添削者の一言に励まされることもよくあった。大変感謝しています。

TOEFL iBTスコア110
初受験

Y.S さん

東京大学 理工系大学院 卒業。現在、金融機関の研究所で研究員として勤務。

「TOEFL®テストWriting[レギュラー]」受講/2010.1〜

iBTスコア110(R:30, L:30, S:23, W27)[初受験](2010.10)

独習では見えないミス・問題点を指摘してもらうつもりでZ会TOEFL講座を受講した。

Z会のTOEFLのライティング講座を受ける前は、ひたすら独学で勉強していました。しかし今一つ要領を得ませんでした。そこで色々なTOEFL予備校・教材・オンライン添削サービスを調べていたのですが、高校の時にお世話になっていたZ会がまさしくライティング講座を提供しているのを知り、検討の結果、受講しました。

10回もの添削があるにもかかわらず、費用が他のTOEFL予備校に比べて安かったのが一番の理由でした。自分で独習していて見えていなかったミス・問題点を指摘してもらうつもりで受講しました。

自分自身の間違い・失敗の「クセ」を理解することをこころがけた。

添削者の方のアドバイスは的確かつ丁寧で勉強になりました。また、添削者の方が書かれた何気ない一言に励まされることもよくありました。添削者の方々には大変感謝しております。

ワンポイント・アドバイスは自分でライティングを繰り返すなかで身に付けたい点が多々書かれており、役立ちました。

私自身が心がけたのは自分自身の間違い・失敗の「クセ」を理解することでした。添削されたコメントをまとめて読む、あるいは自分でパラグラフごとにかけた時間を測ったりして、同じ失敗を繰り返さないようにしました。

日本人研究者が世界で成功するために重要なのは、ライティング能力なのではないか。

私はこれから海外で研究者としてのキャリアを歩んでいく予定ですが、ライティング能力を高めることはとても重要であると思っています。実際、「日本人が世界で研究者として成功するのに一番必要な能力は、実はスピーキング能力ではなく、ライティング能力である」という意見をしばしば聞きます。

Z会のTOEFLライティング添削を通じて得た力は今後も英語で論文を書く際の基礎になると思います。高いライティング能力は一朝一夕に身に付くものではないことは明らかですので、今後も地道に力をつけていきたいと思っています。1時間に2000語書けるようになるというのを一つの当面の具体的な目標にして頑張っていく予定です。

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

講座内容やお申し込みに関するご質問のある方は、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。


お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコース カスタマーセンター】

0120-919-996

月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始を除く、祝日も受付)


インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等
【Z会テクニカルサポートセンター】
0120-636-322
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)