自己分析の進め方

こんにちは。Z会公務員講座担当の石渡です。

今回は、Z会公務員講座で
受講生たちにお伝えしている
自己分析の進め方について
少しお話したいと思います。

ちなみに
Z会公務員講座では
講座の学習を始めたその時から
自己分析などの面接対策に取り組みます。

自己分析の目的

まず、なぜ自己分析をするのか(自己分析のゴール)と
そのために
自己分析を通じて何を達成するのか(自己分析の目的)を
確認しましょう。

自己分析のゴールは
面接試験で適切に自分をアピールし、内定を勝ち取ること
ですね。

そのために、自己分析を通じて
1. 自分自身のことを確認する
2. 自分自身のことを簡潔に表現できる
ようになることが目的となります。

自己分析でやるべきこと

自分自身のことを確認するために
まずは、今、現在の自分自身のことを書き出してみます。
具体的には以下の4つについて考えてください。
1. 自分の長所と、長所を発揮した具体的な出来事
2. 自分の短所と、短所克服のためにしていること
3. 関心・興味のあること、その理由
4. 学生(社会人)生活を通して学んだこと

長所と短所については
どんな小さなことでもよいですから
出来るだけ数多くあげてください。
それぞれ10個を目標にあげてみましょう。
また、独りで考えるだけではなく
家族や友人など周りの人にも聞いてください。
ふだん意識していない自分自身が
見つかるかもしれません。

ところで、面接試験では
あなたの短所を問われることもあります。
この場合
自覚していて克服できる欠点を回答します。
面接試験ですることは自己アピールです。
どうしようもない自分の弱みを
告白する必要はまったくありません。

こんな質問に適切に回答するためにも
自己分析をしっかりと積んで
自分自身のことを理解しておく必要があります。

なお、自己分析は
1回やったら終わり、というものではありません。
折に触れて振り返り
少しずつ自分に対する理解を深めてください。

志望先のことをよく知ろう

自己分析のゴールは
面接試験で適切に自分をアピールすることでした。

それには
相手が求める理想にそって
あなたのことを伝える必要があります。

受験先が求める職員像を知るためには
受験先のことを知らないといけませんね。

また、将来、働くかもしれないところのことを
よく知りもせずに受験することもできません。

受けようと思っている自治体や官庁、機関に
どんな政策課題があり
どんな事業を進めているのか
そこで働く職員に求められる資質は何か
そうしたことを事前にきちんと調べておきましょう。

志望先を知る機会として
自治体や官庁、機関は
採用説明会、業務説明会を開きます。

今年は新型コロナウイルスの感染拡大により
例年とは日程や開催方法が変更されていますが
この時期から開催されるようになります。

11/10のブログでも紹介しましたが
例えば、国家公務員では

11/28(土)にWEB公務研究セミナーが開かれます。
*クリックすると人事院のサイトに飛びます

こうした説明会への参加は
志望先研究の第一歩です。
都合をつけてぜひ参加してくださいね。

Z会公務員講座の詳細はこちら
*クリックすると公務員講座のページに飛びます

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコースカスタマーセンター】

0120-919-996
月〜金 午前10:00〜午後3:00
(祝日・年末年始を除く)
※受付時間を変更いたしました。

 

インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等

【Z会テクニカルサポートセンター】

0120-636-322

月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

 

メールでのお問い合わせ

講座内容やお申し込みに関するご質問の方は、
お問い合わせフォームをご利用ください。