東京大学 教養学部理科II類 合格

川合淳也さん 都立戸山高校出身

プレアデスの本科受講生として通塾していただき、見事に東大合格を勝ち取った川合淳也さんと、川合さんの授業を担当した佐々木佑介講師(理科II類2年)に、プレアデスでの学習や受験を終えた現時点での心境などについて、思ったこと、感じたことを率直に伺いました。2017年3月、東大合格者の喜びの声をお届けしたいと思います。

東大生による効率的な入試対策で不安を払拭できた!

――合格おめでとうございます。合格後の今の率直な気持ちをお願いします。

川合さん 今年の問題が自分に有利な方向に働いてよかったです。数学が難化しなかったため、ネットの情報などは何も見ずに「3完くらいはしたな」と信じて2日目に臨めたことがよかったかなと思います。

 
佐々木講師 受かると信じていたので、よかったです。試験の翌日に電話した時の様子で合格を確信していました。
 

――なんで東大を志望するようになったのですか?

川合さん 高1のころ東大の剣道部が高校に稽古に来たのを見て憧れるようになりました。特に何か話を聞いたからというわけではなく、直感でいいなと思うようになりましたね。剣道が強い人がいたということもあります。
 

プレアデス渋谷のラーニングラボ

――プレアデスで受講しようと思ったきっかけは?

川合さん 高2の2学期で成績が急に落ちて、親と相談していたらプレアデスの名前が挙がり、体験授業を受けて決めました。面倒見の良さもありますが、特に現役の東大生、しかも自分と同じ公立高校出身の先生という目標が身近にいるという環境がいいなと思いました。

――お互いの最初の印象どうでした?

佐々木講師 まじめそうな生徒だなと思いましたね。

川合さん 公立高校出身と聞いていたのに別解もたくさん教えてくれるし、「次元が違う先生が来たな」と思いました。それでも、先生の受験生時代の模試結果を聞いたりしていくうちに、「自分も頑張って、超えたいな」と目標に思っていました。

佐々木講師 最初は参考書とかの模範解答の通りに解答を書いていたよね(笑)

――プレアデスの印象はどうでしたか?

川合さん 初めて来たのがたまたま耳鼻科の手術の後だったので、それどころではなかったですね(笑)。覚えているのは「学校から近くていいな〜」くらいですかね。あと、「教室の中が明るくていいな」と思いました。

――授業で意識していたことはありますか?

佐々木講師 最初のころはあまり考えずに参考書の標準的な解答をそのまま写すようなところがあったので、そこの意識を変えるために、とにかく「別解を提示する」といった授業をしていましたね。考える癖をつけさせようとしていしました。インプットよりもアウトプットをしっかりとできるようにしようということは意識していました。あとは答案をちゃんと書かせることですね。勉強量が足りないタイプではなかったので、学ぶことに興味を持ってもらえるようにしようと思っていました。

川合さん
 部活が忙しかったので、授業中にとにかく頭に入れて、復習は電車の中でやっていました。授業中に吸収することを意識していましたね。実際に、先生の授業のおかげで勉強に対する興味がわきました。

――宿題はどのような感じで出していましたか?

佐々木講師 公立高校ということもあり、数学IIIが追い付いていなかったので、そのフォローと、数学IA・IIBをしっかりと固める方針でやっていました。宿題は必要なものをさらうために、ハイペースで出していました。ぎりぎりでもしっかりとやってきてくれたので、さすがだなと思っていました。

――東大受験の際にネックになったのは数学でしたか?

川合さん 数学ももちろんなんですけど、物理・化学もひどかったですね。定期テストですら怪しいところもありました。

佐々木講師 僕も公立高校出身なので、その理科のつらさはわかりますね。

――佐々木先生の授業はどうでしたか?

川合さん たまに「次元が違うこと言ってるな」と思うときもありましたけど、それでもわかりやすく説明してくれてよかったです。

――戦略面談はどうでしたか?

川合さん 模試が悪い時は改善方法を聞き出したいと思って取り組んでいました。勉強設計は普段からお互いに話していたので、戦略面談では、模試の相談をすることが多かったですね。

佐々木講師 課題をこちらから指摘することもありましたけど、川合君は基本的に、自分の課題は自分でしっかり理解していたと思います。
 

――プレアデスで受講し始めてから、変わったことはありましたか?

川合さん 中学までは、模試は返って来たら捨てるタイプだったのですが、プレアデスに来てからは、模試が返ってきたら自分の弱点を見つけようとしたり、別解を考えたりしようとするようになりましたね。
 
佐々木講師 それは僕も感じていましたね。「遠回りかもしれないですが」と言って別解を考えるようにもなりました。

――プレアデスが自分に合っていたと思う点はありますか?

川合さん 個別指導なので無駄が少ないと感じていました。部活で主将をしていたこともあり、忙しかったので、無駄なく勉強できたのはよかったですね。

佐々木講師 時間がない中で、部活後の切り替えが上手で、すごいなと思っていました。

 

――受験生活を振り返って大事だったと思うことはありますか?

川合さん 秋模試が壊滅的だったのに、あきらめなかったことがよかったですね。数学12点でしたからね(笑)。その後センターの問題を解いてみて、センターでも取れなかったのですが、そこで自分に計算ミスが多いことも気づいて、意識して取り組めたことで成績が上がって踏みとどまれたかなと思います。

――川合さんの合格の決め手は何だと思いますか?

佐々木講師 本番で実力を発揮できたことに尽きますね。秋には理科以外は仕上がっていたにもかかわらず、ケアレスミスなどで取りきれなかったので、ミスをなくして、並行して理科をやれば大丈夫だと思っていました。

川合さん 数学で2週間前まで解けなかった複素数をやったことで一気に解けるようになったように、様々な教科で穴が埋められたというのが大きいですね。

佐々木講師 高3の秋くらいから自分で自分の穴を見つけられるようになったのは大きかったですね。自分で参考書を選んで進めたりするようになったので。

――今後の目標は何かありますか?

川合さん 東大を目標に頑張っていたという感じだったので、まだ何をするか考えていなくて。とりあえず剣道部に入ろうかと思っています。勉強も頑張りたいですね。将来の夢はまだこれからです。東大は入った後に学部を選べることも魅力的でした。

――今後の受験生にメッセージをお願いします。

川合さん 受験勉強の初めのころは、数学の問題で解答のとっかかりがわからなくて苦労したので、解ける人が解いている様子を動画で見てみたいなと思っていました。問題文のどこに、どのようなメモをするのだろう、というようなことが気になっていましたね。個別指導で間近に、数学ができる人が問題解いている姿を見て真似をしてみるというのはよいと思います。

――東大受験生へのアドバイスはありますか?

川合さん 自分は公立高校で、学習が切羽詰まっていたので、何も考えずに勉強をしていたのですが、中高一貫の人など余裕がある人はいろいろ考えながら勉強するのもいいかなと思います。いっぱいいっぱいの状態で勉強をしていたことが逆に良かったかもしれませんが。何はともあれ頑張ってほしいです。

佐々木講師 川合君は行動するのが得意だったので、何をするか考えて行動した結果、合格を勝ち取ることができました。自分でしっかりと考えて自分に合った戦略を考えて勉強をしていくことが大切だと思います。

川合さん、佐々木講師、ありがとうございました。

ぜひ、皆さま一度、プレアデスに足を運んでみてください。
★教室内の様子はこちらから
プレアデス教室紹介

ぜひ、お気軽にお越しください。

事前に教室までお電話の上、ご来訪時間を予約してお越しください。
プレアデス本郷 03-3868-3349
火曜日〜土曜日 14:00〜21:00(休室日を除く)
プレアデス渋谷 03-5778-3749
火曜日〜土曜日 14:00〜21:00(休室日を除く)

【Z会エデュースの個人情報の取り扱いについて】
※ お知らせいただいたお名前、ご住所などの情報は、 Z会グループでの営業活動(Z会の通信教育・教室・書籍のご案内やアンケート送付など )に限って使用させていただきます
※ Z会エデュースの「個人情報の取り扱いについて」はこちらをご覧ください。お 申し込みにあたっては、「個人情報の取り扱いについて」の内容にご同意ください。

OTHER SCHOOLS