〜伊藤穰一氏(MITメディアラボ所長)の講義を特別配信〜

株式会社 Z会
株式会社Z会が提供する、iPadを使って学ぶオンライン講座「Z会Asteria(アステリア)」において、2017年3月に開講の「英語4技能講座」「数学新系統講座」2講座に加え、7月24日(月)より、新講座「総合探究講座」のサービス提供を開始します。

講座概要

人工知能やコンピュータなどのテクノロジーがめざましい発展を遂げ、仕事の多くがそれらに代替されてゆく時代においては、知識から正解を素早く出すことよりも、解決すべき課題を発見する力や、学び続ける強い意志、協働により課題解決の道すじを切り拓く力こそが重要です。2020年の大学入試改革においても、学力の3要素の一つとして「主体性・多様性・協働性」が評価の対象となることが判明しており、未来を担う子どもたちにとって、「他者と協働する・主体的に学ぶ・学びと社会とのつながりを実感する」といった経験が、入試においてもその先においても、必要となることは疑いがありません。
しかしながら、今も「授業を聴く」受け身型の学習に子どもたちは多くの時間を費やしており、アクティブ・ラーニング型といわれる対話的な学びのスタイルも導入され始めてはいるものの、学校や地域による格差も大きいのが現状です。
そこで、教育ICTの活用によって対話的な学びをより深化させたことで、主体的な課題解決力を育て、協働で課題解決を図る学びをどこにいても経験していただけるようにしたのが本講座です。
 

Z会Asteria「総合探究講座」概要

*推奨:中学生(ただし、伊藤穰一氏の講義はどなたでも視聴いただけます)
*受講:7月24日(月)より
*受講にはiPadが必要です。Z会員特別価格にてご購入いただく方法もありますので、詳しくはwebサイトでご確認ください。
 

「総合探究講座」の特長

 本講座は、以下の3つの学習で構成されています。
◆協働学習
一般的に教室で行われる「対話的な学び」を、オンラインの学習で、より深化させたものです。月に1度、さまざまなテーマで受講者どうしのオンライン・ディスカッションを経験することで、多様な意見に出会って視野が広がり、自分ごととして意見が言えるようになります。
テーマ例:【国際】英語を習得するには何が必要か?/【人工知能】人工知能と人間は共存できる? など
◆個人学習
映像講義などを使って問題解決とコミュニケーションのスキルを磨く、トレーニングの場です。協働学習を経験することで、こうしたスキルをなぜ学ぶ必要があるのか、目的が明確になるので、主体的に学びに向かう姿勢が生まれます。
テーマ例:議論における注意点/効果的な反論のしかた など
◆探究学習
月1回、社会の第一線で活躍する方の講義をアプリ内で視聴できます。ライブ配信中はコメント機能を使って登壇者に質問することも可能。社会の課題や自分が将来どのように貢献できるかを考えるきっかけとなります。
テーマ例:学びや学校のあり方/地域活性化の実例 など

【特別企画】伊藤穰一氏の講義をライブ配信

探究学習の第1回には、マサチューセッツ工科大学メディアラボで日本人初の所長を務める伊藤穰一氏が登壇します。「総合探究講座」の開講を記念して、伊藤氏の貴重なお話を無料でライブ配信します。
実施日時:2017年7月28日(金)20:00〜21:00
テーマ:新しい時代に必要となる学びとは
◎中高生を会場に招いてのセッション形式です。参加ご希望の方は以下よりご応募いただけます。
視聴方法をご案内しますので、ご希望の方は下記webサイトよりメールアドレスをご登録ください。また、英語4技能講座・数学新系統講座が無料でお試しいただけるクーポンもお送りします。
PDFファイルを閲覧するにはAdobe Readerが必要です。 AdobeReaderをお持ちでない方は、左アイコンからダウンロードして、インストールしてください。

本プレスリリースに関するお問い合わせ

株式会社Z会 Z会Asteria事務局
電話:055-976-8350
(月曜〜土曜、午前10:00〜午前12:00、午後1:00〜午後6:00)
E-mail:ictpub@zkai.co.jp