本科 標準国公私大コース 理系数学

基礎を確実に習得し 答案作成に必要な記述力を養成   中堅レベルの大学では、教科書レベルの基礎知識を確実に押さえた上で、応用問題に対して的確に解答をまとめる記述力の強化が必要となります。 本講座では、カリキュラム学習期に各単元の理解度を添削を通して確認し、弱点を補強、 実戦演習期では基礎知識を正しく使いこなせる答案作成力を養成します。

【講座について】

教材

添削指導

合格までの戦略

 

教材

例:サポート&トレーニング

初見の問題への
対応力を伸ばす

基本の習得は必須。その上で、数学入試の成否を分けるのは「初めて見る問題への対応力」です。この力を伸ばすには、題意の把握や、扱いやすい条件への読み換え、効率のよい処理など、各ステップの訓練が必要です。
カリキュラム学習期では、入試傾向に合わせた問題と、一人ひとりの答案に応じた添削指導で、この対応力を徹底的に鍛えます。

※標準国公立私大コースは、要点を凝縮した参考書&練習問題『サポート&トレーニング』を、入会時にお届けします。

【各月の学習テーマ】

上記学習テーマは、3月〜8月までとなります

 

添削指導

 問題のポイントを見抜いているか、
「数学的な考え方」が身についているかを指導

添削指導では、問題のポイントを見抜いた上で、「数学的な考え方」を的確に用いて答案に表現できているかをチェック。理解度に応じて、どのように復習すればよいかを具体的に教えます。

 

答案を合格点に引き上げるために最優先にすべきことをズバッとアドバイス。迷わず効率的に復習できます。

 

合格までの戦略

段階的に実力を引き上げる
学習プログラム

入試本番から逆算して、合格に必要な力を段階的に身につけられる学習プログラムを設定。各時期の学習目標や数学の特性を踏まえた教材と指導で、着実に力を志望大入試レベルに引き上げ、合格へと導きます。
 

3月〜8月:カリキュラム学習期 9月〜2月:実戦演習期 合格

カリキュラム学習期

この時期の学習の流れ

数学1Aから数学3までの重要分野を演習
採点者に的確に伝わる答案作成力を養成
 
カリキュラム学習期では、頻出の数学3を含め、単元ごとに問題を出題。教科書レベルの基本事項の演習を繰り返し、解法の定着をめざします。

実戦演習期

この時期の学習の流れ

本質を見抜き、結びつけ、表現することに
特化した出題、解説、指導
 
実戦演習期では、標準的なレベルの問題を中心として、数学1Aから3までの様々な分野の問題を出題。理解不足や弱点をつぶすとともに、採点者に伝わる答案作成の仕方を身につけます。

お問い合わせ

会員サイトでのお問い合わせ

Z会MyPage

ログインにお困りの方はこちら

お電話でのお問い合わせ

入会をご検討中の方

通話料無料

0120-65-1039

受付時間
月曜日〜土曜日 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

会員の方

通話料無料

0120-75-1039

受付時間
月曜日〜土曜日 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)