東京都・地方上級2年本科 2つの特長

特長【1】必要十分な学習

志望先最終合格に到達できるカリキュラム

志望先最終合格に必要な科目を厳選。初学者が学ぶことを前提にした講義・教材。

公務員試験に合格するには、多くの科目を習得し、さまざまな試験に対応できる力をつけなければなりません。だからこそ、効果的に取り組むためには、目指す試験に応じて必要な科目、必要な教材を厳選して取り組む必要があります。Z会×TAC公務員講座では、筆記対策から面接対策まで、目標とする試験に応じて合格に必要なものをコンパクトにまとめました。

東京都と併願先とのダブル合格に必要な対策に絞り込んだカリキュラム

東京都I類B(行政)の一次専門試験は3科目選択解答の記述型試験です。そこで、専門試験対策は、記述対策まで続く主要7科目と、受験先に応じて取捨選択できる選択8科目をメリハリをつけて取り組みます。

  • 基本講義・基本演習・選択科目:地方上級・国家一般職2年本科と同一カリキュラムに取り組む
  • 記述対策(2年目):本番で選択する科目に絞って徹底的に取り組む(専門記述対策テキスト+提出課題)

 

 

 

信頼と実績のTAC公務員講座教材・講義

本講座はこれまで多くの公務員最終合格者(2017年度地方公務員3,078名、国家公務員2,900名)※を輩出したTAC公務員講座の教材と講師による講義をお届けします。地方上級・国家一般職本科を例に、主要教材と講義をご紹介します。
※2017年度公務員講座生(※1)最終合格者延べ人数(※2)。2018年1月31日時点で、調査にご協力いただいた方の人数になります。
※1 公務員講座生とは公務員試験対策講座において、目標年度に合格するために必要と考えられる、講義、演習、論文対策、面接対策等をパッケージ化したカリキュラムのTAC / Wセミナー受講生、ならびに、Z会×TAC公務員講座の受講生です。単科講座や公開模試のみのTAC / Wセミナー受講生は含まれておりません。
※2 同一の方が複数の試験種に合格している場合は、それぞれの試験種に最終合格者としてカウントしています。(実合格者数は3,362名です。)

 

必要な内容を分かりやすく解説-合格を勝ち取るための基本書-

基本テキストであるVテキスト(通称「Vテキ」)は、初めて学習する方でも無理なく理解できる「分かりやすさ」を追求しています。重要箇所はもちろん、最新の試験傾向も盛り込み、カラーのイラスト・資料・図解を用いた解説も充実しています。

 

身につけた知識を合格力に換える-過去問ベースのオリジナル問題集-

V問題集(通称「V問」)は、基本テキスト「Vテキスト」に完全準拠の問題集です。収録されている問題は、直近の本試験問題も含めた過去問がベースです。過去問中心の問題演習を日常的に行うことで、合格レベルの実力を自然と養います。

 

基本演習-科目ごとに到達度を確認-

一通りの学習を終えた後は、科目ごとに理解度をチェックするために、基本演習を行います。演習結果は、TAC WEB SCHOOL(TAC WEB通信専用ページ)から詳細な成績表にしてお返しするので、あなた自身の実力を正確に把握できます。

 

ポイントを絞った1回30分の動画講義

地方上級や国家一般職(行政)の専門試験は、法律、経済学をはじめ多くの科目が出題されます。だから誰にとっても初めて学ぶ科目が必ずあります。そこで、本講座の講義では、一人では理解が難しいポイントを取り上げてわかりやすく説明します。だから、初学者でもしっかり取り組め、必要な実力が身につきます。また、1回の講義時間は約30分なので、どんなに忙しい時期でも継続して取り組むことができます。

 

着実に進める面接・論文対策

 

すぐに始める面接対策(Webテキスト)

最終的な合否を決めるのは二次以降の人物試験(面接試験、論文試験)です。一般的な公務員試験対策では直前期まで一次の筆記試験対策を行いますが、本講座では、一朝一夕では実力がつかない人物試験対策に着実に取り組むため、受講開始時から対策を始めます。面接試験で自分自身を正しくアピールするために、受講期間を通じて自己分析シートに取り組み、あなた自身のセルフイメージを豊かに言語化します。直前期には「エントリーシート添削」※を通じて、本試験受験申込の際に提出するエントリーシートに記載する内容をブラッシュアップします。
※Z会マイページを通じたWeb添削

 

最新の面接試験情報・ 論文試験情報

2020年までの間に公務員試験に挑戦した多数のTAC公務員講座受講生から寄せられた試験情報を元に論文試験対策教材(2020年10月頃にお届け)・面接試験対策教材(2021年春頃にお届け)を作成します。近年ますます重視されてきた論文試験、面接試験も最新情報を踏まえた学習で乗り越えましょう。

 

 

添削指導で論文作成力を合格レベルに引き上げる

論文試験は自学自習が難しいものですが、 本講座では、合格答案を書くために必要な知識や テクニックを学ぶテキストと添削指導で、 受講生の合格答案作成能力を養成していきます。
※提出していただいた答案は通常2週間程度で返却いたします。 提出される答案の集中する時期(12月~ 4月頃)はやむを得ず2週間以上のお時間をいただく場合がございます。

 

特長【2】最後まで続けられる

いつでも寄り添う担当アドバイザー

 

講座の学習を始めたとき⇒担当アドバイザーからメールが届きます。

会員専用のWebページ(Z会マイページ)であなたの学習スケジュールを設定します。 もし、初めてで設定のしかたが分からない、という場合には、Z会マイページにある相談窓口「マイ相談ルーム」から、担当アドバイザーに相談してください。あなたに合った学習スケジュールが設定できます。

 

初めてわからない問題にぶつかったとき⇒あなたの学習をダブルサポート!

講座の課題に取り組む中で、学習内容や公務員試験に関する疑問が出てきたときには、Z会マイページの「マイ相談ルーム」、TACの会員専用WebページTAC WEB SCHOOLの「質問メール」から相談してください。いつでも何回でも質問できます(質問回数は無制限です)。疑問点や不明な点はすぐに解決しましょう。

  • TAC WEB SCHOOL「質問メール」:TACの講師・受験アドバイザーが主に学習内容についてお答えします。 ※2週間以内に回答します。
  • Z会マイページ「マイ相談ルーム」:担当アドバイザーが主に試験情報・受験対策についてお答えします。
    ※約5日程度で回答します。

 

受験先を具体的に考え始めたとき⇒最新の試験情報は「公務員メルマガ」でご紹介。

公務員試験対策も後半期に入ってくると、そろそろ志望先の採用情報や試験情報が明らかになってきます。公務員試験では試験日程や試験内容の変更がよくありますが、そうした試験情報は担当アドバイザーが「公務員メルマガ」で紹介します。また、志望する自治体や機関の採用試験情報を知りたいときには、「マイ相談ルーム」「質問メール」でいつでも質問することができます。

 

人物試験(面接・論文)対策・弱点対策にも対応

最終的な合否を左右する人物試験(面接試験、論文試験)は、事前に十分な準備を整え、自信をもって本番に臨んでいただけるように、学習段階に応じた教材をお届けします。また、今年度より、担当アドバイザーによるチュートリアル講義で、自己分析・志望先研究といった面接試験対策や、論文試験答案の書き方や論文試験の主要テーマの学び方を指導します。なお、受講生から寄せられた学習相談に対する回答や公務員試験情報も、解説講義としてタイムリーにお届けし、受講生全体で共有していく予定です。

 

独学の不安解消!チュートリアル講義

効果的な学習の進め方を伝授します。

公務員(行政・事務区分)試験の一次筆記試験(教養試験、専門試験)は、出題範囲が広く、対策に時間がかかります。ただ、最終的な合否は人物試験(面接・論文)で決まるので、効率的に取り組むことがポイントです。チュートリアル講義では、受講開始時から本試験直前のタイミングまで、時期に応じた効果的な学習法をお伝えします。

 

自信を持って面接試験・論文試験に臨める準備をします。

自学自習だと対策が難しい人物試験(面接・論文)対策では、面接試験での自己PR、論文試験での論述を、豊かで芯の通ったものにできるよう、講座の学習初期から、自己分析、志望先研究の進め方を指導します。

 

つまずきのポイントに焦点をあててフォローします。

数的処理、ミクロ経済学、マクロ経済学など、受験生の多くが苦手とする科目では質問が多数寄せられます。他の受講生にとってもつまずきの種となるような疑問点は、弱点補強講義として、理解のポイントを詳しく解説します。

 

チュートリアル講義公開

ただ今配信中のチュートリアル講義の一部を公開しています。

 

あなただけの学習スケジュール

 

あなたに合わせて取り組める 学習スケジュール管理

何をやらなくてはいけないのか、どこまで進んでいるのか。計画の設定と進捗のチェック、つまり学習スケジュール管理は、公務員採用試験に挑むあなたにとって、合否を分ける最大のポイントです。 Z会×TAC公務員講座では、受講生一人ひとりに専用のWebページ(マイページ)をご用意し、このマイページで学習スケジュール管理を行います。学習スケジュールの設定はあなたの生活に合わせて自由自在。あとはマイページに示された課題をこなしていくだけです。

 

いつでも再設定できる だから最後までできる

学習スケジュールは、講座の学習をスタートしたその日から、終了予定週までの間を週単位で設定します。たとえば、試験期間は休みにしたり、長期休暇には集中して取り組んだりなど、簡単にカスタマイズすることができます。また、急な用件が入ったり、体調を崩したりして講座の学習に取り組めず遅れが出たとしても、それ以降終了予定週までの学習スケジュールを最適な形にして再設定できます。だから通信教育でも最後まで続けられるのです。

 

 

 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコースカスタマーセンター】

0120-919-996
月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始を除く、祝日も受付)

インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等

【Z会テクニカルサポートセンター】

0120-636-322
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

メールでのお問い合わせ

講座内容やお申し込みに関するご質問の方は、
お問い合わせフォームをご利用ください。