東京大学 教養学部文科III類 合格

中宮将宏さん 都立西高校出身

担当講師との懇談(テレビ通話)の様子

プレアデスの本科受講生として通塾していただき、見事に東大合格を勝ち取った中宮将宏さんと、中宮さんの授業を担当した重森理瑛講師(英語担当・文科III類2年)、小川幸講師(数学担当・理科II類2年)に、プレアデスでの学習や受験を終えた現時点での心境などについて、思ったこと、感じたことを率直に伺いました。2017年3月、東大合格者の喜びの声をお届けしたいと思います。

東大生による効率的な入試対策で不安を払拭できた!

――合格おめでとうございます。今の率直な気持ちを教えてください。

中宮さん 合格した喜び以上に「安心した」という気持ちが強いです。確かに合格発表で番号を見つけた瞬間は「よし!」となって、嬉しかったのですが、その後に感じたのは「良かったな」という安堵の気持ちでしたね。また、合格発表までは焦らされているようにも感じました。今日(合格発表当日)も午前2:00くらいに起きてしまい、そこからずっと寝つけず、ドキドキしながら過ごしていました。

 
重森講師 (合格を聞いて)凄くうれしかったですし、泣きそうにもなりました。

小川講師 受かるだろうなとは思っていましたが、(合格を知らせる)電話をもらった時は良かったなと安心しました。
 

――なぜ東大を志望したのか教えてください。

中宮さん 最初は特に行きたい分野もなく、また、「東大は雲の上の存在」という印象だったので、何となく一橋大学を目指していたのですが、高2の初め頃に担任の先生に東大を勧められてから、東大を意識し始めました。オープンキャンパスで教育学部の施設を見たときに「ここで勉強したいな」という気持ちが生まれてきました
 

プレアデス渋谷のラーニングラボ

――プレアデスで受講しようと思ったきっかけは何ですか?

中宮さん 親がプレアデスの存在について調べて教えてくれたのがきっかけです。自分は部活が忙しく、集団授業の決められた時間割についていくことが難しかったのですが、プレアデスは、授業の曜日や時間を講師と調整して自由に設定できるし、東大生による東大志望者向けの授業が行われるということで、ここに通ってみようかと思い受講し始めました。ただ、初めてプレアデスのテキストを見たときはそのレベルの高さに驚き、それによって勉強に対してより高い意識を持つようになりましたね

――お互いの最初の印象を教えてください。

小川講師 よく話す元気な生徒で、頭の回転が速いなと感じました。

重森講師 話を積極的にしてくれて、呑み込みが早いなと思いました。

中宮さん 重森講師は英語が堪能で、はじめは自分には理解できるのかと少し不安はありました。小川講師に関しても同様で、理系の先生だったので、文系の自分が理系的な考え方についていけるのか、という意味で不安はありました。でも、ついていければきっと力がつくとも感じていました。

――受講当初、東大合格のために必要だと感じていたことは何ですか?

中宮さん 基礎力だと考えていました。プレアデスで応用的な分野に取り組み、自宅では基礎的な部分を学習していました。プレアデスでの応用的な内容の学習は自分に合っているのか不安でした。しかし、基礎力をつける時期に、プレアデスで応用的な部分にも取り組めたことが秋以降の学習にプラスになり、学んだ基礎の部分をプレアデスで試すという良いサイクルができていた気がします。

――毎回の授業で心がけていたことはありますか?

重森講師 個別指導なので中宮君のリクエストに応えることを念頭に置いて授業をしました。単語テストや英作文など、一対一で教えているからこそ中宮君に適した教材の準備を行っていました。

中宮さん
 自分に合わせて指導してくれていることをとても感じましたし、同じ立場に立って指導してくれた心遣いにはとても感謝しています。
 
小川講師 中宮君は文系ですが、理系脳だったように感じたので、指導のしやすさはありました。

中宮さん 自分は(進路選択の)最後の最後まで理系に進むか文系に進むか悩んでいて、高2の夏までは理系科目も自分なりにしっかり勉強はしていました。そのことが文系数学の学習のしやすさにもつながりましたし、個別指導のおかげで、それまで多かった細かいミスを減らすように促してくれたと感じました。

小川講師 ただ公式を覚えるのではなく、解法をいろいろ提示して、スマートでなくても使いやすい解法も伝えるようにすることを心がけていました。

――プレアデスに通い始めて成績の推移はいかがでしたか?

中宮さん 高2で初めて受けた、難易度が高めのプレステージ模試でE判定をとってしまい、センター同日模試もふるわなかったので、焦りを覚えてスイッチが入りました。その後の駿台模試でC判定が出て、少し希望が持てました。高3の夏の東大オープンではC判定、東大実戦ではB判定を取ることができました。秋の東大模試ではB判定が出たものの順位が下がってしまい、焦りも出ました。それからはセンター試験の勉強に切り替えつつ、二次試験に向けた知識の定着を意識しました。夏までにある程度できるようになって、秋以降は自分でも頑張ったなと感じるほど勉強しましたね。
 

――戦略面談で意識していたことはありますか?

重森講師 中宮君から現状についてたくさん話してもらったので、それに対して自分に何ができるかを考えました。また、自分との共通点を感じることが多くあったので自分の経験を踏まえて課題に対するアドバイスを提示していました

中宮さん 東大に合格した方からの話だったので、信頼感があり、「これでいいのかな」ではなく「これなら大丈夫」と感じて薦められた教材に対して取り組めたのではないかなと思います。戦略面談に対しては自分から積極的に関わっていくことができたと感じています。

――宿題や課題の出し方で意識していたことはありますか?

重森講師・小川講師 予習を中心に、中宮くんの要請に応える形での追加課題も必要とあらば課していました。

中宮さん プレアデスでは予習をすること以上に、予習である程度理解して、自分が分からなかった部分をその場ですぐに、ピンポイントで詳しく東大生に教えてもらうことで理解を深めることができる点が自分に合っていたと思いましたね。この指導法は、与えられた課題を一通り解説するような集団塾にはないプレアデスの良さだと思いました。

――振り返ってみて受験勉強で大切だったことは何だと思いますか?

中宮さん 目的意識です。例えば学校では10時間勉強するよう言われたのですが、自分は10時間で何を勉強したのかということの方が大事だと思いました。ただ勉強するのではなく、自分がやるべきことを明確にすることが大切で、その点プレアデスでは戦略面談や授業で何をすべきかが明確に示されていたので上手くいったのだと思います。
 

――中宮君が合格できたポイントは何だと思いますか?

重森講師 私が強く感じた点は貪欲さだと思っています。夏の模試の段階である程度良い判定が出ていたにもかかわらず満足せずに、冷静に自分が足りない点を分析して向上心を持ち続けたことが合格につながったのかなと思います。
 
小川講師 自習に対する意識が高く、予習の質がどんどん良くなっていきました。良い判定結果に対しても謙虚に向き合っていたことが良かったのだと凄く感じました。
 
中宮さん 自分としては危機感が凄くあったので、目標としている点に届かなければ反省するという姿勢が周りの人よりも強かった点が良かったのかなと今は思いますね。

――今後の目標を教えてください。

中宮さん まずは何とか進学選択で希望の分野に行けるようにしたいです。入試以上に周りのレベルが高いという厳しい状況でも頑張っていきたいですね。

 

――受験生・中高生へのメッセージをお願いします。

中宮さん 目標は高く持つ、ということを意識してほしいですね。自分自身、周囲の人に言われて高い目標を持つようになってから目線も上向いてモチベーションも上がってきたので、「これでいいや」ではなく「まだまだできる」と思うようにしてもらえればよいと思います。頑張ってください。

中宮さん、重森講師、小川講師、ありがとうございました。

ぜひ、皆さま一度、プレアデスに足を運んでみてください。
★教室内の様子はこちらから
プレアデス教室紹介

ぜひ、お気軽にお越しください。

事前に教室までお電話の上、ご来訪時間を予約してお越しください。
プレアデス本郷 03-3868-3349
火曜日〜土曜日 14:00〜21:00(休室日を除く)
プレアデス渋谷 03-5778-3749
火曜日〜土曜日 14:00〜21:00(休室日を除く)

【Z会エデュースの個人情報の取り扱いについて】
※ お知らせいただいたお名前、ご住所などの情報は、 Z会グループでの営業活動(Z会の通信教育・教室・書籍のご案内やアンケート送付など )に限って使用させていただきます
※ Z会エデュースの「個人情報の取り扱いについて」はこちらをご覧ください。お 申し込みにあたっては、「個人情報の取り扱いについて」の内容にご同意ください。

OTHER SCHOOLS