公務員試験入門その1(国家公務員)

こんにちは。
Z会公務員講座担当の石渡です。

今回から数回にわたり
ざっくり大まかに
公務員の区分や仕事について説明したいと思います。

来年の公務員試験受験を考えている方
ぜひ見てください。

ここでは
Z会公務員講座が主な対象としている

地方上級・国家一般職(大卒程度)
と同等レベルの試験を紹介します。

●国家公務員と地方公務員

公務員には、大きく分けて
・国家公務員
・地方公務員
の2つがあります。

●国家公務員一般職

国家公務員は国の仕事に従事します。
一般には人事院が実施する
国家公務員採用試験を受験し

官庁・機関がそれぞれに実施する
官庁訪問を経て採用となります。

したがって
国の仕事に従事するといっても
国家公務員一般職で採用された場合は
採用された官庁・機関の中で
その分野の専門家
としてのキャリアを歩みます。

そもそも官庁訪問の時点で
自分自身が働きたいと思う官庁・機関を訪問し
採用面接を受けることになるので
内定を獲得するためには
仕事に対する明確な動機が必要です。

採用後は
採用された官庁・機関の中で異動があります。
また、中央官庁のほか
全国9つに分けられた地域の中での異動です。
東北、九州といった区分になるので
福岡から名古屋といった転勤はないですが、
福岡から熊本へはある、ということです。

●国家専門職

国家公務員の中でも
財務専門官、国税専門官、労働基準監督官など
採用試験の時点で採用先の決まっている職種は
国家専門職採用試験として実施されます。

国家専門職の採用試験は
職種ごとに専門試験が若干異なりますが
国家一般職とは別の日程なので併願が可能です。

●裁判所事務官一般職

ここまでに紹介した行政(内閣)に所属する
行政官としての国家公務員以外に
司法(裁判所)で働く公務員に
裁判所事務官
があります。

裁判所事務官は希望する勤務地を管轄する
高等裁判所管内での採用になります。
採用後は約3年のローテーションで
採用された裁判所の都道府県内での異動
一般的です。

今回は国家公務員一般職を中心に
同レベルの取り組みで受験できる
国家公務員を紹介しました。

今回紹介したこと以外にも
公務員試験、あるいは受験対策について

分からないことがあれば
Z会キャリアアップコースまで相談してください。
問い合わせ窓口はこちら
*こちらをクリックすると投稿フォームに飛びます

24時間いつでも受け付けています。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコースカスタマーセンター】

0120-919-996
月〜金 午前10:00〜午後3:00
(祝日・年末年始を除く)

 

インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等

【Z会テクニカルサポートセンター】

0120-636-322

月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

 

メールでのお問い合わせ

講座内容やお申し込みに関するご質問の方は、
お問い合わせフォームをご利用ください。