2015年9月の第189回通常国会において「公認心理師法」が可決され、「公認心理師」という国家資格が誕生することが決定しました。また、この「公認心理師法」は2017年9月15日に施行されました。本講座は臨床心理士指定大学院へ入学される方のための講座ですが、参考として公認心理師についてのQ&Aを掲載いたします。

「公認心理師についてのQ&A」

Q.「公認心理師」とはどんな資格なのか  ※「心理士」ではなく「心理師」

A.保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学の専門職として活動することができる国家資格です。

また、資格を取得して公認心理師になるには、次の3つのいずれかの方法で公認心理師の国家試験の受験資格を取得し、試験に合格する必要があります。
  1. 大学及び大学院において心理学その他の公認心理師となるために必要な科目を修了した者、それに準ずる者。
    (大学の学部4年間+大学院2年間)
  2. 大学において心理学その他の公認心理師となるために必要な科目を修めて卒業した者、それに準ずる者で、一定の施設において心理に関する支援の業務に従事した者。
    (大学の学部4年間+臨床現場で数年の実務経験)
  3. 上記2つに掲げる者と同等以上の知識・技能を有する者。

施行後の経過措置として受験資格が与えられる人は下記の要件を満たしている人です。
  1. 法が施行される前に大学院を修了していて、国が定める科目を履修し終えている者。
  2. 法が施行される前に大学院に入学していて、国が定める科目を履修して修了できる者。
  3. 法が施行される前に大学に入学していて、大学で必要な科目を履修した者、それに準ずる者で、定められる大学院に進学し修了する者。
  4. 法が施行される前に大学に入学していて、大学で必要な科目を履修して卒業した者、それに準ずる者で、一定の施設で一定期間実務を行った者。
  5. 上記1〜4に当てはまらなくても心理に関する業務の経験が5年以上ある者で、国が指定した講習会を受講した者。

Q.大学で心理学を学んでおらず、心理系の実務経験もない人が「公認心理師」の受験資格を得るにはどうすればいいのか

A.「4年制大学に入学あるいは編入などを行って、公認心理師になるために必要な科目を履修して卒業する。
その後、大学院に進学して公認心理師になるために必要な科目を履修して修了する or 実務経験を積む」必要があります。
※下線部分:詳細は公認心理師法施行規則で規定されています。以下でご確認ください。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12200000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu/0000177409.pdf

Q.4年制大学で心理学を学んだことがある(あるいは、2017年9月現在学んでいる)人が「公認心理師」の受験資格を得るにはどうすればいいのか

A.【学んだことがある方】
過去に履修した科目が、公認心理師になるために必要な科目を満たしている場合は、以下のいずれかの方法があります。

・法律施行後に大学院において公認心理師になるために必要な科目を履修して修了する
実務経験を積む

そうでない場合は、「4年制大学に入学あるいは編入などを行って、公認心理師になるために必要な科目を履修して卒業する。
その後、大学院に進学して公認心理師になるために必要な科目を履修して修了する or 実務経験を積む」必要があります。
※下線部分:詳細は公認心理師法施行規則で規定されています。以下でご確認ください。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12200000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu/0000177409.pdf

【現在学んでいる方】
過去に履修した科目とこれから履修する科目を合わせると、公認心理師になるために必要な科目を満たす場合は、以下のいずれかの方法があります。

・法律施行後に大学院において公認心理師になるために必要な科目を履修して修了する。
実務経験を積む。

そうでない場合は、「4年制大学に入学あるいは編入などを行って、公認心理師になるために必要な科目を履修して卒業する。
その後、大学院に進学して公認心理師になるために必要な科目を履修して修了する or 実務経験を積む」必要があります。
※下線部分:詳細は公認心理師法施行規則で規定されています。以下でご確認ください。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12200000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu/0000177409.pdf

※臨床心理士指定大学院から公認心理師試験を受験できるかどうかは、各大学院にお問い合わせください。

Q.心理系の実務経験がある人が「公認心理師」の受験資格を得るにはどうすればいいのか

A.法律が施行される時点で、実務経験が5年以上ある方は、国の指定する講習会を受講すれば、経過措置対象として、受験資格が得られます。
実務経験があるとしても、法律施行時点で5年に満たない・経験内容が規定を満たさない場合は、
「4年制大学に入学あるいは編入などを行って、公認心理師になるために必要な科目を履修して卒業する。
その後、大学院に進学して公認心理師になるために必要な科目を履修して修了する or 実務経験を積む」必要があります。

※下線部分:詳細は公認心理師法施行規則で規定されています。以下でご確認ください。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12200000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu/0000177409.pdf

Q.臨床心理士とはどう違うのか

A.臨床心理士は民間資格ですが公認心理師は国家資格となります。

Q.臨床心理士は今後どうなるのか

A.臨床心理士の資格認定ならびに臨床心理士養成指定大学院の指定を行っている臨床心理士資格認定協会は、2015年11月に、公認心理師法の成立を受け、これからも臨床心理士を堅持すること、臨床心理士の独自性・専門性を充実発展させ、公認心理師との間に適切で妥当な共存共栄関係を創造すること、という基本姿勢を打ち出しています。詳細は以下をご覧ください。
http://www.hennyu-japan.com/wp/images/clinician.pdf
但し、臨床心理士資格や臨床心理士養成指定大学院の位置づけなどは、今後、変更される可能性もあります。日本心理臨床学会・日本臨床心理士資格認定協会などの臨床心理士資格関連の団体のHPを注視する、受験を検討している大学院に直接問い合わせるなど、ご自身での継続的な情報収集をお勧めします。

Q.これから臨床心理士指定大学院に入学・修了して臨床心理士資格を取得し、その後公認心理師を目指すことは可能か

A.文部科学大臣および厚生労働大臣によって、基本的な公認心理師試験受験資格保持者(4年制の大学で必要科目を履修・卒業後、大学院に進学して必要科目を履修・卒業するか、実務経験を積んだ方)と同等以上の知識・技能を有すると認定されれば、公認心理師の受験資格を得ることができます。
※下線部分:詳細は公認心理師法施行規則で規定されています。以下でご確認ください。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12200000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu/0000177409.pdf



●参考資料

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

講座内容やお申し込みに関するご質問のある方は、こちらの「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコース カスタマーセンター】

0120-919-996

月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始を除く、祝日も受付)


インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等
【Z会テクニカルサポートセンター】
0120-636-322
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)