筑波大学医学群医学類 推薦入試 合格

Aさん 公立高校出身

プレアデス本科受講生で見事医学部合格をつかみとったAさんと、Aさんの授業を担当した竹中哲講師に、
プレアデスでの学習や受験を終えた現時点での心境などについて、思ったこと、感じたことを率直に伺いました。
2016年12月、推薦入試合格発表直後の喜びの声をお届けしたいと思います。

東大生による効率的な入試対策で不安を払拭できた!

――合格したときの心境はどうでしたか?

Aさん 推薦入試で受かるとは思っていなかったので、一般入試までの計画を立てていましたが、自分の主観で立てていた計画を改善できたり、わからないところを個人的に質問したりしながら、効率的に推薦入試の対策ができたので、とてもうれしく思いましたし、また新しい目標もできました。

 
竹中講師 今年初めて生徒を持ち、「自分の生徒が合格する」という経験も初めてだったので、こんなにうれしいものなんだな、と感じています。
 

――プレアデスで受講しようと思ったきっかけは何ですか?

Aさん 高3の夏休み前に自分で勉強をすると決めて自分で進めていましたが、主観での勉強となってしまっていたし、常に家でやっていたので、頭が凝り固まっていたのか、夏休み明けの模試が良くなかったんです。それで、「自分がどこでよく間違うのか」や「自分の何がいけないのか」を理解するのには個別指導がいいのかなと思い、「Z会なら大手なので、いいかな」と思ったのがきっかけです。
 

プレアデス渋谷のラーニングラボ

――プレアデスの雰囲気はどうでしたか?

Aさん 想像していた塾とは違い、入りやすい雰囲気を感じましたね。直観的なのでうまく説明できないんですけど。(笑)
 
竹中講師 ラーニング・ラボとかがあって、いろいろ使い分けができていいな、と思いますね。たしかに一般的にイメージされる塾とは違うと思います。
 

――初めて受けた授業の印象はどうでしたか?

Aさん 思っていた通り、自分がわかっていないところなども指摘してくれましたし、面談などで学習計画を改善してくれましたので、ここなら大丈夫だと思いました。

――プレアデスに期待していたものは何ですか? 学習管理と東大生のアドバイス?

Aさん それもありますし、苦手分野を個別で聞けるということもです。

Aさんの授業を担当した竹中哲講師

――竹中講師の方で、指導の時に意識していたことはありますか?

竹中講師 面談の時には、学習計画がやや主観的だなと感じたので、それを改善する方向に導くということと、基礎ができていないわけではなかったので、最後まできっちり正答するためのあと一歩を埋めることを意識して指導していました。また、入試が近かったこともあり、アウトプットを重視し、数学・物理の内容ともに答案の書き方を指導することを意識していました。入試にすぐ役立つように。

――お互いの印象はどうでしたか?

Aさん 初めは「東大生だし、まじめな人なのかな」と思っていたのですが、意外とフレンドリーで、説明もわかりやすくて良かったです。答案の雑さなどを指導していただいたり、毎回自分に合わせた指導をしていただけたりしました。
 
竹中講師 本気でひたむきな生徒だな、という印象をずっと持っていましたね。言ったことはもちろんやるし、言ってなくてもやっていたので、大丈夫だろうなと感じながら指導できていました。
 

――プレアデスに通い始めてからの成績の推移を教えていただけますか?

Aさん 学校での順位を考えると、高3の夏休み明けは志望校合格が難しいくらいの順位でしたが、通ってから1か月後の実力考査で合格が見込める順位くらいまで上がりました。学習計画の見直しができたこと、苦手だった数IIIの成績が、「問題演習が足りてない」という指摘と、「基礎から応用くらいのレベルの問題集を解くと良い」というアドバイスを聞いて問題演習を続けたことで上向いたことで、順位が上がったのかなと思います。

――成績以外にも何か変化はありましたか?

Aさん 学習計画に客観的な意見を取り入れたことで、自信を持って勉強を進められるようになりました。

――毎回の授業で心がけていたことはありますか?

竹中講師 一つひとつ立ち止まって確認していくということです。授業の中で質問していくことを意識していました。
 
Aさん 一つひとつ「わかる?」と聞いていただけたので、自分がわからないポイントがわかりやすくなりました。
 

――宿題の出し方はどのようにしていましたか?

竹中講師 テキストの問題から範囲を指定して、その中から苦手そうな問題を解いてきていただくようにしていました。
 
Aさん レベルに合わせた最低限の指示はあったので、やりやすかったです。
 

――合格のポイントは何だと思いますか?

Aさん あのまま塾に行かずに自分で勉強をしていたら、たぶん合格が難しかったので、自分の不安なところを解消することができたのが良かったかなと思っています。
 
竹中講師 「問題は解けるけど、記述はやや雑だな」という印象があったので、記述が改善されたのが一番の要因かなと思います。
 

――戦略面談の印象はどうでしたか?

Aさん 学校でもやったことはなかったのですが、個別に学習計画を見ていただけて、東大生の学習計画を参考に、今の自分に必要な計画がわかるというのはすごく良かったと思います。学校とは違い、個別に具体的にアドバイスしていただけたのが良かったです。

――戦略面談で意識していたことはありますか?

竹中講師 まずは自分で立てた学習計画を聞いて、それに対して個別にアプローチしていくのがいいかなと思って戦略面談を行っていました。方向性が合っていれば自信を持たせ、「違うかな」と思ったらまた別の一案を提示するようにしていました。
 

――一日の学習時間はどれくらいでしたか?

Aさん 集中力があまり続かないので、一日4時間くらいですかね。短時間で集中してやろうと思っていました。
 
竹中講師 受験生の時は僕も同じような感じでしたね。

Aさん プレアデスに来て学習の質を上げることができました
 
竹中講師 僕も質を重視していました。「今日は何時間やる」と決めるのではなく、「今日は何をやる」と決めて、それが終わったらやめる、というふうに勉強していました。
 

――「質」の高い学習とは?

Aさん 自分に合ったレベルのものを適切に行うことだと思います。
 
竹中講師 追い込み期には簡単すぎる問題は排除して、必要な問題を選んで効率よくやろうとしていました。
 

――受験生にとっての個別指導のメリットは何でしょうか?

Aさん 自分が今の段階で必要なことというのは、実は自分ではわかりにくいのですが、個別指導ではそういった点についてアドバイスをもらえるし、何がわかっていないのかもわかるので、効率的に学習できる点が良いところだと思います。また、集団授業はカリキュラムが決まっていますが、個別指導は自分の状況に沿ったカリキュラムを作れるという柔軟性があることが良いと思います。

――ご両親とはどんなお話を?

Aさん 「宿題やっているの?」くらいでしたかね。親はあまり干渉せず見守ってくれていました。

――受験生活の気分転換には何をしていましたか?

Aさん 陸上部だったので、走ることが好きで、走って気晴らしをしていました。勉強だけすると集中力が切れるので、気分転換も大事だと思います。
 
竹中講師 僕は、近くの公園で一人でボールを蹴ったり、サッカーや野球の試合を観たりしていました。あとは友達と話しをしたりすることですかね。
 

――今後の夢は?

Aさん 中学3年のときから小児科医になりたいと思っているので、小児科医をめざして頑張りたいです。

――今後の受験生に向けてメッセージをお願いします。

Aさん 目標を下げずに、周りの人の支えに感謝しながら自信を持って目標に向かって頑張れば、大丈夫だと思います。
 
竹中講師 ほどほどに頑張ることが大事だと思います。根を詰めすぎず、息切れしない程度に頑張るのがいいと思います。(笑)
 

Aさん、竹中講師、ありがとうございました。

ぜひ、皆さま一度、プレアデスに足を運んでみてください。
★教室内の様子はこちらから
プレアデス教室紹介

ぜひ、お気軽にお越しください。

事前に教室までお電話の上、ご来訪時間を予約してお越しください。
プレアデス本郷 03-3868-3349
火曜日〜土曜日 14:00〜21:00(休室日を除く)
プレアデス渋谷 03-5778-3749
火曜日〜土曜日 14:00〜21:00(休室日を除く)

【Z会エデュースの個人情報の取り扱いについて】
※ お知らせいただいたお名前、ご住所などの情報は、 Z会グループでの営業活動(Z会の通信教育・教室・書籍のご案内やアンケート送付など )に限って使用させていただきます
※ Z会エデュースの「個人情報の取り扱いについて」はこちらをご覧ください。お 申し込みにあたっては、「個人情報の取り扱いについて」の内容にご同意ください。

OTHER SCHOOLS