基盤学力アセスメントシリーズ LIPHARE 英語CAN-DOテスト基盤学力アセスメントシリーズ LIPHARE 英語CAN-DOテスト

試験の種類と選び方

「英語CAN-DOテスト」はレベル1~4の4つのレベルで、小学生~大学生・社会人までの英語力の伸びを幅広く測定することができます。主に小学生を対象とした「レベル1」、主に中学生を対象とした「レベル2」、主に中学生~高校生を対象とした「レベル3」、主に高校生~大学生・社会人を対象とした「レベル4」があります。

試験概要

レベル1 レベル2 レベル3 レベル4
対象 小学5年生~中学1年生 主に中学生 主に中学生~高校生 主に高校生~大学生・社会人
測定範囲 CEFR Below A1~A1 CEFR A1~A2 CEFR A2~B1 CEFR B1~B2
測定分野 Listening / Reading / Speaking / Vocabulary Listening / Reading / Speaking / Writing / Vocabulary / Grammar
回数 年1回 年2回(年1回から受験可)
試験方法 CBT(対応デバイスがあれば、学校でも自宅でも受験可)
PBT(SpeakingはCBTのみの実施となります)
解答時間 40分 50分 90分 90分
解答形式 Speaking:PC・タブレットでの録音形式
Writing:記述式(CBTの場合はタイピング)
上記以外の分野:記号選択式
問題分量 Listening / Reading : 10問程度
Speaking : 2~4問
Writing : 1~2問
Vocabulary / Grammar : 各10問
評価方法 記号選択式:自動採点
録音・記述式:専門評価者による評価
対応デバイス(CBT) タブレット(iPad OS:iOS9.0以降、Android OS:5.0以降)
PC(Windows Win7/8.1/10)
※iOSのタブレットでご受験の場合、専用アプリ(無料)のインストールが必要です。
※スピーキングテストはAndroidタブレットではご受験いただけません。
※スピーキングテストはPC・タブレットの内蔵マイク、またはマイク付ヘッドフォンのどちらでもご受験いただけます(ただし、デスクトップPCをお使いの場合、マイク付ヘッドフォンが必須となります)。

※レベル2,3は2018年4月よりご受験いただけます。レベル1,4のリリース時期は、2018年夏を予定しています。