2018年度Z会幼児コース年中の資料をご請求いただいた方にプレゼント!
【キャンペーン締切日:2月20日(火)】

ひらがなの「書き」の学習が気になり始める時期。自分の名前やさまざまなことばを「書きたい!」と思う気持ちが、「書き」の力を高めます。「書き」の学習を本格的に始める前に、家族ですごろく遊びを楽しみながら、ことばそのものへの興味を引き出しましょう。
 

※2018年度Z会幼児コース年中のおためし教材とともにお届けします。

※Z会幼児コースの学習内容と重なるため、現在ご受講中の方はご請求いただく必要はございません。

楽しみながら、ひらがな・ことばに親しむ工夫がいっぱい!

止まったますに書かれている指示にしたがってことばあそびを楽しみながらゴールを目指す「ことばあそび わくわくすごろく」。家族や友だちと遊びながら、ことばへの興味を引き出します。ぜひ資料をご請求いただき、取り組んでみてください。

「ひらがなさいころ」で、1文字に1音対応することを体感!

付属の4面の「ひらがなさいころ」を使用

付属の「ひらがなさいころ」を振って、出た面に書かれた単語の文字数の分だけますを進みます。「ひらがなさいころ」は、「き(1文字)」「ねこ(2文字)」「きつね(3文字)」「にわとり(4文字)」の4面。「き」が出たら、「き」と言いながら1ます進み、「ねこ」が出たら、「ね」と言って1ます、「こ」と言ってもう1ます進みます。文字を声に出しながら、文字数の分だけますを進むことで、1文字に1音が対応することを体感します。

幼児期のお子さまは、単語を「ねこ」という1つのまとまりとして理解し、「ね・こ」と2つの文字を組み合わせたものとは認識していないことが多くあります。ひらがなやことばの学習を本格的に始める前に、「ね・こ」と単語を1音1音に分解し、1つの音に1つの文字が対応することを理解しておくことで、その後の学習をスムーズに進めることができます。


こまには自分の名前の1文字を記入!

付属のこまに、自分の名前の最初の1文字を書いて使います。

お子さまは、身近な人や好きなものの名前から文字に関心をもち始めます。自分、家族、友だちの名前の文字をこまとすることで、ひらがなに関心をもたせます。

楽しいことばあそびで語彙が増える!

止まったますでことばあそびに挑戦!

すごろくのますには、指示が書かれています。同じ文字で始まることばを複数考えたり、反対のことば(対義語)を考えたり、動物の鳴き声やものの音(擬音語)をまねしたり、……。止まったますに書かれた指示を実際にやっていくことで、語彙を増やし、ひらがなやことばを学ぶ楽しさを知ることができます。

指示には、「歌をうたう」「動物の動きをまねる」など、小さなお子さまから大人まで楽しめるものも。すごろくの勝ち負けにあまりこだわらずに、ご家族や友だちみんなでことばあそびを楽しみましょう。

すでにこのすごろくを受け取られた方からは、「子どもが自分から『すごろくやろう!』と言って持ってくるので、何度も遊んでいる」とのお声をいただきました。繰り返し遊ぶことで、自然に語彙を増やし、ひらがなやことばへの興味を引き出す「ことばあそび わくわくすごろく」。みなさんも是非体験してみませんか?

キャンペーン期間は2月20日(火)まで!
以下の
「資料を請求する」ボタンよりお早めにお申し込みください。

お問い合わせ

会員サイトでのお問い合わせ

Z会MyPage

ログインにお困りの方はこちら

お電話でのお問い合わせ

入会をご検討中の方

通話料無料

0120-79-8739

受付時間
月曜日〜土曜日 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

会員の方

通話料無料

0120-35-1039

受付時間
月曜日〜土曜日 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)