東京大学 教養学部文科III類 合格

波多野周さん 聖光学院高校出身

プレアデスの本科受講生として通塾していただき、見事に東大合格を勝ち取った波多野周さんと、波多野さんの授業を担当した筒井秋成講師(法学部3年)に、プレアデスでの学習や受験を終えた現時点での心境などについて、思ったこと、感じたことを率直に伺いました。2017年3月、東大合格者の喜びの声をお届けしたいと思います。

波多野さんが高2の頃にもインタビューを行っております。詳細はこちら!

東大生による効率的な入試対策で不安を払拭できた!

――合格した今の気持ちを聞かせてください。

波多野さん うれしいという気持ちももちろんですが、安心したという気持ちも大きいですね。ずっと第一志望校に合格するイメージを持っていたのでイメージ通りになって安心しています。合格発表は試験本番よりも緊張しました。ネットの合格発表を見るよりも先に本郷キャンパスに掲示板を見に行ったので。

――合格報告を受けたときの感想はどうでしたか。

筒井講師 入試後に出来は聞いていて、合格できると思っていたので、よかったです。

プレアデス渋谷のラーニングラボ

――東大を目指したきっかけは何ですか?

波多野さん 高1のときは全然東大を目指せる成績ではなかったのですが、国立大学を目指させる学校だったので、一橋大か東大かで迷っていました。実際に一橋大の文化祭に行ってみたのですが、遠いし、自分に合わないなと思い、東大を調べてみたところ1、2年の前期教養の制度に惹かれ、東大を目指してみようかなと思うようになりました。あと駒場キャンパスが家から近いということもありますね。(笑)

――初めて会ったときの印象はどうでしたか。

波多野さん わかりやすい授業をしてくれる先生だなと思いました。はっきりと話してくれる先生でしたし、変にかしこまってしまうような授業でもなかったです。

――「プレアデスでここを補いたい」というようなことはありましたか?

波多野さん ずっと勉強をしないできたので、まず勉強をする癖をつける必要があるなと思っていました。あとは英語が特に苦手だったし、数学もできなかったので、入試において重要な2教科の苦手克服のためにどうすればいいのか、っていうことも聞きたかったです。

筒井講師 普段から勉強する習慣がついていないから、成績が悪いのだろう、ということは話を聞いてすぐわかりました。習慣が身についた頃から、成績が上がり始めました。

――普段の指導で心がけていることは、どういうことでしたか?

筒井講師 高2から高3になって特別変えたことはありません。ただ、高2の最初は扱う問題の数・レベルを手探りで模索していましたが、高3からは成績も伸びてきたので、テキストの難しい問題を多めに扱うようになったり、追加で難しい問題を持ってきたりして、目標を高くしていきました。
 
波多野さん プレアデスに入って授業を受けるようになってから、苦手だった数学が伸びてきて、「いける」という感覚を持てるようになってきました。数学を自分の強みにするためにも難しい問題に挑戦できたのはよかったです。
 

――学校の定期試験や模試などはどうでしたか?

波多野さん 定期試験はだいたい安定していましたが、高3になってからは「定期試験よりも受験勉強」という感じだったので、強く気にすることはなかったですね。模試は、夏模試では判定にばらつきがあって、「失敗しなきゃ大丈夫かなー」とは思いましたね。模試をずっと念頭に入れてがんばるってことはなかったです。判定で一喜一憂するということもありませんでした

――授業での宿題はどのようにしていましたか。

波多野さん すべて筒井先生にお任せしていました。
 
筒井講師 基本的にZ会のテキストの問題から出しました。時間が余りそうなときやテキストでは伝えたいことを伝えきれないときは他の問題も持ってきていました。

――受験期で一番辛かったことはなんですか?

波多野さん 11月は模試が多くて体力的に辛かったですね。1週間模試の復習だけで終わることもあったので。ただ、「みんな、こんなものなのだろう」と割り切ってやるようにはしていました。受験直前の2月最初に受けたZ会のテストゼミで国語最下位を取ってしまって、それが入試1週間前に返ってきたときは動揺しましたね。「本番をがんばればいいや」と言い聞かせていました

――地歴の勉強はどうでしたか。

波多野さん 時間を割いてやっていたのですけど、人並みを超えることはなかったですね。現役生の並みくらいかなと思っていました。周りに遅れをとらないようにはしようと思い取り組んでいました。

――合格の決め手だと思うことはありますか?

波多野さん 数学で、結果としてきっちり取れたのがよかったですね。他の教科でも足を引っ張ることなくバランスよく取れたのも一因だと思います。バランスはやはり大事です。英語が苦手で、東大志望者の中でも平均をやや下回るくらいでしたが、最後のほうは割り切って東大形式を徹底的にやりました。特にリスニングは取れるかなと思い、秋くらいから集中的に取り組んでいたことがよかったかなと思います。
 
筒井講師 東大は得意教科が2つあれば受かると言われていて、僕は数学と地歴が得意で受かったパターンでした。波多野君は数学がずば抜けて取れる上に足を引っ張る教科がなかったのが大きいでしょう。今年度は数学が簡単だったのもいい方向に働いたのではないでしょうか。

――今後の目標はありますか。

波多野さん 進学振り分けもあるので、自分のやりたいことができるように、勉強しようかなと思っています。後期教養学部へ進学して認知科学を学びたいと考えています。
 
 

――今後の受験生にメッセージをお願いします。

波多野さん 今後模試などで一喜一憂することもあるかもしれませんが、感情の波が激しいと体調にもつながってしまうので、自分を信じて、「大丈夫」と言い聞かせて平常心を保って勉強することが大切かなと思います。
 
筒井講師 今ここでがんばることには将来的に考えても意味があると思います。ただ勉強をがんばるのではなく、楽しんで勉強に取り組んでみることや、高校での勉強と大学の学問を関連づけて勉強することが大切だと思います。

波多野さん、筒井講師、ありがとうございました。

ぜひ、皆さま一度、プレアデスに足を運んでみてください。
★教室内の様子はこちらから
プレアデス教室紹介

ぜひ、お気軽にお越しください。

事前に教室までお電話の上、ご来訪時間を予約してお越しください。
プレアデス本郷 03-3868-3349
火曜日〜土曜日 14:00〜21:00(休室日を除く)
プレアデス渋谷 03-5778-3749
火曜日〜土曜日 14:00〜21:00(休室日を除く)

【Z会エデュースの個人情報の取り扱いについて】
※ お知らせいただいたお名前、ご住所などの情報は、 Z会グループでの営業活動(Z会の通信教育・教室・書籍のご案内やアンケート送付など )に限って使用させていただきます
※ Z会エデュースの「個人情報の取り扱いについて」はこちらをご覧ください。お 申し込みにあたっては、「個人情報の取り扱いについて」の内容にご同意ください。

OTHER SCHOOLS