簿記3級試験 受験報告

キャリアアップコース宣伝スタッフのYです。
今日は第149回日商簿記検定試験の2級、3級の合格発表日です。
実は私、6月10日に実施された簿記3級試験に挑戦していました。

簿記3級を受験しようと思い立ったのは4月中旬。
まずは、6月10日の試験を申し込み、
その勢いでキャリアアップコースの簿記3級を申し込みました。

テキスト、問題冊子、解答解説冊子を手に入れ、
後はスケジュールを立てて勉強するだけという快調な出だし。
それから3ヵ月後。

合格者の受験番号を何度も見たのですが、残念なことに私の受験番号はありませんでした。

「忙しい」という言葉を、
「めんどくさい」という意味で使っていたこと、
忙しくて勉強する暇がない…わりには、プライベートの予定をたくさん入れていたこと、
明日からがんばると言い続けて、試験前夜になってしまったこと、
反省する点はたくさんあります。

今回の受験での反省点

・朝、2度寝をしてしまい、開始時間ぎりぎりに試験会場に到着。

・解答用紙の折ってある部分にミシン線が入っていて、
切り離せるようになっており、
試験が開始されると、
回りの人たちはその解答用紙を切り離し始めました。
「え?なにそれ、切り離すの?」⇒試験のお作法もわかっていなかった。

・計算用紙として白い紙を配られましたが、
ごちゃごちゃ書いていたので、
最終的にどれを解答用紙に書くのかわからなくなり、慌てました。
家で学習するときは、計算用紙を贅沢に使っていたので、
A4サイズ1枚の裏表で足りるように使用する練習をしていませんでした。

・模擬テストと同様の形式で出題されていたので、
これはできるかもしれないっと意気揚々と問題に取り組みましたが、
30分が経過した段階で、試験時間中に答案用紙を全て埋めることはムリだと実感。
試験の基本の「時間配分を考えて進める」ことをまったくやっていませんでした。

************************************
試験中は、わかったようなつもりになっていたところが多々あり、
しっかり復習しておかなければ、
本番では実力を発揮できないことを久々に思い出しました。
そういえば、試験を受けるのなんて○○年ぶり。

そんなダメ受験者だったのですが、
やってみようと思った気持ちを無駄にしたくないので、
今回の反省点を活かして、次回11月18日の試験に挑戦します。
Z会簿記講座のマイページは、
学習スケジュールを立て直すことができますので、
もう一度スケジュールを立て直して、
今回は余裕を持って取り組もうと思います。

なお、現在、Z会キャリアアップコースの簿記2級、簿記パック[2級+3級]講座では、
7月31日まで受講料10%OFFキャンペーンを実施中です。

11月の試験を目指そうと思っている方、まだ十分間に合います。一緒にがんばりましょう。