動作推奨環境等について

  • 「動作推奨環境」をご確認ください
  • MacOS等には対応しておりません。
  • スマートフォン・タブレットPC・タブレットをご使用の方は、Wi-Fi環境をおすすめします。
  • 視聴環境は満たしているが視聴できない場合、「ポップアップブロック」がかかっている可能性がありますので、こちらをご参照ください。
  • PC・インターネット接続環境等のお問い合わせは「Z会テクニカルサポートセンター」までお願いいたします。
  • TEL:0120-636-322 月〜金 9:00〜20:00 年末年始を除く、祝日も受付

※なお、こちらの動画講義は実際の受講と同じ環境になるため、ご受講をご検討中の方は動作確認も兼ねることができます。

司法試験について

『そんな勉強法はダメだ!(前半・後半)』

法曹と司法試験について

OUTPUTから始めて、答案作成に必要なINPUTを効率よく。逆転の発想の司法試験対策。

中村充講師の「4A(4段階アルゴリズム)」で最短合格!

法曹および司法試験に求められるのは、法の知識だけでなくその知識をいかに現場で使うことができるか、すなわちいかに質の高いOUTPUTを生み出せるか。本試験で問われるOUTPUTは、司法試験予備試験合格という目的と同義であると同時に、最短・確実に司法試験に合格する必須の手段であるとも言えます。
本講座の「4A(4段階アルゴリズム)」は、この司法試験合格という目的(ゴール)から逆算したOUTPUT先行の解法理論。
  • 問題文・条文に基づくから効率的
  • あらゆる法的問題が解ける
  • 法学部出身者でなくても解ける
というメリットがあります。

なぜOUTPUT→INPUTという学習順序が効果的なのか?

4A(4段階アルゴリズム)

【4A論文解法パターン講義】

画面右部/下部の【資料請求フォーム】より資料をご請求いただいた方へは、教材見本として上記の公開講義レジュメとパンフレットをお届けします。

講師の紹介

Z会×TAC共催司法試験講座 中村充講師

Z会×TAC司法試験講座 中村 充
東京大学法学部卒。現在弁護士。
徹底した試験至上主義から辿り着いた絶対的過去問主義に基づき、司法試験を突破。
その中で培われた受験テクニック・過去問分析手法は他の追随を許さない。
司法試験においても、予備試験・法科大学院入試から新旧司法試験に至る全過去問が、頭の中にもデータベース化されている。
このデータベースに基づいて、あらゆる法的問題に通用する普遍的な方法論「4A(4段階アルゴリズム)」を完成させた。

Z会×TAC 2017年司法試験講座の詳細を見る

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

講座内容やお申し込みに関するご質問のある方は、こちらの「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコース カスタマーセンター】

0120-919-996

月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始を除く、祝日も受付)


インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等
【Z会テクニカルサポートセンター】
0120-636-322
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)