ライティングセクションの中のIndependent Task は、従来の大学入試で言うところの「テーマ型自由英作文」に良く似た形式。
提示されたトピックに対し、具体例を挙げて自分の意見を答えます。

近年、パラグラフ・ライティング、ディスコース・マーカーといったアカデミック・ライティングの考え方もライティング指導に浸透してきました。
TOEFL のライティングセクションでも、テンプレートを押さえることが基本です。

【ポイント1】
アカデミック・ライティングのテンプレートに沿って書く

TOEFL iBT® ライティングIndependent Taskの基本テンプレート

引用元「TOEFL iBT® TEST ライティングのエッセンス 」p.114(Z会)


基本的にはエッセイの核となる本論で自分の主張を支える根拠を3つ挙げ、エッセイ全体で5つの段落を作って解答することを目安にするとよいでしょう。

出題されたトピックによっては必ずしも根拠を3つ挙げる必要はありませんが、上記を標準としてとらえておきます。

なお、それぞれの段落の内容量のバランスですが、❶意見(序論)は2〜4文、❷〜❼の本文は1つの段落につき4〜6文、結論は2〜4文くらいを目安に考えるとよいでしょう。
結論は時間的に余裕がなければ2文ほどでも構いません。

しかし、構成を整えるだけでは、5点中2点も望めません。
TOEFL iBT®では、「トピック及び自分の意見に関連した理由1〜3を展開できるか」「首尾一貫した主張であるか」が、形式よりもはるかに重要視されます。
では、実際にどのように書いていけばよいか考えてみましょう。

TOEFL®テストWriting

テスト本番を意識した実戦的な問題演習と、学習者の立場に立った添削指導。課題トピック185本の中から自分で選択した課題でエッセイを作成します。添削課題の回数に応じて[レギュラー(10回)]と[ハーフ(5回)]をご用意。

TOEFLライティング対策 参考書

TOEIC and TOEFL are registered trademarks of Educational Testing Service(ETS). This website is not endorsed or approved by ETS.

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

講座内容やお申し込みに関するご質問のある方は、こちらの「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコース カスタマーセンター】

0120-919-996

月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始を除く、祝日も受付)


インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等
【Z会テクニカルサポートセンター】
0120-636-322
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)