次回の探究学習

〜生物多様性の視点から考えよう〜

外来生物のヒアリが日本に侵入したというニュースを耳にしたことがあるのではないでしょうか。こうした外来生物はグローバル化が進むこれからの社会では避けられない大きな問題となっています。その地域に存在しなかった外来生物が人の手によって侵入することで生態系が崩れ、もともと生息していた生物が減少し、「生物多様性」を保持できなくなっています。この「生物多様性」をなぜ守らなければいけないのか、そして私たちに何ができるのかについて、五箇先生にお話していただきます。
●ライブ配信日時
2018年1月30日(火)20:00〜21:00
※以降はアーカイブ視聴が可能となります。

五箇公一(昆虫学者)

五箇公一さんってどんな方?

1965年生まれ富山出身。
国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター室長。
ヒアリの日本上陸以前からヒアリの危険性に関し警鐘を鳴らしていた。
侵略的外来生物の生態が主な研究領域。
『全力!脱力タイムズ』や『世界一受けたい授業』などにも出演。
主な著書に『クワガタムシが語る生物多様性』『ダニの生物学』『終わりなき侵略者との闘い』など。

登壇者とテーマ

これまでの講義は全てアーカイブで視聴することができます。

「新しい時代に必要となる学びとは?」

MIT メディアラボ所長
伊藤穰一氏


AI化・少子高齢化など大きく環境が変わっていくこれからの社会でどんな学びが必要か、環境問題を事例に具体的な学び方について考えました。

「新しい時代に必要となる学びとは〜普段の学びのやり方を見直してみる」

聖心女子大学教授
益川弘如氏


学習科学の知見に基づいた研究から、協働して学ぶことの意義や、総合探究講座の「協働学習」での取り組み方について学びました。

「英語を使える人になろう!」

株式会社レアジョブ代表取締役社長
中村岳氏


英語を使えるようになるにはどういったことに注意をして学べばよいか。
実際に海外の方と一緒に仕事を進めてきた経験をもとに、お話ししていただきました。

「島根の自虐PRはなぜ成功した?」

映像クリエイター
FROGMAN氏


「秘密結社 鷹の爪」の作者が手掛けた島根県の自虐PRについての事例を紹介。また、過疎と言われる島根にも地元住民が気付かなかった魅力が埋まっているということも知ることができました。

「ここまでできる!著作物の活用法途と注意点」

弁護士
福井健策氏


中学生が知っておくべき著作権の知識を伝授。「怖いから何もしない」ではなく「活用する」という視点で著作権について考えました。

「誰でも簡単にできる!3分集中力UP姿勢改善体幹トレーニング」

プロトレーナー
木場克己氏


世界トップアスリートの指導もする木場氏から、スポーツだけでなく日常生活・勉強にも役立つ、4つの姿勢改善のトレーニングについて学びました。

受講を申し込む

資料を請求する