映像授業は実際にその場で授業を受けているような感覚で、教材に向かって1人で勉強するよりモチベーションが保ちやすかった。

【2017年合格】
気象庁

宗一朗さん

大学生

「地方上級・国家一般職技術系工学基礎本科 2017年合格目標講座」を受講(2016年3月〜)

仕事内容や取り組みを詳しく知ることでより一層公務員になりたいという気持ちが強くなった。

公務員試験を受けよう、というぼんやりした展望はあったものの、どのような勉強や対策を取ればいいかは分からない状況でした。
そんなとき、地元自治体に勤める学校OBの方から、地元の問題点や課題について伺う機会がありました。それ以前から職業としての公務員に興味はありましたが、仕事内容や取り組みを詳しく知ることでより一層公務員になりたいという気持ちが強くなりました。

志望先には国家公務員と地元自治体を選び、これらの受験に向けた勉強を始めることになりました。
調査したところ国家公務員試験では1次(選択式・記述)と2次(面接)に、地元自治体でも同様の試験に合格する必要があると分かりました。
しかし、選択式とはいえ公務員試験は出題分野の範囲が広く、試験問題の内容や傾向も全く分からない状況にありました。そこで教材や通信講座を探していたところ、高校まで学校の勉強のサポートでお世話になったZ会に公務員講座があると知り、受講を決めました。

予定を立てるときには多めの余裕を作って、心に余裕を持つといい。

講座の学習を始めたのは受験前年の4月からでした。Webページから日々の勉強時間を設定できるため、これに従って学習を進めることにしました。

映像授業は実際にその場で授業を受けているような感覚で、教材に向かって1人で勉強するよりモチベーションが保ちやすかったです。

学習は主に帰宅後、就寝前に行っていました。まとまった時間を取りたかったことが理由ですが、それゆえ急ぎの課題など優先度の高い事項や疲れて勉強どころではない日などが多く、当初に立てた計画をそのまま守ることはできませんでした。 予定を立てるときには多めの余裕を作って、心に余裕を持てるといいかもしれません。

また、自分の周囲には公務員を目指す友人がいなかったので、ペース調整や自分の到達状況の把握をうまくできませんでした。 一方で、だからこそ周りを気にせず必要以上に気負わずにいられました。

苦手科目は思うように点数が伸びないなど試験本番まで心配事は尽きませんでしたが、満点合格する必要はないので、多少のミスを許容できる心の余裕を保つことが一番重要だと私は思います。

想像より点が取れる科目・取れない科目、点が取れる分野・取れない分野を理解することで効率よく勉強できた。

選択式試験の学習は、基本的な教材の使い方に則って行いました。Vテキストを読んで知識を増やし、V問題集で多くの問題に触れるようにしました。想像より点が取れる科目・取れない科目、点が取れる分野・取れない分野を理解することで効率よく勉強できたと思います。

また、映像授業ではテキストとにらめっこをするのと比べて、目だけでなく耳からも情報が入ってくる点が内容理解に役立ちました。

また1次試験の基礎能力試験、専門試験の多肢選択式については講座の教材のみで学習を進めましたが、記述試験と面接試験の対策では、より多くの情報を集めるため参考書を用意しました。教材でも幅広い範囲をカバーしていますが、違った視点からのアドバイスも参考にすることができました。

独学で試験勉強をし、面接練習にも十分な時間を割けたとはいえませんでしたが、「現在のありのままの自分」と「未来のありたい姿」を伝えきることができた点が良かったと私は考えています。

宗一朗 さんの受講講座

(年度版のため、2018年合格目標講座をご案内します)

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

講座内容やお申し込みに関するご質問のある方は、こちらの「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコース カスタマーセンター】

0120-919-996

月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始を除く、祝日も受付)


インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等
【Z会テクニカルサポートセンター】
0120-636-322
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)