公認会計士 今から始めるメリットとは?

Z会公認会計士講座では、
2月1日お申込受付分より、
スタートダッシュキャンペーンが始まります。
2月28日までのキャンペーン期間中は、
通常受講料775,000円が、
8%オフの713,000円*に!
なんと63,000円もお得です。
*Z会現・退会員の方はZ会会員価格(697,500円)となります。
Z会会員価格にはキャンペーン価格の設定はございません。

8%オフは大きいですよね。

お父さん、お母さんを
新宿からロマンスカーで、
箱根の温泉旅館1泊2日の旅にご招待。
初めての親孝行ができるくらいの金額です。
(東京在住20代の場合)

ただ、2021年合格に向けて、
今から受験勉強を始めるメリットは、
お得な受講料だけではありません。

早期入会特典、「企業法」の先取り学習
あとあと効いてくるのです。

Z会公認会計士講座は、
会計の学習は初めて、という方を対象に
カリキュラムを組んでいます。

開講当初は会計の基礎を確実に固めます。
そこで、財務会計論[計算](=簿記)を学びます。
財務会計論は公認会計士試験対策のベースですね。
4月から6月くらいまでは授業進度もゆっくりです。

受験勉強が生活の一部になる夏以降、
財務会計論の学習も本格化します。

そして、9月に入ると、財務会計論の他に、
管理会計論や企業法の学習が加わり、
勉強時間も毎日2~3時間、という状態になります。
ここをいかに乗り切るかが勝負の分かれ目です。

学習量が増える秋以降のカリキュラムの中でも、
企業法だけは法律科目なので、
会計の学習とは並行して取り組めます。

そこで、
企業法の学習のうち、
入門・基礎マスターの前半部分にあたる
14回分(全22回)の講義を
早期入会特典としてお届けすることにしました。

この部分の学習を、
講座本体の企業法の学習が始まるまでの間に
計画的に取り組めれば、
秋以降、相当な余裕が生まれます。

(講義受講だけで約40時間、
復習も入れれば約120時間程度の学習時間)

これだけのアドバンテージがあれば、
受験勉強の正念場も楽々クリアというわけです。

公認会計士受験をお考えであれば、
この機会に始めましょう!