「Training」における、【Speaking】の学習内容

学校や職場、その他身の回りで起こる<話す>場面を想定。それぞれの場面に必要な表現を学び、さらにその発音で実際に伝わるかどうかも、音声認識エンジンで確認します。その後、外国人講師とのオンラインレッスンの場で学習した表現を使って会話をすることで、実践で使えるようにしていきます。繰り返して学習することで、英語の自然なイントネーションやリズムも身につきます。



【出題例】 CEFR-J のレベル「A1.3」Part1 の出題例です。


●このパートの学習目的(Learning Objectives)

店で飲食物などを頼んだり,買い物をしたりするための簡単な手続きができる。



英語4技能講座 Program E 【Speaking】イラスト

英語4技能講座 Program E 【Speaking】発話

英語4技能講座 Program E 【Speaking】発話した内容が文字になる


【Training】を通じて、必要な知識を獲得し、発音を改善したら、オンラインレッスンで実際に英語を使います。 自分の英語が相手に伝わることがわかれば、英語の勉強が楽しくなり、次の学習へのモチベーションにつながりますので、積極的に取り組んでみましょう。



【Listening】の学習内容 

  

【reading】の学習内容  

  

【Writing】の学習内容 



Z会 Asteria に興味がある方は、ぜひ、下記より、メールアドレスをご登録ください。
Z会Asteriaの情報や、無料体験のご案内などを差し上げます。

Z会グループの個人情報の取扱については、
「Z会の個人情報保護への取り組みについて」に掲載しておりますので、ご入力いただく前にお読みください。