秋季公務員講座、合格を可能にするカリキュラム

言いたかないですけど、本当に暑いです。
こんにちは、公務員講座担当の石渡です。

みなさん、へばっていないですか。
無理せず、
十分な睡眠と栄養を取ってこの夏を乗り切りましょうね。

さて、Z会公務員講座では、8月より秋季講座を開講します。
まだこれから夏本番だろっ、というツッコミはなしです。

公務員試験対策的には、8月からは後半戦。
来年受験講座は3月からスタートしているので、
今から始めるのは5カ月の遅れがあります。

そこで、これから始める短期集中講座が
秋季公務員講座、というわけです。

対策期間が短い条件で合格するためのポイントは、
専門試験対策をいかに効率よく進めるか。

Z会公務員講座は、通信教育専門なので、
受講生の学習負担を減らすために、
これまでも学習内容を精選してきました。

専門試験対策では、
多くの試験に出て、出題数の多い科目を主要科目、
それ以外は副科目として
メリハリをつけたカリキュラムを作ってきました。
他の受験予備校のカリキュラムや学習時間と比べると、
かなり少ないはずですよ。

秋季講座では、さらに絞りました。
専門試験対策は主要科目のみとしました。
[2019年合格目標]秋季地方上級・国家一般職本科/
秋季東京都・地方上級本科の場合
憲法、民法、行政法、
ミクロ経済学、マクロ経済学、財政学、
政治学
だけです。

ここまで絞っても、国家一般職(行政)、特別区Ⅰ類事務
の必要解答数は網羅しますし、
地方上級でも、選択解答制の関東型や中部北陸型だと、
時事対策を加えて、必要解答数の9割近くをカバーします。
合格目標得点は解答数の7~8割正解ですから、十分届きます。

科目を絞って集中的に学習することで正答率を上げ、
合格点を獲得するという受験戦略です。

秋季地方上級・国家一般職本科の標準学習時間は
約430時間。
8月から始めて3月末までに一通り終わらせるとして
学習期間は8カ月。
そうすると、1カ月あたりの学習時間は54時間。
月4週として、1週あたりの学習時間は14時間弱。
1日平均2時間の勉強で十分間に合います。

公務員ちょっといいかもって、思っているあなた、
これは無理のない計画じゃないですか。

講座の詳しい内容はオフィシャルサイトで。
今回ご紹介したのは、次の講座です。
秋季 地方上級・国家一般職本科 (2019年合格目標)
※講座名をクリックすると、講座ページに飛びます。

次回は
「秋季 東京都・地方上級本科の徹底活用」
をお届けします。
乞うご期待!

秋きぬと、目にはさやかに見えねども、風の音にぞおどろかれぬる
古今集巻4.秋歌上 藤原敏行朝臣 秋立つ日よめる
(今年の立秋は8/7。じゃあ、秋で合ってるじゃん)