9月スタートの受験対策のポイント

九州や中国地方では大雨が続いています。
週明けにかけては
さらに広い地域で影響が出るようです。
どうか安全第一に考えてください。

こんにちは。公務員講座担当の石渡です。

8月も前半が終わります。
来年の公務員試験対策では
そろそろ後半戦です。
まだ始めていない方は
もう腰を上げないといけません。

そこで今回は
これからZ会公務員講座を申し込まれた場合の
受験対策について説明します。

◇その1 課題に一通り取り組む場合◇

Z会公務員講座のうち
専門試験対策にも取り組む
地方上級・国家一般職本科
*講座名をクリックすると講座ページに飛びます
では
講座の教材に一通りすべて取り組む場合の
標準学習時間は490時間です。

ここでは
特別区(1類事務)の受験を例に考えます。

1次試験は例年5月第1日曜日なので
3月末までに一通り終える計画を考えます。
4月は復習にあてる前提です。

9月1週目(9/6~)からスタートして
3月最終週(~4/3)までに一通り終えるとすると
学習期間は30週
1週当たりの学習時間は16時間20分です。
この場合、1日の学習時間のモデルは
平日5日が1日2時間、週末2日に残り7時間。
楽ではないですが、何とかこなせますね。

Z会公務員講座は
学習内容を絞ったカリキュラムですが
それでも
これからスタートとなると
1日2時間の受験勉強が基本です。

ちょっと重いかな。

◇その2 科目を取捨選択する場合◇

受験する試験によっては
さらに科目を削り
学習時間を圧縮することができます。

特別区(1類事務)の専門試験は
11科目各5題の出題で
40題の選択解答です。
つまり、8科目勉強しておけば
必要解答数をカバーできます。

地方上級・国家一般職本科の
専門科目は以下の通りです。

憲法、民法、行政法
ミクロ経済学、マクロ経済学、財政学
政治学、労働法、経営学、社会学、社会政策

特別区の専門試験では
民法が2科目になり、出題科目は

憲法、民法1・2、行政法
ミクロ経済学、マクロ経済学、財政学
政治学、行政学、経営学、社会学
です。

たとえば、経済が苦手なら
講座の専門科目から
ミクロ経済学、マクロ経済学

出題されない労働法
をやめても8科目分残るので
必要解答数をカバーして受験できますね。

ちなみに
特別区のように基礎自治体を受験なら、
出題されなくても
社会政策は勉強すべきです。

この場合
講座の学習を一通り終える時間は
490時間→397時間
になります。
9/6開始、4/3までの30週の
1週当たりの学習時間は
13時間35分に圧縮できました。

一通りすべてやる場合と同様
週末2日に7時間取り組めば
平日5日は1日1時間20分

これなら確実に続けられるでしょう。

専門試験が科目選択である
国家一般職(行政)や
東京都1類B(行政)
あるいは選択解答制の自治体なら
学習時間をかなり削れます。

これから公務員試験対策を始める場合のポイントは
志望先の試験傾向に合わせた科目の取捨選択です。

無駄を排して効率的に受験対策に取り組みましょう。

今回はここまで。ではまた。

講座の学習や公務員試験について
わからないこと、聞きたいことがあれば
どうぞお気軽にお問い合わせください。
Z会キャリアアップコースのお問い合わせフォームはこちら
*こちらをクリックするとお問い合わせフォームのページに飛びます

◆価格改定しました!

Z会公務員講座では
受験本番までの受講期間が短くなったことに伴い
8月より受講料を改定しました。

Z会公務員講座の詳細はこちら
*こちらをクリックすると公務員講座のページに飛びます

パンフレット等の資料請求はこちら
*こちらをクリックすると資料請求フォームのページに飛びます

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコースカスタマーセンター】

0120-919-996
月〜金 午前10:00〜午後3:00
(祝日・年末年始を除く)

 

インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等

【Z会テクニカルサポートセンター】

0120-636-322

月〜土 午前10:00〜午後7:00
(年末年始を除く、祝日も受付)
※「緊急事態宣言」等を受けまして、営業時間を短縮しております。

 

メールでのお問い合わせ

講座内容やお申し込みに関するご質問の方は、
お問い合わせフォームをご利用ください。