仕事にやりがいを感じながら、家族との時間を大切にする父の姿を見て、自分も公務員を目指しました。

仕事にやりがいを感じながら、家族との時間を大切にする父の姿を見て、自分も公務員を目指しました。

【2018年合格】
国税専門官

杉山 大貴さん

関西大学 法学部 法学政治学科

「地方上級・国家一般職本科 2018年合格目標講座」を受講(2017年6月〜)

自分のペースで進められる、何度も見返せるという利点で受講しました。

私が公務員を目指した理由は、家族との時間を大切にする父の姿を見たからです。父は公務員で、毎年夏と冬には家族を連れて旅行に行くことを恒例行事としていました。大学3回生になり、進路に迷っていた時に父が「公務員は休みがきちんと取れる福利厚生の整ったとてもいい職業だし、やりがいもあるし、そして何より家族との時間を大切にできる」と話してくれました。私も将来、家庭を持った際には家族との時間を大切にできる父のような立派な父親に、そして、公務員になりたいと思うようになりました。
 
受講を決定する以前は、公務員試験に対する知識もなく何から始めたらいいのかわかりませんでした。公務員試験の参考書を集めて満足していたぐらいのもので、各科目に対するアプローチが全くできていませんでした。面接対策については志望先が決まっていたので、少しずつ対策を始めていましたが、試験を通過しないことには意味がないので、3回生になったタイミングで勉強を始めようと考えました。
 
勉強に対するモチベーションがなかなか上がらず、気がついたらだいぶたってしまいした。悔やんでいても仕方がないので、早急に受講を決意し、対策を始めました。学内講座や大手予備校を見て回りましたが、自分のペースで学習を進められることや、何度も授業を見返せるという利点からZ会の講座を受講しました。
 

模試の結果で反省し、学習時間を増やし、苦手科目の克服を意識しながら進めました。

講座の学習を開始したのは大学3回生の6月からでした。具体的な学習法・勉強法としては、映像授業で知識のインプットを一通り行った後に、参考書や過去問を使ってアウトプットを行うといったいたってシンプルなものでした。1日の勉強時間は、最初のころは3〜4時間と非常に短かったのですが、模試の結果を受けて、これではいけないと反省し、年始からは10時間を目安にひたすら苦手科目の克服を意識して学習を進めました。
 
当時、まだ大学の単位取得、ゼミ発表、インターンシップに参加などの理由で帰宅が遅く、勉強開始は夕食後から就寝までの間の時間でした。年始からは、朝から忘れている単元の再確認(インプット)とアウトプットを重点的にやりました。休日は家族がいるので、近所の図書館で開館から閉館まで勉強していました。
 
勉強のモチベーションが下がってしまった時には、一度勉強をストップして、自分がやりたいことを優先して、終わった後、再び勉強に戻るといったメリハリを大切にしていました。また、自分が志望している自治体や官庁に足を運んで再び決意を固めたりもしました。
 
友人は民間志望が多く、民間企業は公務員よりも内定が決まるのが早いということもあり、極力遊びに誘わないようにしてくれたり、逆に自信を無くしているときには、連れ出して話を聞いてくれました。おそらく同じ公務員志望であれば、私の性格上、ライバル心で闘争心むき出しになってしまっていたと思うので、そういった点ではありがたかったです。一方、家族はそっと温かく見守ってくれ、生活面であらゆるサポートをしてくれました。
 

教材は、数学な苦手な私でもわかりやすい解説で重宝しました。

Z会の講座では、会員マイページで学習プランが自動設定されるので、1週間で決まった科目数だけ、無理なく勉強することができました。講座の教材は、数的処理の授業が数的推理・判断推理・資料解釈に分かれていて丁寧なのと、かつ数学が苦手な私でもわかりやすい解説で重宝しました。
 
また、映像授業がポイント解説講義になっていたため、直前期の頭の整理がスムーズにできたことです。授業の時間もそれほど長くないことから、インプットが終わった後はすぐにアウトプットをすることができました。
 
講座の教材にプラスで用いたものは、「速攻の時事」という参考書です。公務員試験では、各科目に加えて必ず時事問題が出題されるので、時事問題の対策をするときに必ず利用しました。情報収集はテキストを主に活用しました。更に踏み込んで情報を得たいときには説明会に参加して、情報を集めました。
 
勉強中苦しかったことは、先の見えない勉強をひたすら続けるということでした。試験に受かっても面接は大丈夫なのか、SPIで受験できるところの方が楽なんじゃないかと、弱気になってしまうこともありましたが、そういった時には周りの人たちを頼ることも必要だと思います。そうすることで道は開けてくると思います。
 

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

講座内容やお申し込みに関するご質問のある方は、こちらの「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコース カスタマーセンター】

0120-919-996

月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始を除く、祝日も受付)


インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等
【Z会テクニカルサポートセンター】
0120-636-322
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)