連載

イメージ

印刷

<こちらリカドク部!>

宇宙探検に出かけよう

この世の中には不思議なことがいっぱい。理科や算数の不思議を本で探究していく楽しい部活動が「リカドク部」。オリザ・コーチと一緒に、不思議の世界を探検してみよう!

【2015年4月9日】


 

宇宙探検に出かけよう

 

フリズル先生のマジック・スクールバス 星めぐり

ジョアンナ・コール文 ブルース・ディーギン絵 藤田千枝訳/岩波書店/本体価格1,400 円

キミは宇宙旅行に興味はあるかな? 現実にだれもが宇宙旅行に行けるようになるのは、まだもう少し先のことになりそうだけれど、今月は宇宙旅行に行った気分になれる2冊の本を紹介するぞ。

まず1冊目は不思議なフリズル先生のクラスのありえない遠足のおはなし。
遠足でプラネタリウムに行ったらなんと修理中で休館・・・。みんながガッカリしていたら、突然スクールバスがロケットに変身して本当の宇宙に遠足にいくことになった!
月に始まり、水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星と太陽系の星たちをめぐる旅。一緒に出かけた気になって楽しんでしまおう。途中には思わぬハプニングも起こってハラハラの大冒険。みんな無事地球に帰って来られるだろうか?

 

宇宙への秘密の鍵

ルーシー&スティーヴン ホーキング作 さくまゆみこ訳/岩崎書店/本体価格1,900円

もしキミが本の虫でなかったら最初は「こんな分厚い本が読めるかな?」と、ちょっと不安になってしまうかもしれない。が、まあだまされたと思って読み始めてみるべし! きっとストーリーにひきこまれてどんどん読めてしまうから。

ひょんなことから不思議な隣人エリック・アニー親子と友だちになったジョージ。ちょっと生意気な(?)コンピューター・コスモスの助けを借りて、一緒に宇宙を冒険することに。
でもこの宇宙の冒険はタダの遊びじゃない。わくわくする楽しい物語だけれど、読みながら宇宙の不思議、生命の不思議、地球の未来、科学の大切さや科学者の役割についても考えてみてほしい。おもしろかったら続きの第2巻『宇宙に秘められた謎』、第3巻『宇宙の誕生・ビッグバンへの旅』もぜひ読んでみよう!
 

オリザ・コーチ

なぞのリカドク・アドバイザー。本職では学校で働いているよ。
ブログ「こども科学図書館(*^_^*)」にも遊びにきてね。

ページの先頭へ