『大学入試までに読んでおきたい14冊』情報誌を無料プレゼント!

大学入試でも、これからの社会でも求められる読解力。それを身につけるための基礎となるのは読書。 その意義や、中高生の間に読んでおきたい本、東大生や京大生がおススメの本などをインタビューで 紹介する情報誌。「読書の大切さはわかっているけど何から読めばいいかわからない」「読解力を身につけ たい」という中高生や、「子どもに読書を薦めたいけど、何をしたらいいか・・・」という保護者の方に 特におススメです。

冊子の内容を少しだけ紹介します!

数多くの著書や作品を発表されているお二人に、中高生やその保護者の方に、読書の意義についてご自身の経験をもとに語っていただきました。 お一人は、『バッテリー』や『ガールズ・ブルー』など、中高生を題材にした作品を数多く書かれている作家のあさのあつこさん。もう一人は、現在は 高校の校長先生で、かつては中学校の校長先生もされており、中高生向けの本も多く書かれている藤原和博さん。お二人が語ってくださった内容とは必 読!

著名人のお二人に、中高生やその保護者の方に向け、読書の意義について語っていただきました。お一人は、『バッテリー』や『ガールズ・ブルー』など中高生を題材にした作品を多く書かれている、作家のあさのあつこさん。もうお一人は、現在は高校の校長先生で、かつては中学校の校長先生もされており、先ごろ中高生向けの『10年後、君に仕事はあるのか?』(ダイヤモンド社)を上梓されたばかりの藤原和博さん。お二人が語ってくださった内容とは!?

「自分も、今すぐにでも読書をしたい」と感じるような刺激的なインタビューが14人分。さまざまな学部の現役の東大生7名と京大生7名が、中学生 や高校生のときに読んだ本で「これを読んでよかった!」と思う本や、彼らが考える読書の役割などについて語ってくれました。東大・京大をめざす方 はもちろん、そうでない方にとっても必ず役立つ内容です。

「今すぐにでも読書をしたい」と思わされる知的な刺激に満ちたインタビューを14人分収録。さまざまな学部の現役東大生7名と京大生7名が、中学生や高校生のときに読んだ本で「これを読んでよかった!」と思う本や「ぜひとも中高生にお薦めしたい」と思う本、さらには彼ら・彼女らが考える読書の役割などについて語ってくれています。これから東大・京大をめざす方はもちろん、そうでない方にとっても必ず役立つ内容です。

無料プレゼントに申し込む

お問い合わせ

会員サイトでのお問い合わせ

Z会MyPage

ログインにお困りの方はこちら

お電話でのお問い合わせ

入会をご検討中の方

通話料無料

0120-76-1039

受付時間
月曜日〜土曜日 午前9:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

会員の方

通話料無料

0120-73-1039

受付時間
月曜日〜土曜日 午前9:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)