完成度の高い〈研究計画書〉を書くには?


大学院に入るうえで避けて通れないのが〈研究計画書〉
〈研究計画書〉には、具体的にどのようなことを書くのでしょうか?

一例として、東京大学大学院教育学研究科の
研究計画書のフォーマットをみてみましょう[*1]。

Ⅰ.関心をもって取り組んできた研究の主題および内容
(中略)
Ⅱ.現在考えている入学後の研究の主題および内容
(中略)

2つの項目について記述することが求められていますね。

「Ⅰ.」では、卒業論文などで研究した事項を記入し、
「Ⅱ.」では、
 ・入学後に取り組みたい研究内容
 ・研究目的
 ・研究計画、研究方法
 ・研究の特色
 ・先行研究の状況
などについて記述することが求められています。

ほかの大学院でも、似たようなフォーマットで
〈研究計画書〉を作成し、提出することが求められます。


〈研究計画書〉の書き方は本でも学ぶことができます。

たとえば、
妹尾堅一郎
『研究計画書の考え方―大学院を目指す人のために』
(ダイヤモンド社、1999)
は、〈研究計画書〉を作成する際に大変参考になる本です。

こうした本を参考に〈研究計画書〉を独力で仕上げることは可能ですが、
できれば、第三者からアドバイスをもらえると
より完成度の高い〈研究計画書〉を書くことができます。

自分の周りに適切なアドバイスをしてくれる方がいない場合は、
Z会キャリアアップコースの〈研究計画書・学習計画書〉講座で
添削指導を受けるのもひとつの手です。

この講座では、
『研究計画書の考え方―大学院を目指す人のために』
の著者である妹尾堅一郎先生が執筆したテキストを活用し4回添削指導を通して、研究計画書を完成させます。

標準学習期間は3か月で、
質問はWebから気軽に、何度でも行えます。

「第三者の視点からアドバイスがほしい」
「添削指導を受けて、研究計画書の完成度を高めたい」

そんな方におすすすめの講座ですので、
気になる方はぜひ、資料請求をしてみてください。

※資料請求は、こちら
(こちら をクリックすると資料請求フォームに飛びます)

*1 東京大学大学院教育学研究科ウェブサイト. 
修士課程研究計画書のフォーマット(PDF). 2021/06/11閲覧.
http://www.p.u-tokyo.ac.jp/wp-content/uploads/2021/05/04_%E3%80%90%E4%BF%AE%E5%A3%AB%E3%80%91%E7%A0%94%E7%A9%B6%E8%A8%88%E7%94%BB%E6%9B%B8%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88.pdf


お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコースカスタマーセンター】

0120-919-996
月〜金 午前10:00〜午後3:00
(祝日・年末年始を除く)

 

インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等

【Z会テクニカルサポートセンター】

0120-636-322

月〜土 午前10:00〜午後7:00
(年末年始を除く、祝日も受付)
※「緊急事態宣言」等を受けまして、営業時間を短縮しております。

 

メールでのお問い合わせ

講座内容やお申し込みに関するご質問の方は、
お問い合わせフォームをご利用ください。