「Brush Up」における、【Speaking】の学習の進め方と学習内容

学校や職場、その他身の回りで起こる<話す>場面を想定。それぞれの場面に必要な表現を学び、さらにその発音で実際に伝わるかどうかも、音声認識エンジンで確認します。その後、外国人講師とのオンラインレッスンの場で学習した表現を使って会話をすることで、実践で使えるようにしていきます。繰り返して学習することで、英語の自然なイントネーションやリズムも身につきます。

ONLINE英会話レッスンを予約する

ONLINE英会話レッスンを予約し、事前課題に取り組み、準備します。

英会話レッスンの予約と準備

レッスンを開始する

 外国人講師とのオンラインレッスン(1回25分間)が始まります。
少しずつステップを踏みながら,学習が進むので、実践的な場面設定でも,無理なく力を引き上げることができます。
【出題例】 CEFR-J のレベル「B1.1」Part2 Lesson3 の出題例です。

このパートの学習目的(Learning Objectives)
日常的な状況であれば、自分の興味分野に関する話題について、同僚や同級生と話をすることができる。
事前に準備しておくことができれば、身近な話題(自分の勉強や仕事に関するものなど)に関して、紹介することができる。

 Z会グループの個人情報の取扱については、「Z会の個人情報保護への取り組みについて」に掲載しておりますので、ご入力いただく前にお読みください。