2021年公務員試験【国家一般職・特別区:早出し版】

梅雨末期で大雨の被害が出ています。
被災された方にはお見舞い申し上げます。
公務員受験生のみなさん
どうか安全を確保して
受験対策に取り組んでください。

こんにちは。
公務員講座担当の石渡です。

今日、7月9日は
国家一般職官庁訪問の初日です。
受験中の方、がんばってくださいね。

公務員試験では
国家一般職や県庁などの試験で
面接試験が進行中です。

今回は
地方上級・国家一般職レベルの
行政・事務区分で
1次までの状況を公開している試験を
まとめてみました。
昨年、一昨年の実施結果と併せて
3年間の比較をしています

◆国家公務員◆
国家一般職(行政)

 年次  申込  1次合格  最終合格
 2021  23,075  8,215
 2020  24,180  7,665  4,771 ※1次受験者14,623
 2019  25,088  8,025  5,675

国税専門官

 年次  申込  1次合格  最終合格
 2021  13,163  7,415
 2020  14,131  7,189  3,903 ※1次受験者 9,052
 2019  14,238  6,154  3,514

労働基準監督官A(法文系)

 年次  申込  1次合格  最終合格
 2021   2,224  1,050
 2020   2,699  1,119   358 ※1次受験者 1,318
 2019   2,703  1,111   379

◆裁判所
事務官一般職大卒程度

 年次  申込  1次合格  最終合格
 2021  10,274          ※申込者数修正しました(8/4)
 2020  12,784  1,638   970 ※1次受験者 2,135
 2019  12,202  3,732  1,255

◆地方公務員
特別区 I 類事務

 年次  申込  1次合格  最終合格
 2021  11,449  4,098
 2020  14,339  4,791  1,741 ※1次受験者 8,121
 2019  13,296  4,244  2,032

例年、実際に1次試験を受験するのは
申込者の7〜8割程度ですが、
昨年はコロナ禍1年目だったため
公務員試験は大幅に後ろ倒しされ
その影響で受験する人が大きく減りました。

特に国家一般職と試験日程が被ってしまった
裁判所事務官一般職は
1万人以上が受験しませんでした。

したがって
昨年の数字はそのまま参考にはできません。
2022年受験を考えるには
2019年と今年を比較するとよいですね。

公表されている状況から見ると
全体としては
申込者は1割前後減少
1次合格者は微増〜現状維持
という傾向が見てとれます。

特別区では合格者が減っていますが
そもそも採用予定数が絞られた影響でしょう。
(2019年966名、2020年906名、2021年874名)

ここまでのところを見ると
公務員採用試験は易しくなっている
と言えると思います。

来年の合格を目指すあなたにとってはチャンスですね。
ライバルに少しでも差を付けたいなら
できるだけ早く受験対策をスタートしましょう。

今回はここまで。ではまた。

講座の学習や公務員試験について
わからないこと、聞きたいことがあれば
どうぞお気軽にお問い合わせください。
Z会キャリアアップコースのお問い合わせフォームはこちら
*こちらをクリックするとお問い合わせフォームのページに飛びます

ただいま2022年合格目標講座では
受講料5%OFFキャンペーン実施中です(7/31まで)。

Z会公務員講座の詳細はこちら
*こちらをクリックすると公務員講座のページに飛びます

パンフレット等の資料請求はこちら
*こちらをクリックすると資料請求フォームのページに飛びます

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコースカスタマーセンター】

0120-919-996
月〜金 午前10:00〜午後3:00
(祝日・年末年始を除く)

 

インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等

【Z会テクニカルサポートセンター】

0120-636-322

月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

 

メールでのお問い合わせ

講座内容やお申し込みに関するご質問の方は、
お問い合わせフォームをご利用ください。