2018年合格目標講座

試験種 国家総合(法律)・地方上級併願本科
国家総合職(教養)        
衆議院法制局 1          
国家総合職 2        
警視庁警察官
参議院法制局          
衆議院事務局(総合) 2          
警察官
衆議院事務局(一般) 2 2     2    
国立国会図書館(総合・一般) 3 3     3    
参議院事務局(総合職) 4          
国家専門職 5 5   5 5    
裁判所職員(総合)          
裁判所職員(一般)   6    
東京都I類B  
特別区I類 7
警視庁職員I類  
国家一般職 7
地方上級(県・政令市) 7
市役所 7
国立大学法人等
◎ 完全対応
○ 専門試験は別途対策が必要
◇1 1次専門に経済学・財政学あり。
◇2 1次専門に英語、行政学等あり。
◇3 2次に英語記述試験あり。別途対策が必要。
◇4 1次専門で1科目分(5問)別途対策。
◇5 試験により1科目程度必要なものをオプション受講。
◇6 別途、憲法記述対策が必要。
◇7 専門試験対策に4科目程度オプション受講。

2019年合格目標講座

試験種 東京(都庁・特別区)地方上級2年本科
国家総合職(教養)    
衆議院法制局    
国家総合職    
警視庁警察官
参議院法制局    
衆議院事務局(総合) 1    
警察官
衆議院事務局(一般) 1 4 1
国立国会図書館(総合・一般) 2   2
参議院事務局(総合職)    
国家専門職 3 3 3
裁判所職員(総合)    
裁判所職員(一般) 5
東京都I類B 6
特別区I類
警視庁職員I類 6
国家一般職
地方上級(県・政令市)
市役所
国立大学法人等
◎ 完全対応
◇1 1次専門に英語・行政学等あり。
◇2 2次に英語記述試験あり。別途対策が必要。
◇3 試験により1科目程度必要なものをオプション受講。
◇4 1次専門に英語、2次専門に記述対策が必要(2科目)。
◇5 別途、憲法記述対策が必要。
◇6 別途、専門記述対策が必要(3科目)。