定年を機に、大学院に進学してもう一度興味を持った分野を勉強したい衝動にかられた。

初受験(610)
千葉大学建築学科卒業 現在は地方のゼネコンに勤務し、技術系の仕事を担当

ゴンキチさん

TOEIC®L&Rテスト 400点突破 100UPトレーニング/2017年3月〜

スコア610(L325,R285)第220回(2017.5/受講中)

『文章表現』講座を受講し、着実に力がつく実感があったので、同じZ会のTOEIC講座で挑戦しようと決意。

建築関連の仕事をしている、60歳の定年まで残り2年の社会人です。

今年になってから、携わっている建築のある分野に非常に興味を持ち始めました。定年を機に、大学院に進学してもう一度興味を持った分野を勉強したい衝動にかられ始め、進学したい大学の受験条件を調べてみると、TOEICのスコアシートの提出が義務付けられていました。

以前に、Z会の講座は『文章表現』講座を受講したことがあり、着実に力が着く実感がありましたので、今回は同じZ会のTOEIC講座で挑戦してみようと決意しました。

TOEICは名前こそ知っていましたが、内容は全く知りませんでした。
当然、これまでTOEIC用の勉強もしたことはありませんでした。
今回が初めての受験でしたので、400点突破コースを受講しました。

※『相手に伝わる文章表現』講座は、2015年10月より『仕事で生きる文章力』講座にリニューアルいたしました。

確認テストと Target Test で本番さながらのプレッシャーを事前に味わうことが出来た。

Z会のTOEIC講座は、事前のスケジュール作成により、一定の学習ペースを確保できることが一番良かったと思います。

学習時間は、基本的には早朝のみとしました。
1回の講義がそれほど長くないので、当初の計画通り遅れることなく続けることが出来ました。

講座用の専用ノートを作り、各ユニットの語句類は書き留めて復習しやすいようにしました。講座が終わる頃には、ノートは2冊になっていました。

一通りのスケジュールが終了してからは、ミニテストを繰り返しやり直し、最終的には数回繰り返しました。また、確認テストやTarget Testをやるたびに、自分の力のなさと、全問を解き切る時間配分の難しさを思い知らされましたが、これが本番での時間配分の良い教訓になりました。

特に役立った点は、講座で紹介してくれた解答のコツと確認テストとTarget Testです。本番では、解答のコツを思い出しながら、全問を解ききることが出来ましたし、確認テストとTarget Testで本番さながらのプレッシャーを事前に味わうことが出来ました。

解答のコツを思い出しながら取り組んだことと、とにかく全問解答するというこの2点がポイントだった。

試験直前は、ミニテストを繰り返しやり直し、講座各ユニットのポイントについて語句類を重点的に見直しました。

試験本番では、リスニングがTarget Testの時より聞き取れませんでしたが、解答のコツを思い出し、気持ちを切らさないように取り組みました。後半のリーディングでは、本番試験で最大の目標としていた全問解答をとにかく目指し、何とか最後までたどり着きました。

事前のTarget Testでは550点でしたが、本番終了後の手応えとしては、500点行くかどうかというのが正直なところでした。
結果が610点だと知った時は、本当に驚きました。リスニングで聞き取れなかったにもかかわらず、解答のコツを思い出しながら取り組んだことと、とにかく全問解答するというこの2点がポイントだった思います。
※L&R means LISTENING AND READING.

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

講座内容やお申し込みに関するご質問のある方は、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。


お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコース カスタマーセンター】

0120-919-996

月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始を除く、祝日も受付)


インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等
【Z会テクニカルサポートセンター】
0120-636-322
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)