【Writing】のBrush Up問題例


「Training」で学んだことをふまえて「Brush Up」に取り組みます。ここでは、2つのレベルにおける出題例をご紹介します。
【出題例1】 CEFR-Jのレベル「A2.1」Part2の出題例です。 
この回の学習目的である「日常的、個人的な内容の短いメッセージを書くことができる」の総仕上げとなる課題です。この課題をご提出いただくと、タブレットの画面上で添削指導がご覧になれます。

【出題例2】 CEFR-Jのレベル「B2.1」Part1の出題例です。
B1.2以降のレベルでは、エッセイやメール、プレゼンテーションなど、さまざまな場面にふさわしい洗練された文章の書き方を、添削課題を通して学びます。この回の学習目的である、「自分の専門、あるいは興味のある分野について、自分の考えや意見を補足しながら、さまざまな形式の文章を書くことができる」の総仕上げとなる課題です。
 

 Z会グループの個人情報の取扱については、「Z会の個人情報保護への取り組みについて」に掲載しておりますので、ご入力いただく前にお読みください。