2019年度 大学院
13/28

11第3章 総合論述問題(13題)Part1:心理臨床・理論編心理学の科学性他者の存在と人間のアイデンティティ心理療法による「不安」のとらえ方の違い純粋性と逆転移との関連軽度発達障害児に対する心理的援助の動向Part2:心理臨床・実践編心理療法における「限界」臨床心理士の職業倫理テスト・バッテリー不登校のとらえ方事例:受理面接でクライエントが不安を訴えた場合事例:関係者間で言い分が食い違う場合Part3:統計編観察法と質問紙法における信頼性代表値の種類とその使い分け第1章 基礎タームの解説(用語説明問題対応)Part1:科学と人間の努力としての心理学Part6:パーソナリティの個性Part2:生物学的・発達的過程Part7:ストレス、精神病理、治療Part3:意識と知覚Part8:社会的行動Part4:学習、記憶、思考Appendix:統計的方法と測定Part5:動機づけと情動章末付録第2章 論述問題(31題)※一部抜粋Part1:臨床心理学総論臨床心理学の学際性臨床心理学全般Part2:心理臨床家とは心理臨床家の義務と役割Part3:心理面接における諸問題個人心理面接と集団心理面接受理面接における留意点親子並行面接の意義Part4:心理療法各論カーンバーグの人格構造論行動療法・認知行動療法の技法身体症状へのアプローチ法遊戯療法の効用とセラピストの役割学習の流れカリキュラムまずは心理学知識を「点」レベルでインプット「点」レベルの知識をつなげて「線」や「立体」へ頻出知識を出題形式に応じて効率的にインプット第1章では、重要な心理学タームを「基礎ターム」として厳選し、明確に分類して掲載。まずはこの「基礎ターム」を「点」レベルでインプットし、数行で説明できるようにしていきます。第2章以降では、実際の入試問題や解説・解答例を掲載。「点」レベルの知識をさらにつなげて「線」や「立体」にすることが求められる「論述問題」「総合論述問題」の解答方法を無理なく習得できます。各出題形式で頻出のテーマやタームを出題形式別にもりこんでいるため、心理学知識を効率的にインプットできます。テキスト|心理系大学院専門科目心理専門Step Master心理系大学院心理系大学院専門科目

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る