「国家公務員」と「地方公務員」の違い

公務員は大きく「国家公務員」と「地方公務員」に分けることができます。「国家公務員」は国の管轄のため、貢献領域は「国民」になります。従って、国もしくは都道府県をまたがった一定のエリアを管轄して業務を行います。一方、「地方公務員」は自治体が管轄するため、貢献対象は「県民」や「市町村民」となります。

 一般的に国の仕事に従事している「国家公務員」の方が偉い、と思っている方も少なくないと思いますが、このように管轄や貢献対象が違うため、上下の関係で論じることに意味はありません。それよりも、自分がやりたい仕事はどんな内容かをしっかりと見極め、誰に対して貢献したいのか考えて下さい。それが実現できるような区分で公務員試験を受けることが大切です。国家公務員と地方公務員の違いがわかったところで、それぞれの具体的な職種を見ていきましょう。

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

講座内容やお申し込みに関するご質問のある方は、こちらの「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコース カスタマーセンター】

0120-919-996

月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始を除く、祝日も受付)


インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等
【Z会テクニカルサポートセンター】
0120-636-322
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)