幅広い年代の人々の暮らしに関わる仕事がしたいと思い、公務員試験を受けました。

幅広い年代の人々の暮らしに関わる仕事がしたいと思い、公務員試験を受けました。

【2018年合格】
市役所

ぽんさん

茨城大学

「東京都・地方上級本科 2018年合格目標講座」を受講(2017年9月〜)

手厚い内容だったので、他の教材は使わず、この教材だけで受験しようと決めました。

もともと教員採用試験を受けて、教員になろうと思っていましたが、教員よりも幅広い年代の人々の暮らしに関わる仕事がしたいと思い、公務員試験を受けることを大学2年生ごろに決めました。また、教育学部だったので専門科目を全く勉強しておらず、それを1から勉強するのは難しいと思ったので、専門試験なしで受けられるところを受けようと決めていました。
 
通学時間が片道2時間以上かかるので、放課後に予備校に通うのは不可能だと思いましたし、周りに同じような状況の受験生たちが勉強している姿を見ると、自分と比べてしまい勉強がはかどらないと思ったので、通信教育で勉強することを決めました。
 
この通信教材を選んだ理由は、Z会とTACのコラボ教材だったことです。TACの教材の良さを聞いていたので、大学の生協で申し込みました。すごく手厚い内容だったので、他の教材は使わず、この教材だけで受験しようと決めました。体育会の部活に入っていたので、大学3年の8月まで試験の勉強ができず、9月に申し込みをして、10月ごろから勉強を始めました。
 

公務員試験は数的処理を極めることが合格への近道と思い、数的処理を毎日学習しました。

専門試験がなかったので、教養試験の勉強を何度も繰り返してやることを意識して勉強しました。公務員試験は、数的処理の占める割合が高く、数的処理を極めることが合格への近道だと思っていたので、数的処理は毎日やるようにしました。
 
通学にものすごく時間がかかるので、大学に行った際には、授業の前後に図書館で勉強して帰るようにしていました。学校がない日は、たくさん勉強することができるので、自分の部屋にこもって勉強していました。
 
友人に公務員試験を受ける人がいなかったので、心細かったこともあるのですが、教員採用試験を受ける友達や民間の就職活動をがんばっている友人もたくさんいたので、私も頑張ろうと思って勉強することができました。

勉強中、本当に自分が合格できるのかとたまに不安になることもありました。そんなときには、これから先、友達と遊ぶとき、卒業旅行のときにより楽しくなるには、合格して笑顔でいることだなと思っていたので、それを心に思いながら勉強をひたすら続けました。
 

「面接対策テキスト」のおかげで、スムーズに答えることができました。

計画を立てるのがすごく苦手だったので、必要な科目を登録すると、スケジュールを立ててくるシステムは凄く良いと思いました。少し早く進んだ週は、達成感がありましたし、少し遅れた週はもっともっと次の週に頑張らなければと、モチベーションに維持に役立ちました。
 
問題集はたくさんの問題を解くことができましたし、難易度も書いてあったのでそれぞれの難易度でどの問題が苦手なのかなと一目でわかるようになっていて、とても良かったです。ただ、問題集が厚かったので、持ち運びは大変でした。
 
面接の体験記「面接対策テキスト」も役に立ちました。体験記に掲載されている質問が本番で質問されたので、準備していた分スムーズに応えることができ、面接で1つリードすることができたかなと思っています。
 

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

講座内容やお申し込みに関するご質問のある方は、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。


お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコース カスタマーセンター】

0120-919-996

月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始を除く、祝日も受付)


インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等
【Z会テクニカルサポートセンター】
0120-636-322
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)