『基礎力の充実』を目標としているカリキュラムが魅力的だった。

『基礎力の充実』を目標としているカリキュラムが魅力的だった。

275点UP(550→825)
京都大学在学。大学受験以来の英語嫌いが克服でき、現在は英検1級を目指して奮闘中。

明智中納言さん

TOEIC®テスト700点突破100UPトレーニングテキスト版受講 TOEIC®テスト800点突破100UPトレーニングテキスト版受講

スコア550(L270,R280) IPテスト(受講中)

スコア825(L440,R385) IPテスト(受講中)

大学入試で苦労した英語に嫌でも向き合う機会が増えた。

私は大学受験の頃から英語がかなり苦手で、問題集をあれこれ揃えては沈没するという状況で、英語が難しい京大入試ではかなり苦労しました。入学後も英語に対する苦手意識は消えませんでしたが、一方で講義や教材に英語が導入されたり、ヒアリングの講義が必須とされるなど、嫌でも英語に向き合う機会が増えてしまい、Z会の受講を決めたのは3回生の春です。

大学受験以来のZ会に対する安心感と通信教育というスタイルが、怠けがちな自分とっては決め手でした。また、得点アップを謳う他の教材と異なり、大学受験を専門としているZ会ならではの『基礎力の充実』を目標としているカリキュラムが魅力的でした。

英語に対する苦手意識がいつの間にか消えていた。

はじめ700点目標の講座を受講しました。以前に買いこんでいた問題集には一切手をつけず、まずはカリキュラム通りに2カ月、だまされたつもりで取り組むことにしました。私の場合は、日割り学習ではなく、割り振られた分量を1週間かけて何度も復習する、というスタイルでした。テキストはすべて完全に和訳できるように練習し、出てきた単語についても一つずつ調べて丁寧に覚えていきました。

リスニングも含め、1日あたりの学習時間は1時間半ほどになりました。TOEICを何も知らない自分には何が良質の教材なのかよく分からなかったため、『Z会が重要と言ってるんだからすべて重要に決まってる!』という気持ちで、謙虚に取り組みました。

その結果、正攻法で全問題を解ききることが出来、英語力そのもののアップを実感しました。同時に、英語に対する苦手意識もいつの間にか消えていました。その後、続けて800点目標の講座も受講することにしました。今、教材を見返してみると、やはり教材の完成度はさすがだと思います。

2カ月のカリキュラムで英語の基礎がバランスよく身に付く。

英語力が飛躍して以降は、英語の学習がやや怠けがちになりましたが、英語力というのは、一度基礎からきっちりと勉強しておくと、かなりの長期間維持できるものだと実感しています。

Z会の講座は、2カ月というカリキュラムで英語の基礎がバランスよく身に付くように設計されていると思うので、教材に悩んでいたり、基礎力に不安があるのなら、まずは受講してみることをお勧めします。2カ月後の公開テストでは、きっと確かな感触がつかめるはずです。がんばってください!

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

講座内容やお申し込みに関するご質問のある方は、「お問い合わせフォーム」をご利用ください。


お電話でのお問い合わせ

講座に関するご質問、会員番号・パスワード忘れ等

【Z会キャリアアップコース カスタマーセンター】

0120-919-996

月〜金 午前9:00〜午後5:30
(年末年始を除く、祝日も受付)


インターネット接続環境、動画再生に関するご質問等
【Z会テクニカルサポートセンター】
0120-636-322
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)