心理系大学院専門科目「心理専門 Step Master」

第1章では、基礎から段階的に学ぶことによって、心理学を体系的に無理なく学べます。また第2章・第3章では、実際の心理系大学院入試の問題や解答例・解説を見ることで、出題形式にも慣れ、具体的な解答方法を習得できます。
 

※本テキストの記述はDSM-5ではなく、DSM-IVに準拠しています。あらかじめご了承ください。

【第1章 基礎知識の確実な理解】 テーマ・コラム名

Part1:科学と人間の努力としての心理学 1 心理学の歴史的起源
2 現代における心理学の視点
3 心理学的研究法
Part2:生物学的・発達的過程 4 神経系の働き
5 遺伝的影響
6 遺伝と環境
7 新生児の能力
8 認知発達
9 社会性の発達
10 発達段階説
Part3:意識と知覚 11 精神物理学
12 感覚の符号化
13 視覚説
14 物の分化
15 奥行き知覚
16 錯視
17 知覚の恒常性
18 意識の諸側面
19 睡眠と夢
20 意識の変容
Part4:学習、記憶、思考 21 古典的条件づけ
22 オペラント条件づけ
23 嫌悪条件づけ
24 学習の種類
25 記憶プロセス
26 記憶の種類
27 記憶の向上
28 忘却
29 言語の獲得過程
30 問題解決
(1)発達に伴う言語の変化
Part5:動機づけと情動 31 動因
(2)動機づけの種類
32 情動の起源
33 情動の種類
Part6:パーソナリティの個性 34 知能の査定
35 知能の種類
36 性格特性論
37 パーソナリティの査定
(3)性格類型論
(4)発達の査定
Part7:ストレス、精神病理、治療 38 外傷体験
39 内的葛藤
40 ストレス反応
41 防衛機制
42 異常の定義
43 不安障害
44 気分障害
45 統合失調症
46 パーソナリティ障害
(5)最近クローズアップされやすい心の問題
(6)教育に関して
47 精神分析的心理療法
48 行動主義的心理療法
49 人間主義的心理療法
50 集団精神療法
51 心理療法における共通因子
(7)その他の心理療法
(8)日本独自の心理療法
Part8:社会的行動 52 態度
53 印象形成
(9)原因帰属に関する諸理論
54 自己概念
55 同調と服従
56 説得的コミュニケーション
57 集団
(10)リーダーシップに関する議論
Appendix:統計的方法と測定 58 データの要約
59 統計的推定
60 統計的仮説検定
61 統計的解析
(11)統計に関して
章末付録 人名索引
ターム索引
DSM-IV-TRの分類・抜粋表
心理学年表

※1~61が「テーマ」、(1)~(11)が「コラム」となります。

【第2章 より深い知識の獲得】 テーマ名

Part1:臨床心理学総論 1 臨床心理学の学際性
2 臨床心理学全般
Part2:心理臨床家とは 3 心理臨床家の義務と役割
Part3:心理面接における諸問題 4 個人心理面接と集団心理面接
5 受理面接における留意点
6 親子並行面接の意義
Part4:心理療法各論 7 カーンバーグの人格構造論
8 行動療法・認知行動療法の技法
9 身体症状へのアプローチ法
10 遊戯療法の効用とセラピストの役割
Part5:心理臨床における諸問題 11 DSM-IVの長所と短所 -神経症を例に-
12 神経症の理解と治療方法
13 「不登校」の歴史的背景と類型
14 児童虐待の類型
15 自閉性障害の特徴
16 ターミナルケア・グリーフケア
Part6:心理臨床における査定 17 幼児期・老年期のクライエントに適する心理テスト
18 テスト・バッテリーの定義・具体例・効用
19 不登校児へのテスト・バッテリーの組み方
20 知能検査の特徴と実施上の留意点
Part7:発達臨床心理学 21 乳幼児健診の内容と意義
22 乳幼児期の母子関係と対人関係への影響
Part8:他の心理学分野から 23 道具的条件づけとオペラント条件づけ
24 言語と思考の発達
25 学習意欲を高める方法
26 脆弱性-ストレスモデル
27 自律神経と精神
Part9:統計学 28 質的研究と量的研究
29 統計的仮説検定 -t検定の解釈から-
30 相関の理論的理解
31 分散分析における結果の解釈

 

【第3章 知識間の関連性の発見】 テーマ名

Part1:心理臨床・理論編 1 心理学の科学性
2 他者の存在と人間のアイデンティティ
3 心理療法による「不安」のとらえ方の違い
4 純粋性と逆転移との関連
5 軽度発達障害児に対する心理的援助の動向
Part2:心理臨床・実践編 6 心理療法における「限界」
7 臨床心理士の職業倫理
8 テスト・バッテリー
9 不登校のとらえ方
10 事例:受理面接でクライエントが不安を訴えた場合
11 事例:関係者間で言い分が食い違う場合
Part3:統計編 12 観察法と質問紙法における信頼性
13 代表値の種類とその使い分け
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコースカスタマーセンター】

0120-919-996
月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始を除く、祝日も受付)

インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等

【Z会テクニカルサポートセンター】

0120-636-322
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

メールでのお問い合わせ

講座内容やお申し込みに関するご質問の方は、
お問い合わせフォームをご利用ください。