」講座を見つけた。Z会は高校、中学の時にもお世話になっていたので信頼出来るこの教材で大学院の学習を進めようと決めた。Z会の良質な問題や充実のテキスト、分かりやすく的確な添削に魅力を感じた。

Z会の添削では答えだけでなく様々な解説やアドバイスももらえたので一つ一つの問題からいろいろな知識を身につけることが出来た。

学習の方法としては過去問や教材を使い積極的に和訳を試みた。また英語に慣れるため先に挙げたものの他に英字新聞なども用いて英語の文章を読む時間をたくさんとるようにした。また試験によっては紙の英語辞書の持ち込みが可能であったため辞書をひく練習、大学院向けの英単語帳を買い、単語力の増強を試みた。

苦しかったことは周りに他大学への進学を考えている人は当然だが少ないため同じ境遇の人がおらず孤独や不安を感じたことだが、大学院に進学した自分の姿を想像しながら乗り切った。

学習時間としては試験の時間に合わせるために午前や午後の明るい時間帯にZ会の教材や過去問に取り組むようにした。そして夜は取り組んだ問題の見直し、添削結果の確認と復習、英単語の増強を試みた。Z会の添削では答えだけでなく様々な解説やアドバイスももらえたので一つ一つの問題からいろいろな知識を身につけることが出来、また、確実に英語力が身についていくことを実感出来たので良かった。

合格の決め手は、ずっと学習をこつこつと積み重ねてきたことだと思う。

試験直前は研究計画書の提出や面接の対策も必要となったため、筆記試験の対策以外に時間をとられるというのが実際であった。試験直前はとりあえず過去問や教材を見直して今までやって身につけてきたことの再確認を試みた。その一方で様々な大学の過去問なども用いて一つでも多くの英文、問題に取り組むことを心掛けた。

合格の決め手は、ずっと学習をこつこつと積み重ねてきたことだと思う。受講前と受講後では明らかに英語力の変化があったと思う。大学院進学後も活かしていけそうな英語力を身につけることが出来たと思う。今後大学院や仕事においても英語を使う機会が多いと思うがこの講座や大学で身につけたスピーキング(コミュニケーション)やライティング、リーディングなどの英語力をさらに伸ばしていきたいと考えている。

Study Hardさんの受講講座

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

講座内容やお申し込みに関するご質問のある方は、こちらの「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコース カスタマーセンター】

0120-919-996

月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始を除く、祝日も受付)


インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等
【Z会テクニカルサポートセンター】
0120-636-322
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)