公務員試験対策、今やるべきことは?

こんにちは。
Z会公務員講座担当の石渡です。
この週末はお花見!と浮かれていましたが、
今朝はちょっと寒いですね。
大丈夫かなあ。

さて、3月も終わり、週が明けると4月です。
新年度スタートですね。
公務員講座は3月から始まりましたが、
本格的に始まるのは4月から、
という感じです。

この時期、講座の学習では、
教養試験対策としては、数的処理
専門試験対策としては、憲法
に取り組みます。

数的処理は、教養試験の中で出題数が多く、
また、公務員試験独自の課題であることから、
やればやっただけ得点力向上が期待でき、
費用対効果の高い科目です。

憲法は出題数が多いわけではないですが、
公務員である以上、憲法の理解は必須です。
行政・事務区分での受験を目指すなら、
専門試験対策として、まずは憲法、というわけです。

そして。
公務員試験受験生に、
この時期に取り組んでいただきたいのが、
TOEICを始めとする英語試験の挑戦です。

英語試験のスコアは、
国家公務員総合職の場合、加点対象になります。
TOEIC(L&R)なら
600以上で15点、730以上で25点加算されます。
ちなみに、平成30年の大卒法律区分の結果を見ると、
1次合格点が216点、最終合格点は533点ですから、
15点、25点の加算というのは相当大きいですよね。

国家公務員総合職のように、加算を明示していなくても、
ほぼ全ての採用試験の面接カードには、
英語試験の点数記入欄や、特技欄があります。

記入欄を空欄のままで出願するのは避けたいですね。

ですから、まだ時間に余裕がある今、
英語の勉強をがんばろう、ということなのです。

Z会キャリアアップコースでは、
2020年の公務員試験に間に合うように
TOEIC講座、TOEFL講座
公務員講座受講生限定優待受講を始めました。
※受講生限定なので、
オフィシャルサイト等でお知らせしていません。
悪しからず。

公務員試験では、
教養試験で英文読解が出題の1割程度を占めますし、
国家公務員一般職行政区分の専門試験では、
選択8科目のうち英語で2科目を選ぶことができます。

この機会に公務員試験対策と合わせて
英語試験の勉強も、Z会で始めてみませんか。

公務員講座では、ただ今
受講料10%offのキャンペーン中です。
3月31日まで、WEB申込限定。
4月1日から割引率が変わります。
この機会にZ会公務員講座を始めましょう。

公務員講座、キャンペーンの詳細はこちら
※こちらをクリックすると公務員講座のページに飛びます。