中学サポートシステム

生徒本人が、自身の課題を確認する「振り返りシート」への記入

英語と数学は、毎回の授業終了時に授業への取り組みについて自己評価する『振り返りシート』を記入します。課題を自身で客観的に振り返ることにより、早いうちから課題に立ち向かい、解決する方法を考える力が身につきます。『振り返りシート』は記入後に担当講師が回収し、確認しますので、適宜アドバイスも行います。



学力の伸長を確認する評価システム

「学び合い、高め合う」ことを目的とした双方向・多方向型授業では、一般的に学習意欲の増進に重きが置かれがちですが、Z会東大進学教室メテウスではそれにとどまらず、定期的な確認テストの実施や課題の提示・添削指導などで、学力の伸長を測る仕組みを構築しています。
※自宅学習用教材として添削課題を課します。提出答案は担当講師自らが答案を採点・添削指導します。



家庭学習サポートにおける映像授業の効果的活用

授業内での多様なやり取りにより多く時間を割くため、新しい知識を得る時間は講義形式の授業より相対的に少なくなりますが、それを補うものとしてICT★があります。たとえば、Z会の精鋭講師陣による映像授業を、受講教科に限らず英語・数学1年分のカリキュラムすべてを自宅でいつでも見ることができます。従来講義中にしか得られなかった知識を、授業の前に確認し、また授業後に復習して、より効率的・効果的に学習するスタイルが身につきます。

★ICT:Information and communication technologyの略で、情報・通信に関する技術の総称。


 

個別にフォロー

授業前後の時間や休み時間を利用して、担当講師に直接質問することができます。
また担当講師が不在の時や授業を欠席してわからない内容がある時には、
各教室に常駐している学習アドバイザーに質問することができます。

柔軟な振替受講

学校行事などでやむをえず欠席する回の授業を、
同一週・同一講座のほかの授業へ振替受講することができます。
他教室への振替受講も可能です。

学習目的に応じた追加・変更

本科では、各期がA・B・Cの3ターム(3期はA・Bの2ターム)からなる「ターム制」を
取り入れています。タームごとに教科の追加・変更ができますので、
学習目的の変更に柔軟に対応できます。

集中して学習できる自習室

自習室では、意識の高い受講生が切磋琢磨しています。抜群の環境で、集中して学習することができます。
※受講期間中は休室日を除いて、いつでもご利用いただけます。
※本科生は、すべての教室の自習室をご利用可能です。

Z会通信教育の添削答案を提出できる

Z会通信教育の添削答案を各教室の窓口に提出することができます(切手・専用封筒は不要です)。

保護者面談

保護者面談

担当講師やスタッフとの個別面談を随時承ります。
ふだんの授業の様子やテストの成績をもとに、様々なアドバイスをさせていただきます。

保護者向け学習状況報告書

各期終了後、本科の授業における各教科の学習状況がわかる「学習状況報告書」と、
アドバイスが入った「保護者通信」をご自宅に郵送し、保護者の方にお知らせします。

講演会

講演会・保護者会

年数回、受講生と保護者の方のための講演会や保護者会を開催しています。
家庭での学習法や最新の入試情報など役立つ情報をお届けします。

入退館管理システム

入退館管理システム

ICカード乗車券を利用した入退館管理システム「キッズセキュリティ」を導入しています。
受講生が教室に入館・退館する際にカードリーダーにタッチすると、
保護者の方の登録されたメールアドレスにメールをお送りします。

※ 詳しくは申込登録後にご郵送する手続書類をご覧ください。

安心・安全な環境下で仲間とつながれるSNS「Edmodo」を活用

教室と生徒が、そして保護者が、安心・安全な環境下でつながることができるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)、それがEdmodo(http://www.edmodo.com/)です。授業外でも、講師や教室スタッフから受講生に対しメッセージを配信したり、資料を配付したり、などを行うことができるため、受講生の計画的な学習を支援することが可能になります。