自分のアイディアを形にする3日間

Enjoy yourself!

膨大な情報量と、複雑な事象、そして間断ない変化の時代。
自分の考えを導き出すため、またそれらを具体的な形に表現するため、そしてそうした時代を楽しむために、プログラミングは適切なツールです。

【Z会プログラミング講座】では、プログラミングを「楽しむ」ための春期講習を開催します。

アプリ開発 春期セミナー with Make School」では、「表現するためのツール」としてのプログラミングを学び、体験します。
アプリ開発を体験してみたい方は、ぜひご受講ください。

Make Schoolとの提携について

「アプリ開発 春期セミナー」は、アメリカのプログラミングスクール「Make School」と提携し、「Z会プログラミング講座 アプリ開発 春期セミナー with Make School」として開講したします。
教材やカリキュラム等に Make School の協力を得て、さらに充実した内容となりました!
(教材・講義はすべて日本語です)

Make School とは
プログラミング教育を始めとして、実践的コンピュータサイエンス教育を提供する
サンフランシスコ発のプロダクトプログラミングスクール。
社会に潜む課題を解決するプロダクトを創りあげる人材を育てることがミッション。
サンフランシスコ本社を中心に世界中でクラスを開講しています。
卒業生はMITやスタンフォードを始めとしたトップスクール、
GoogleやFacebook等のトップ企業、スタートアップ等それぞれの道へ飛び立っています。

Make Schoolからのメッセージ

Make Schoolコミュニティの中に、"Design, Code, Launch" という言葉があります。

これは、アプリなどのプロダクトを "Design (デザイン、企画)" し、"Code (コード、プログラミング)" して実際に作り、"Launch (ローンチ、世の中に送り出す)" という意味です。なぜこの言葉を大切にしているかというと、プログラミングは手段にすぎず、プロダクトを作り出すことが重要だということをみんなで共有するためです。

プログラミングを学んで満足してしまうことが度々あります。しかし、プログラミングを知っているというだけでは足りません。
その学んだ知識を使って、自分のデザインしたアイディアを形にできるというクリエイティビティが必要なのです。世界中で活躍するエンジニアたちはそれを習得しています。

Make Schoolではそれを中高生の皆さんにも学んでほしい、という想いがあります。
春期セミナーは、3日間という短い期間の中で、少しでもそのエッセンスを吸収してもらうためのクラスです。
そして、知識を吸収するだけではなく、学んだことを活かして自分のアイディアを形にする楽しさを体験してください。

Enjoy creating!

Swift(プログラミング言語)を使用したアプリ開発を体験します。
プログラミングの基本を学びつつ、簡単なアプリを開発し、最終日には発表していただきます。

実施要項

■対象: 新中学1年生〜現高校3年生

  • アプリ開発を学びたい方
※プログラミングの経験がない方も歓迎です。

■スケジュール: 7時間×3日間

 3月26日(月)-28日(水) 9:00-17:00
 ※最終日には17時から1時間程度の発表会を予定しています。

■受講料: 60,000円(税込)

※Mac PC レンタル料(希望者) 別途9,000円(税込)

■会場: Z会御茶ノ水ビル



大きな地図で見る


〒101-0041
千代田区神田須田町1-2-3
Z会御茶ノ水ビル

◎東京メトロ丸ノ内線淡路町駅A2出口より徒歩1分
◎都営新宿線小川町駅A2出口より徒歩1分
◎東京メトロ千代田線新御茶ノ水駅A4出口より徒歩2分
◎JR神田駅西口より徒歩7分
◎JR秋葉原駅電気街口より徒歩7分
◎JR御茶ノ水駅聖橋口より徒歩9分

■申込受付方法

ご受講をご希望の方は、下記よりお申し込みください。

■申込締切

3/12(月) 17:00締切

Enjoy programming!

表現することを楽しむ」ための「アプリ開発 春期セミナー with Make School」の前に、「考えることを楽しむ」ための春期講習「アルゴリズム入門」をオススメします!
「プログラミングを楽しむ」ために、両方のご受講をご検討ください!

【Z会プログラミング講座】春期講習「アルゴリズム入門」

<お電話でのお問い合わせ先>

◆Z会プログラミング事務局
通話料無料・フリーダイヤル
0120-83-0022
※月曜〜金曜 10:00〜12:00、13:00〜18:00
(年末年始を除く、祝日も受付)
お問い合わせの際は、「講座名」「お名前」「ご用件」の3点を最初にお知らせください。
なお、メールでもお問い合わせを承っております。上記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。