東京大学 法学部(教養学部文科I類) 推薦入試 合格

Rさん 国公立高校出身

プレアデスが開校した直後から2年間、本科受講生として通塾していただき、見事に東大推薦入試の合格を勝ち取ったRさんと、Rさんの授業を2年間担当した筒井秋成講師に、プレアデスでの学習や受験を終えた現時点での心境などについて、思ったこと、感じたことを率直に伺いました。
2017年3月、東大推薦入試合格者の喜びの声をお届けしたいと思います。

東大生による効率的な入試対策で不安を払拭できた!

――合格したときの心境はどうでしたか?

Rさん びっくりしたのと、これで受験が終わってしまったと感じました。合格を知ったのは学校の通学路で、その場で携帯で確認をしました。家族にはメールで報告をしました。

 
筒井講師 受かるべくして受かってくれたと思っています。安心しました。
 

――なぜ東大の推薦入試への挑戦を決めたのですか?

Rさん (条件的に)自分が受験可能だということを知ったからです。高校生活で様々な活動に参加していた一方で、模試の成績など学業面ではあまり誇れるものがなかったので、自分がしてきた活動の方を東大に見てほしかったからです。
 

プレアデス渋谷のラーニングラボ

――プレアデスで受講しようと思ったきっかけは何ですか?

Rさん プレアデスには、開校時の約2年前から通っていました。それ以前から、Z会東大進学教室にずっと通っていたのですが、世界史の授業のスケジュールが合わなかったので、「Z会」であれば大丈夫という気持ちから、プレアデスでの個別指導の受講を決めました。

――プレアデスには何を期待していましたか?

Rさん 世界史は学校では絶対に最後まで範囲が終わらないので、「世界史の先取り学習を塾に通ってやらなければ」という焦りの解消です。また、東大生と定期的に会う機会を得られるのも大きかったです。東大生を見れば「自分も勉強しなきゃ」と考えるようになると思いました。

――プレアデスのどんなところが自分に合っていましたか?

Rさん 筒井先生は法学部で、自分の目標と同じだったので、推薦入試を受けるときにいろいろお話を伺って、「東大法学部」というものをはっきりイメージすることができました。また、授業中に私の集中力が切れてきたとき、たまに大学へ入った後の世界史の講義や活用の話をしていただいて、楽しかったです。

筒井講師 法学部へ入って、東大の受験科目で最もつながりを感じるのが世界史だと感じているので、世界史の細かい受験用の知識を伝えるというよりは、大学入った後につながる「世界史」を意識して授業していました。これは僕が東大に入って初めてわかったことなので、後輩にはぜひ伝えていきたいことです。

――推薦入試での合格、というのは「『東大からの人』を育てる」というプレアデスの理念に合致するのですが、その点はいかがでしょうか?

Rさん プレアデスには、東大生、つまり東大が欲しい人材が集っていて、東大入試の出題傾向などを知り尽くしているので、東大生と身近にお話ができるのは目標を設定する点で非常に役に立ちました。
 
筒井講師 『東大生』という像をプレアデスに通う高校生が強く求めているということは今回初めて知りました。今後も目標とされる講師になれるよう努力したいです。

――推薦入試では具体的にどのような高校時代の活動を東大へ伝えましたか?

Rさん 理系の研究を高校でしていたので、その研究のこと、海外でその研究発表を行ったこと、短期留学をしたこと、などです。
 
筒井講師 推薦入試の出願時に東大に提出する課題の内容などは見せてもらっていて、法学部に在籍する現役東大生としてのアドバイスを多少しました。
 

――推薦入試の面接時、東大に強くアピールしたことは何ですか?

Rさん 東大はグローバルな人材を求めているというのが面接官などから伝わってきたので、(受験)英語は苦手だが、話すことはできるということを伝えました。

――推薦入試合格の理由はご自身ではどうお考えですか?

Rさん 面接よりもグループディスカッションで力を発揮できました。高校で1年半ほどゼミに参加していて、そのゼミで普段から討議している内容と推薦入試での討議内容が似ており、学校の先生からいただいたアドバイスを活かすことができたため、思考がうまく回って有意義な意見を発表できました。

筒井講師 「裁判官になりたい」と常々夢を語ってくれていたので、その強い思いが東大に伝わったと思います。他の生徒と比べると考え方が大人で、決して東大入試に合格することが目標ではなく、大学へ入った後のことを話してくれるのは僕が受け持つ生徒では彼女だけでした。それが響いたのだと思います。センター試験廃止後の新制度の下では東大はこのような人材を強く求めてくると僕は思います。

――国公立大前期試験では他大法学部を受験予定だったのは?

Rさん 現役にこだわったということと、親と相談をして、推薦入試で自分を認めてくれない大学に行く価値はないという結論に至ったということが理由です。
 

――筒井講師の授業はどうでしたか?

Rさん 季節講習で受けていた先生の授業にとてもよく似ていました。東大生講師は、たしかにプロ講師に比べたら人生経験は劣りますが、実際に東大を受験されたという経験があるのが強みだと思います。「こういうことを書くと加点されるよ」などのアドバイスが具体的でした。
 
筒井講師 同じプロ講師の授業を受験生の頃に受けていて、それをベースとしつつ実際の受験経験で培ったものを加えて授業することを意識していました。
 

――授業を受ける上で意識していたことはありますか?

Rさん 家で自習をするタイプではないので、授業は集中してしっかり受けようという精神でした。3年生になってからは、その場で授業内容を理解して吸収しようという気持ちが加わりました。
 
筒井講師 課題や宿題は、『やりたければやってきてください』の方針でした。強制はしていません。結局入試で世界史は(センター試験でしか)用いなかったので、僕の授業が数字に表れたかはわかりませんが、大学へ入った後に生きてくれればと思います。
 

――筒井講師の授業はどのような面白みがありましたか?

Rさん 筒井先生の世界史の授業にはしっかりとした歴史のストーリーがあるので、それを聞くのは無機質な教科書を読むより楽しかったです。問題演習の授業になると、問題との向き合い方を学びました。

筒井講師 自分の話したいことを話していただけで、それを彼女が「聞いてくださっている」という意識で、実質は雑談の延長のようなイメージの授業でした。

――戦略面談ではどのようなことを話していましたか?

筒井講師 型にはまった面談は行っておらず、普段からちゃんと勉強しているのかという確認と、志望に迷う時期があったので、どこの大学・学部へ行きたいのかなどを話し合っていました。この「型にはまらない」というのが結果的に推薦合格につながったのでは、と思います。

――今後東大の推薦入試へ挑戦する方へアドバイスはありますか?

Rさん 早めに受験を決断すべきです。私は高1のころから校内外で様々な活動に参加していたので特に慌てて準備をする必要はありませんでしたが、特に理系の方は高校時代の実績が結構重要なので、3年生になって推薦を受けると決断するのは遅いと思います。高校入学と同時に視野に入れてください。

――受験生活で大事だったことは何ですか?

Rさん 英語はちゃんと勉強しておくべきだと思いました。自分は英語が苦手なのですが、もっと勉強しておけばよかったです。

筒井講師 東大は1、2年の間は週2〜3コマ程度英語の授業があって、なかなか辛いということもありますし、これからの世の中、東大を出るような人材はどの分野であれ英語ができなければ生きていけないと思いますので、受験生の頃から英語を熱心に勉強しておくことが非常に重要だと思います。
 

――筒井講師から受験生に伝えたいことはありますか?

筒井講師 楽しむこと、これだけですね。新しい知識、考え方を脳に流し込む「快感」を知ってほしいです。そして、「将来、この勉強がどう活きるか」を意識して勉強すれば高校生は楽しめるし、良いモチベーションになります。高校の勉強と大学の学問のつながりを感じましょう。その点で、法学部へ入る人に世界史を教えられてよかったです。

――今後、東大でどのようなことをしたいですか?

Rさん まずは1、2年の間は教養学部を謳歌したいです。

筒井講師 文理問わず幅広い学問に全生徒が触れることができるのは、日本では東大とICUだけだと思うので、高校で理系の研究をしていたのであればなおさら、理系の講義をたくさん受けてほしいと思います。

――最後に、後輩へ一言。

Rさん 偏差値で受ける大学を決めずに、大学で何をやりたいかを考えたうえで、自分に合った大学を目指すとよいと思います。
 

Rさん、筒井講師、ありがとうございました。

ぜひ、皆さま一度、プレアデスに足を運んでみてください。
★教室内の様子はこちらから
プレアデス教室紹介

ぜひ、お気軽にお越しください。

事前に教室までお電話の上、ご来訪時間を予約してお越しください。
プレアデス本郷 03-3868-3349
火曜日〜土曜日 14:00〜21:00(休室日を除く)
プレアデス渋谷 03-5778-3749
火曜日〜土曜日 14:00〜21:00(休室日を除く)

【Z会エデュースの個人情報の取り扱いについて】
※ お知らせいただいたお名前、ご住所などの情報は、 Z会グループでの営業活動(Z会の通信教育・教室・書籍のご案内やアンケート送付など )に限って使用させていただきます
※ Z会エデュースの「個人情報の取り扱いについて」はこちらをご覧ください。お 申し込みにあたっては、「個人情報の取り扱いについて」の内容にご同意ください。

OTHER SCHOOLS