読書感想文4つの鉄則

夏休みと言えば読書感想文!!読書感想文なんか書くのめんどくさいなー、と思っている人もいるかもしれません。でもどうせ書くなら「めんどくさい」なんて思わずに書きたいですよね。読書感想文、と聞くと大変なイメージもあるかもしれませんが、読書感想文の書き方さえしっかりおさえておけば、そんなに難しく考える必要はないんです。

1.まずは本選びから

みなさんも、本を読んで(マンガを読んで、ゲームをして、テレビを見て)、すごくおもしろいと思ったとき、あるいは感動したとき、友だちや家族と、「ねえねえ、あれ、すっごく感動したよ」「なになに、どんなの?」「これこれこういう話でさあ」といった会話をしたことがあると思います。実は、このとき、みなさんは読書感想文を「書いて」はいませんが、「話して」はいるのです。

つまり、自分以外の人に「これ、おもしろいよ!」と伝えたいような本であれば、楽しんで読書感想文を書くことができます。ということで、まずはそういう本を選ぶことが、読書感想文を書くスタートになります。

2.読書メモを作ろう

みなさんは、読書感想文を書くための本を読むとき、どのように本を読んでいますか?「さあ読むぞ」と本を読み始め、静かに本だけに集中して読み続けて、「さあ読み終わったぞ!さあ書こう」という具合に感想文を書こうとしていませんか?

1冊の本を読み終わったとき、あらすじくらいは覚えているかもしれませんが、残念ながら人間ってそんなに記憶力がよくありません。本当は、ある特定の場面や表現が心にとまって「おもしろい」「感動した」と思っているはずなのに、その特定の場面や表現を、読み終わったあとしばしば忘れてしまっています。その「なぜおもしろかったのか」の部分が、実は読書感想文の核心になりますので、ここを覚えておくことが大切です。本を読みながら、「わっ、ここおもしろい!」「感動!」と思った場面にはしるしをつけ、なぜそう思ったのかをメモする習慣をつけておきましょう。これが「読書メモ」です。

この習慣を身につけることによって、読書感想文のプロに一歩近づけるでしょう。

3.構成(こうせい)を考えて書こう

伝えたいことを効果的に伝えるために、構成を考えてから書き始めましょう。指定された字数に合わせて感想文の組み立てを考える、ということです。ここでは、感想文の組み立て方の定番とも言える四段落構成を紹介しておきましょう。

まず、第一段落は、『その本と出会ったきっかけ』です。誰かにすすめられて、とか、本屋さんで見かけて、といったことです。

次に、第二段落では、わかりやすく簡潔に、『その本のあらすじ』を書きます。「簡潔に」がポイントですよ。どんな出来事があり、誰がどうした、というレベルにとどめて、みなさん自身の感想は書かない、ということもポイントです。

そして第三段落。分量的にも内容的にも、もっとも力を入れてください。さあ「読書メモ」の出番です。単に「おもしろかった」ではなく、『どの部分が、なぜおもしろかったのか』を書きましょう。自分や家族に結び付けて、その本の内容を考えてみてもおもしろいですね。

最後に第四段落。まとめの部分です。ここには、『その本を読んだ経験によって得たもの』を書くとよいでしょう。その本を読んで自分がどのように変化したのか、これからの生活にその本を読んだ経験をどう生かすのか、といったことです。

4.書いたものは必ず読み直そう

書き終えたあと、必ず読み直して、次の点をチェックする必要があります。

□テニヲハはおかしくないか
□主語・述語の関係がおかしくないか
□まちがった漢字を使っていないか
□自分の伝えたいことが説得力をもって読み手に伝わるか

という点です。このうち、テニヲハや主語・述語の関係、漢字の正しさについては、読み直したときに自分で気づくでしょう。

でも、「自分の伝えたいことが説得力をもって読み手に伝わるか」ということは、書き手の側にはなかなか判断しづらい点です。

他人にわかりづらい文章になっていないかをチェックするために、読書感想文を提出する前に、一度おうちの人に読んでもらうとよいでしょう。これはけっして恥ずかしいことではありません。他の人にチェックしてもらうことで、みなさんの読書感想文はより洗練されたものになるでしょう。

Z会小学生コース 専科作文5年生・6年生