公認会計士講座、入門講義中間点通過中

先週は4月なのに凍えそうな寒さでしたが、
Z会のある、ここ、静岡県三島市では、
昨日から春らしい穏やかな陽気が続いています。
気持ちのいい季節になりましたね。

ただ、この時期、
公認会計士の先生はのんびりしていられません。

日本では3月決算の企業が多く、
そうした企業では
3月31日までの残高を集計して決算整理をし、
4月後半には
公認会計士による監査が始まる、
というタイミングです。

講師の先生も現役の公認会計士です。
4月2日収録の講義の中では、
3月31日は棚卸立会、
4月1日には実査があったと
おっしゃっており、
今は大変忙しい様子でした。

先生、何のお手伝いもできませんが
がんばってください。
(心の中で応援しています)

さて、4月1日に開講した
公認会計士講座は、
15日(月)に4コマ目の講義となる
財務会計論(計算)入門Ⅰ第4回を配信しました。
18日(木)は、第5回を配信の予定です。

財務会計論(計算)入門Ⅰでは、
財務会計論の基礎ということで、
日商簿記3級レベルの知識を学びます。
第4回では、
当座借越契約やクレジット売掛金、手形の学習をしました。

今はまだ、会計が初めてという方にも
無理なくついていける内容です。

財務会計論(計算)入門Ⅰの講義は全部で10回なので、
今週の講義でちょうど半分まで来ることになります。
このあとは連休前の4月25日に第7回まで進みます。

ところで、今年は10連休です。

公認会計士講座の講義は1コマ3時間なので、
復習まで含めてしっかりと取り組むとなると、
どうしても1日1コマのペースになりますが、
今から始めるとしたら、
連休中に集中的に取り組めて、
ちょうどいいですよね。

さらに、
公認会計士講座はただ今、
スタートダッシュキャンペーン中です。
Webからのお申込に限り、受講料は6%off

2021年公認会計士合格を目指しているあなた、
この機会をお見逃しなく。