みらい思考力プロジェクト

小学1年生・2年生のうちから

「みらいにつながる思考力」を。

2020年度から、小学校の新学習指導要領が施行されます。従来の知識の積み重ねを重視した教育から、その蓄えた知識を使いこなす力、自ら問題を発見し、答えや新しい価値を生み出す力をよりきたえていく教育への転換が見込まれています。 そこで、低学年においてとくに重視されるのは将来的な課題発見・解決能力につながる「思考力」の養成です。

Z会小学生コースではこれまでも、教科の枠にとらわれない、柔軟な思考力を身につけることができる教材を提供してきました。 2019年度からは従来の教材に加え、みらいにつながる思考力をきたえることに特化したワーク教材やプログラミング学習が新登場! 今まで以上に、お子さまのみらいに続く、長い学びを支えていきます。

●自ら学びに向かう姿勢をはぐくむ教材構成
教科学習は学力の土台となるものだからこそ、「テキストで学ぶ」
→「提出課題に取り組む」というシンプルな学習サイクルが有効。
低学年のうちから学習のしかたを身につけ、習慣化します。
また、集中を妨げないシンプルな誌面でじっくりと「思考力」を養います。

●知識の活用力を問う発展問題
国語・算数では、知識をインプットするだけでなく、得た知識を活用したり組み合わせたりして解く発展問題も出題。学校の授業で習ったことの定着・応用だけでなく、さらに深く考えることでみらいにつながる思考力をはぐくみます。中学受験特有の思考問題に対応できる素地をも養います。

●理科・社会の土台をつくる経験学習
「経験学習」は、体験を通じて3年生以降に学習する理科・社会の土台を築くZ会オリジナルの教科です。幅広い物事に興味をもつきっかけとなり、自ら課題を発見する学びの姿勢を作ります

●思考の幅を広げる6つの力
問題発見・解決能力を養うためには低学年のうちから思考の幅を広げる必要があります。「みらい思考力ワーク」では、「連想力」「試行錯誤力」「論理的判断力」「情報整理力」「注意力」「推理力」の
6つの力を養う問題を出題することで、思考力の幅を広げます

●教科の枠を超えた出題
国語・算数などの教科学習で学んだ知識のみならず、日常生活で習得した知識を組み合わせて活用することで、課題を解決する力を育てます

●みらいをさらに広げる粘り強く問題にあたる力
じっくりと考えたり、ぱっとひらめいたり、あれこれ迷ったりすることによって、考える力を養っていきます。一生懸命考えた先の「わかった!」という喜びが、お子さまの未来の可能性をさらに広げます。また、中学受験でも必要とされる、粘り強く問題にあたる力が身につきます

みらい思考力ワーク問題例 1年生

3つのヒントをもとに,条件に当てはまるものを考えます。箇条書きで与えられたヒントだけでなく,文章の中からヒントを探す問題も出題します。複数の情報の中から、必要な情報を見つけ出す力を養います。

ものごとがどのように変化しているかを推理して、規則を見抜く力を養います。与えられた情報のなかにひそむ規則を見抜く力を身につけることは、得た情報を分析・活用するために不可欠です。

連想力とは、ある物事から、別の物事を考え出していく力です。この回では、言葉遊びを通して語彙を増やすとともに、いろいろな角度から言葉をとらえることによって、発想を豊かにしていきます。

みらい思考力ワーク問題例 2年生

複数の視点でとらえる力をつけるとともに、集合の関係を図に表して整理する方法を知るための問題です。ものごとを多角的にとらえられるようになると、1つのものごとから複数の情報が得られ、考えるための材料を増やすことができます。

 

暗号で書かれた文章や地図など、さまざまなジャンルの問題に触れながら推理力を高めます。推理力を高めることで、ものごとの本質を見抜く力を身につけることができます。

「こうするとどうかな」「やっぱりこうしてみよう」と試行錯誤することで、粘り強く問題に取り組む力を育みます。また、試行錯誤を繰り返すことで、見通しを立てる感覚を養うこともできます。

●追加料金なしでできるプログラミング学習が登場
小学校で2020年度から導入が予定されている「プログラミング教育」。Z会では2019年度からご家庭のスマートフォンやパソコン、タブレットで気軽に取り組める「プログラミング学習 Z-pro」を導入します。2019年度の小学生コース1・2年生をご受講の方は、標準サービスとして、どなたでもご利用いただけます。

●はじめてのお子さまでも取り組みやすい
「プログラミング学習 Z-pro」は、プログラミング教育に対応した教育サービス作りに取り組んできたソニー・グローバルエデュケーションとZ会が共同でつくり上げた教材です。身近なものを題材に、楽しく学べる工夫を凝らしたデジタル学習の中で、プログラミングの考え方に触れていきます。親しみやすい物語と直感的にわかる操作性ではじめてプログラミングにふれるお子さまでも取り組みやすいよう配慮。ご家庭の機器で手軽に取り組めます。

 

●「プログラミング的思考」を伸ばす土台を作る
「プログラミング学習 Z-pro」では、与えられた課題を解決するために、手順を整理したり論理的に考えたりしながら、試行錯誤を繰り返していきます。さらに、決まった1つの答えがあるのではなく、自分で課題を発見し解決していくプログラムもご用意。取り組むうちに、「論理的思考力」「問題解決力」「創造力」の3つの力が鍛えられ、「プログラミング的思考」を伸ばす土台が作られていきます

※「プログラミング学習 Z-pro」は、株式会社Z会と株式会社ソニー・グローバルエデュケーションの協業により、プログラミング的思考の育成を目指した体験型プログラミング教材です。
※画像は開発中の1年生用の画面です。内容やデザインは変更になることがあります。

 

■1カ月の学習量・受講会費

※2019年度会費(税込)。小学生コース1・2年生、ハイレベルと『みらい思考力ワーク』をセットで申し込まれた際の価格です(12カ月一括払いの場合)。
※スタンダードと『みらい思考力ワーク』をセットで申し込まれた場合の価格は、小1 4,590円/月、小2 4,924円/月 です(12カ月一括払いの場合)。
※小学生コース1・2年生の算数・国語には、スタンダード・ハイレベルの2つのレベルがあります。算数・国語で別々のレベルを選択することはできません。
※『みらい思考力ワーク』単独でのご受講はできません。

 

英語も任せて安心。 たくさん聞いて、たくさん話せる。
小学校でも英語が必修化され、小学3年生から英語にふれる「外国語活動」が導入されます。といっても、中学校の英語のように文法や単語を身につけるのではなく、「聞く」や「話す」アクティビティを多く取り入れた授業が中心となります。
そこで、Z会ではご自宅でオンライン英会話が学べる「Z会×リップルキッズパーク オンライン英会話」のサービスを開始しました。1回25分の楽しいレッスンで、「英語が好き!」という気持ちを育みながら、英語を「話す」体験を積むことができます。
「Z会小学生コース」「Z会小学生タブレットコース」「Z会中学受験コース3年生・4年生」をご受講中の方に限り、Z会員特別優待価格でご受講いただけます。

*入会後に別途お申込が必要です。
*ほとんどのパソコン、iPad等のタブレット、スマートフォンでご受講いただけます。
詳しくはこちら

 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

入会をご検討中の方

【Z会幼児・小学生コース お客様センター】

0120-79-8739
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

会員の方

【Z会幼児・小学生コース お客様センター】

0120-35-1039
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

WEBでのお問い合わせ

会員サイトでのお問い合わせ

ログインにお困りの方はこちら

おすすめサービス