進路が決まらない・・・文理選択、大学・学部選びなど、進路の悩みや決め方を応援するサイト

TEIDAN【鼎談】〜学問と職業のカンケイから、大学進学を考える〜

あなたは、まだ何にだってなれる。

もっと様々な可能性を考えて欲しい。

そんな想いから、日本を代表する大学の協力を得て生まれたのが、最先端のキャリア教育冊子『TEIDAN(ていだん)』です。

本サイトは、その『TEIDAN』のオフィシャルサイトです。

新規登録はこちらから

『TEIDAN』は、各学部の立場の異なる3名の対談【鼎談(ていだん)】を通じて、大学進学、キャリアプラン作成に役立つ”ナマの声(生きた情報・アドバイス)”をお届けします。

大学の先生、卒業生、大学生の3名の対談から、いろいろな視点で学部・学科、職業を知ることができるのが『TEIDAN』の特徴です。文理選択、志望校選択、進路選択を考えている、悩んでいる高校生・中学生必読!ぜひ登録して、興味のある大学、学部をのぞいてみてください。

「鼎談」とは:3人が向かい合って話をすること。また、その話。古代中国の煮炊き器具「鼎(かなえ)」が3本足であることから、こう呼ばれるようになった。

大学生、先生、卒業生による「鼎談」のイメージ図

大学生活

指導方針やお薦めの講義、学部のスゴイところ、学生生活の楽しさや活動内容などがわかります。

就職活動・仕事

なぜその職業を選び、どんな仕事をしているのか。大学で学んだことが社会に出てどう役立っているかがわかります。

5年後のプラン

先輩達は先をみている!数多くのキャリアプランの実例から、今後の進路の考え方がよくわかります。

アドバイス

進路選択のポイントや高校生の今だから出来ること、受験のきっかけや受験勉強の方法などがわかります。

高校生活から、文理選択、大学・学部選び、就職後のキャリアアップのことまで、幅広い話題を取り上げます。

【サンプル】青山学院大学 理工学部の場合

青山学院大学の外観写真

自然科学の探究と技術の開発を目的とし、理学系、工学系あわせて6つの学科を設け、自然科学の基盤となるサイエンスの最先端研究はもとより、広く社会に貢献することを目指す多彩なテクノロジー研究開発を推進しています。

サンプル全文を読む

国際政治経済学部を 選んだ理由は?

高校では文化祭や体育祭など、学校の行事を楽しむということも大事かなと思います。
僕の出身校はとても課外活動が盛んでしたが、行事や部活の体験で、横のつながり、縦のつながりができます。それは卒業後もずっと続く大切な間柄です。

進学校の上位校と言われる学校ほど、校内行事が盛んで、中途半端にはしません。
やはり高校時代に培ったメリハリのある生活の土壌があると、大学に入って花が咲くと思います。オンとオフをハッキリさせて、頑張ってほしいと思います。

仕事に直接つながらない勉強でも、人生を楽しむために役立つんですよね。
私は映画が好きですが、歴史がわかっていたら楽しいですし、旅行もそうです。今になって勉強し直すことがいろいろとあります。
※一部抜粋。続きもあります。

その他の主な内容 ※冊子はこれらから抜粋して掲載しています

プロフィール
  • 先生の研究内容について教えてください。
  • 卒業研究のテーマは何ですか?
  • 学生時代の研究、そして現在のお仕事について教えてください。
大学生活
  • 皆さんは、どういう理由で電子工学の道を志したのですか?
  • 青山学院大学理工学部の特色を教えてください。
  • 青山学院大学理工学部の素晴らしさを教えてください。
  • 校内のおすすめのスポットやイベントを教えてください。
就職活動・仕事
  • 就職先をどのように決めましたか?
  • 専門技術以外に、研究室での経験が社会で活かされていますか?
  • NTTの研究開発職、そして大学の先生になりました。
5年後のプラン
  • 5年後に皆さんは何をしているでしょうか?
  • その技術をこれからどんなことに活かしたいですか?
アドバイス
  • 大学受験を控えた高校生にアドバイスをお願いします。
  • 高校の各教科の中で、そういう「考える」習慣が必要なのですね?

授業もわかりやすかったことから先生の研究室に入りたいと思いました。学生の自主性はもちろん大事ですが、やはり良い先生と出会うと、授業や研究にもますますやる気が出ますからね。

高校時代から思い描いていた「携帯電話を作りたい」という夢を先生にお話したら、助言をいただき、卒業論文のテーマになりましたし、大学院でもそのまま研究を続けました。

大学に入ることはゴールではなく、人生の一つの通過点です。あまり偏差値や人気にこだわらず、自分に合った大学を目指すのがよいと思っています。

サンプル全文を読む

『TEIDAN』では、難関大学を中心に多くの大学・学部の情報を掲載。以下のようなコメントを含む「鼎談」をたくさん読むことができます。

受験のきっかけ

  • 東京大学法学部

    大学生
    新聞部で論説記事を書いたり、新聞社の社説を読んだりする中で「日本を良くしたい」との思いが芽生えました。

    高校時代は新聞部に所属し、論説記事を書いたり、執筆のために必要な知識を身につけようと大手新聞社の社説を読んだりしていました。その中で「日本を良くしたい」との思いが芽生えました。「官僚になるなら、東大文一に入らないと」と考えていたところ、高校の友だちが東大を受験すると聞き、後押しになりました。

    上智大学理工学部

    卒業生
    放っておかれると怠ける性質なので(笑)、先生のアドバイスもあり、ここのカリキュラムの厳しさをあえて選択したんです。

    私なんて教職課程もとっていたから9時から18時半まで授業や実験がびっしりなんてこともザラでした。ただ私の場合、放っておかれると怠ける性質なので(笑)ここのカリキュラムの厳しさをあえて選択したんです。高校の先生が「あなたは上智がいい」ってアドバイスしてくれて。結果的にはとても良かったと思っています。

    東京工業大学理学部

    大学生
    オープンキャンパスに参加して感動しました。とにかく、理学部は、格好いいんです。それが最終的な決め手です(笑)

    高校3年の秋に、東工大のオープンキャンパスがあり、それに参加させてもらいました。先輩方が皆、自分の研究に誇りを持って、しかも最先端の研究を行っていることに感動しました。それで、よし、ここ(東工大)に決めたと。ただ、就職を考えると、理学部はどうかなという思いもありました。しかし、それは全くの杞憂でした。とにかく、理学部は、格好いいんです。それが最終的な決め手です(笑)。

  • 青山学院大学教育人間科学部

    大学生
    自分が関心のあるテーマ選びをして出てきたキーワードを網羅できそうな「教育学系」を選びました。

    学部選びをする際に、明確なものが見つからず、自分が関心のあるテーマ選びをしてみました。すると、「人間」、「成長」、「心理」といったキーワードが出てきましたので、すべてが網羅できそうな「教育学系」を選びました。教員になるかどうかは、受験の時点ではあまり意識しませんでしたね。

    成城大学社会イノベーション学部

    卒業生
    イノベーションは卒業後に社会でも活かせる実用的なテーマですし、英語教育に力を入れていることも決め手のひとつ。

    イノベーションは卒業後に社会でも活かせる実用的なテーマですし、心理学の授業も取れるというのが面白そうだなと思い受験しました。高校時代より英語能力を高めたいという目標もありましたので、英語教育に力を入れていることも決め手のひとつでした。

    世界各国から集まった同僚達と切磋琢磨の日々。語学とプログラミング知識を活かして世界で活躍したい。

    NECソフト株式会社で活躍する卒業生らの鼎談はこちらから

    サンプルを読む

大学生活/学部・研究

  • 千葉大学薬学部

    卒業生
    3年次で受講した『天然物化学』で如何に天然物が医療に役立ってきたかを講義を通して学び、大変感銘を受けて・・・

    大学生
    薬剤師教育に携わっている先生は、「6年制は楽しいよ!」とおっしゃるし、研究をしている先生からは、「4年制の実験、楽しいよ」と誘われるんですよね。ホント、迷います(笑)。

    卒業生
    そうそう。授業の度にどの先生も、ためになる話をしてくれるので、必然的に将来のビジョンを思い描く機会は多いですね。
    僕が今の研究室に進むきっかけになったのは、3年次で受講した『天然物化学』という石橋先生の講義でした。これまで如何に天然物が医療に役立ってきたかを講義を通して学び、大変感銘を受けて石橋先生の研究室に入ろうと決めました。

    慶應義塾大学理工学部

    先生
    勤め始めて間もない頃はそんなことを知らないから、普通に授業に行って、そうしたら教室に誰もいない。

    大学生
    野球が好きなので、早慶戦です。慶應の学生は「慶早戦」と呼ぶのですが(笑)。

    先生
    慶早戦は土日に試合があります。これが状況によってはもう一試合やる。すると野球応援のために月曜は休講になるんですよ。

    卒業生
    みんな注目していますね。土曜に勝つと、日曜の応援が少なかったりしますけど(笑)。

    先生
    狙いは休講(笑)。勤め始めて間もない頃はそんなことを知らないから、普通に授業に行って、そうしたら教室に誰もいない。最近は分かってきましたけどね(笑)。

    東京工業大学工学部

    卒業生
    きちんと授業を受けて勉強すれば、なにがしかの専門家になれます。修士まで進めば、その世界ではトップクラスに。

    きちんと授業を受け、それなりに勉強すれば、なにがしかの専門家になれます。僕の場合は、半導体や太陽電池がそれです。1、2年生のときは、数学や物理など、高校の延長のような授業をひたすら勉強するだけですが、あとからそれが生きてきます。修士課程まで進めば、研究者として結果も出すことができ、その世界ではトップクラスの人になれます。就職に困ることもありません。それは、企業の方から使える人材だと評価してくださった結果でしょう。

  • 武蔵大学三学部横断型ゼミナール

    先生
    ゼミが1年生から始まる大学は少ないですが、(中略)。となると、2年生や3年生からゼミが始まるのでは遅いのです。

    ゼミが1年生から始まる大学は少ないですが、最初の段階で主体的に学びを深めるための基本的なスキルを身に付けることが肝心です。特に就職活動が3年生から始まってしまう現状を考えると、その時期までにある程度レベルの高い学問に触れ、自分の特性も見極める必要があります。となると、2年生や3年生からゼミが始まるのでは遅いのです。

    留学中、それまでだったら恐れて尻込みする場面でも、積極的に行動できましたね。

    文科省の大学教育推進プログラムにも採択されたゼミについてはこちらから

    サンプルを読む

    文教大学教育学部

    卒業生
    フレッシュマンキャンプが本当に楽しいです。大勢と仲良くなれ、その後も関係が続いて輪が広がっていきます。

    体育会系の部活に入った新入生で行うフレッシュマンキャンプが本当に楽しいです。大勢が参加する中で、他競技の方とも仲良くなれます。その後も関係が続いて輪が広がっていきますから、大学生活をエンジョイするきっかけにもなると思います。

    東海大学工学部航空宇宙学科

    先生
    授業でよく、学生にこう質問します。「飛行機はなぜ落ちないのか」。物理的なことはともかく、それは・・・

    授業でよく、学生にこう質問します。「飛行機はなぜ落ちないのか」。物理的なことはともかく、それは飛行機に携わる人みんなが翼を支えているから落ちないんだよと教えます。まわりから様々なサポートがあって、はじめて安全にフライトが行えるわけです。自分中心ではなく、それをわかるパイロットになってほしいと、そのことをいつも願っています。

  • 上智大学理工学部

    大学生
    忙しいサークルに入ると留年必至(笑)。一番練習日程がゆるやかなところを選びました。やはり学業が第一ですから。

    実験は長いと5~6時間(13時半~19時)とかありますから。帰宅したらそれをまとめる作業も必要ですし、一日がかりです。
    忙しいサークルに入ると留年必至(笑)。僕はサークルは吹奏楽をやりたいと思っていたのですが、3団体あるうちから一番練習日程がゆるやかなところを選びました。やはり学業が第一ですから。

    筑波大学芸術専門学群

    先生
    「感性情報学」を応用したモノづくりやデザインは、モノづくり大国日本を復活させる新たなコア技術になる可能性が。

    「感性情報学」が活かされた製品の例として、TOTOが開発した「エアインシャワー」という浴び心地の良さを追及したシャワーがあります。これは節水エコ対応にもなる。このように「感性情報学」に基づいたモノづくりには、ユーザー心理を追求した製品の「作り込み」という付加価値が加わります。近年、モノづくり大国の地位が揺らぐ日本にとって、「感性情報学」を応用したモノづくりや製品デザインを行うことは、モノづくり大国日本を復活させる新たなコア技術になる可能性を秘めています。

就職活動・仕事

  • 東京理科大学薬学部

    大学生
    「薬学部を出たら、薬剤師」と思っている人が多いのではないでしょうか。でも高校生の頃はそこまで考えないですよね。

    「薬学部を出たら、薬剤師になる」と思っている人が多いのではないでしょうか。私もずっとそう考えていたのですが、理科大に入ってみたところ、想像よりも選択肢はずっと多かったです。
    まず、薬学部を出て公務員になる人もいるというのは大きな驚きでした。たしかに行政にも、薬剤に関する部門というのがあります。でも高校生の頃はそこまで考えないですよね。

    日本大学工学部

    先生
    「コンクリが専攻」なんて言うと、長靴履いてスコップ持って、コンクリを練る人になると思われやすいけれど・・・

    ここの卒業生は多彩ですね。「コンクリが専攻」なんて言うと、長靴履いてスコップ持って、コンクリを練る人になると思われやすいけれど、むしろ研究の方がメインです。コンクリートを作ってなにをするか、ではなく、優れたコンクリートを誰でも作れるようにするにはどうしたらいいのか、という研究が主なので、卒業後はケミカルの畑に進む人もいれば、彼のように建設会社に入る人もいます。住宅メーカー、建材開発、研究所の研究職など、キャリアは様々です。

    筑波大学体育専門学群

    卒業生
    最重要ミッションは、独自の新機能や付加価値を作り、機能性とオリジナリティにあふれたランニングシューズを作ること。

    私は、「ランニングシューズ」の研究・構造設計をしています。日常的には、ランナーの足の変形やシューズの変形、足首や膝がどういう角度で動いているか、どういう負荷がかかっているかなどの測定分析を行い、どういう構造のシューズが理想的なのかを考えます。最重要ミッションは、他社製品も調べた上で、当社独自の新たな機能や付加価値を作り出し、機能性とオリジナリティにあふれたランニングシューズを作ることです。

  • 早稲田大学スポーツ科学部

    卒業生
    中には、スポーツと有形の製品を同じ「モノ」としてとらえる人もいます。その点、スポーツ経営を学んでおくと・・・

    仕事場にはいろんなキャリアの方がいます。中には、スポーツと有形の製品、例えば電化製品や車を同じ視点で「モノ」としてとらえる人もいます。でも、それではなかなか成果を残すのは難しい。その点、スポーツ経営を学んでおくと、スポーツイベントの持つ付加価値などを広く学ぶので、営業先に単なるモノとは差別化した広告価値の提案ができます。これはスポーツ科学部のビジネスコースを出たおかげだと思います。

    法政大学社会学部

    大学生
    特に業界を絞ることもしませんでした。ゆくゆくは会社独自のソリューションを世界的に広めていけたらと考えています。

    卒業生
    最初はリクナビなどの就活サイトに登録し、徐々に企業訪問などを経験していきました。キャリアアドバイザーの方と話して、自分の能力と適職をすり合わせていき、いまの就職先を見つけることができました。

    大学生
    僕は業界を絞ることも特にしませんでした。就活の面接の時に「東北気質だね」と言われて、そのまま会社を決めてしまった感があります。だからあまり参考にならないかもしれません。内定をいただいた会社は建設業界で、海洋土木計の独自ソリューションを持っており、ゆくゆくはそれを世界的に広めていけたらと考えています。

    先生
    本学部から建設業界は珍しいケースですね。やはりテレビ局、広告代理店など、マスコミを目指す学生が多いです。他にはメーカー、外資系、公務員、金融、情報・通信、運輸・流通、レジャー等、本当に様々です。
    最近は安定志向の学生は教師よりも公務員を目指す傾向があります。NPOを作る人もいて、卒業生の就職先に社会学部らしさを感じることもあります。

    青山学院大学国際政治経済学部

    卒業生
    就職希望は、女性が多いらしいです。産休も取りやすいですし、人生設計もしやすい職場ではないかなと思っています。

    JICAへの就職希望は、女性が多いらしいです。ただ、女性を多く採用してしまうと、やはり結婚や産休などがあるので、男女の雇用バランスを調整するのが大変なようですね。
    でもJICAでは、就職した女性の離職率は低く、辞めずに仕事も続ける人が多いようです。女性の先輩社員の方々が意見を述べ、人事や労働組合などが、労働環境を整備してくれているからでしょう。産休も取りやすい職場ですし、男性の育休もあるので、自分の人生設計もしやすい職場ではないかなと思っています。

  • 筑波大学芸術専門学群

    卒業生
    製品のユーザー目線でデザインして、いかに利便性の良い快適なデザインをするかを提案していくかが役目です。

    ソニー製品のテレビやブルーレイレコーダーなどのディスプレイに表示される文字等のデザインや、操作性の使いやすさなどをデザインしていくのが主な仕事です。外側の形であるハードウェア部分ではなく、リモコン操作時などに発生する内部のソフトウェア部分に関するデザインが担当する領域です。製品の使い手となるユーザー目線でデザインして、それをエンジニアに伝えて実際の製品に落とし込んでもらいます。いかに利便性の良い快適なデザインをするかを提案していくかが役目です。

    東京理科大学薬学部部

    卒業生
    薬にまつわる情報はすべて私たち薬剤師が調べて、患者様にお伝えしていますし、在庫管理なども行います。

    私は病院の薬剤部に勤務しており、外来患者様、入院患者様のためのお薬を作っています。中でも私が担当しているのは、患者様に処方する薬を、処方箋にそって作る仕事です。
    “お薬を作る”というのは、処方箋をもとに調剤をし、間違いなくお渡しすることです。薬にまつわる情報はすべて私たち薬剤師が調べて、患者様にお伝えしていますし、院内で使用する薬品の細かい管理、在庫管理なども私たちが行います。

将来の夢・プラン

  • 立教大学経営学部

    大学生
    会社を作るという目標がありますが、その前に貧困国で泥まみれというか、一生懸命働いてみたいと考えています。

    会社を作りたいという目標があります。ですが、その前に貧困国といわれる国に行って、泥まみれというか、一生懸命働いてみたいと考えています。アイセックの活動を始めた理由も、活動を通じて貧困国にも関われるのではないか、と考えたからです。また「マイクロクレジット」への関心も、同様に貧困国問題を考えていく中で湧き上がってきたものです。

    玉川大学農学部

    先生
    農学部での研究を通して、「生命の尊さ」を訴える活動をしていきたいですね。「食育」や「花育」みたいなものを・・・

    農学部での研究を通して、「生命の尊さ」を訴える活動をしていきたいですね。また、食を通した教育である「食育」や、植物を通した教育である「花育」みたいなものを、多くの人が学べるようにしていきたいです。小中学校ではまだこうした教育がありますが、高校くらいになると、いきなりストップして大学受験がすべてみたいな環境になる。つまり大学でまた生物の勉強を思い出すといったシステムになっている気がします。その辺を変革して、生物を小学校の時からずっと学べる環境作りもしたいですね。

    日本大学工学部

    大学生
    卒業したら大学の研究者か、企業の研究職に就きたいと思っています。卒業生の話を見ていると、将来が楽しみになります。

    私は、卒業したら大学に残って研究者になるか、企業の研究職に就きたいと思っています。先輩の中には、コンクリートを研究した後、セメントの開発や研究をしている企業・建材メーカーなどに就職した人もいますし、自分も研究を続けていける仕事を選んでいきたいです。卒業生の話を企業のホームページなどで見ていると、とても興味深くて、将来が楽しみになります。

  • 立教大学経営学部

    先生
    「戦略的CSR」や「企業の社会的責任」といった言葉をこの世から無くしたいですね。極めて当たり前の話なんですよ。

    僕は「戦略的CSR」や「企業の社会的責任」といった言葉をこの世から無くしたいですね。企業が社会に貢献するというのは、極めて当たり前の話なんですよ。ですからこうした言葉があるのはおかしいんです。そのためには、若い人たちが就職先を選ぶ際に、「どれだけ自分たちの暮らしや社会に貢献している企業か」というのを選択基準、選択尺度にしてくれればいいんです。

    筑波大学体育専門学群

    大学生
    「小学校の体育教員になること」が目標であり、今の夢です。また、就職前には海外青年協力隊などにも参加して・・・

    「小学校の体育教員になること」が目標であり、今の夢です。僕が小学生の時も、体育になるとテンションが下がる生徒が少なからずいました。運動が苦手だからといってスポーツの楽しさを味わえないのは残念なことです。小学校の体育教員になって、授業内容を工夫するなどしてスポーツや運動の楽しさを多くの子どもたちに教えたいですね。また、就職する前には海外青年協力隊などにも参加して、世界中の子どもたちともサッカーやスポーツで触れ合ってみたいですね。

アドバイス

  • 上智大学文学部

    卒業生
    僕は悩みにどっぷり浸かっていたから、やはり後悔もしているんです。もっと学校行事に参加すればよかった、とか。

    卒業生
    たとえどんな悩みがあったとしても、目の前の課題をとりあえずやってみるのも大事だと思います。手を動かすうちに見つかることもあるので。
    僕は悩みにどっぷり浸かっていたから、やはり後悔もしているんです。もっと学校行事に参加すればよかった、とか。

    大学生
    私はもっと本を読んでおけばよかった。

    先生
    そうだね、高校1、2年のうちに積極的に活動しておくといいだろうね。
    僕も文学作品はたくさん読んでおくといいと思う。高校教育は「観念」に偏っているけれど、「感性」を磨くことはとても大切なんだ。読んで楽しい、気持ちいい、という経験をいっぱいして欲しいね。
    文学はなんでも入る巨大な器なんだよ。人間を研究するのに最高の素材。現実も非現実もすべて入っている複雑なものだから、これと取り組める人は社会でもきっと役立つし、貢献できる。本格的にものを考えられるからね。

    東京大学医学部

    大学生
    僕もそうでしたが、「数学、意味わかんねえ!」と思っても、とりあえずやっておくといいですよ。

    自分は数学が大嫌いでしたが。けれども、数学という道具を使って論理的な思考を習得していると考えればすごく重要な教科だと思います。「数学なんて実生活に役に立たない」と思う人でも、たとえばこの学科では統計が必要なので数学も頻出します。論理的思考も欠かせません。僕もそうでしたが、「数学、意味わかんねえ!」と思っても、とりあえずやっておくといいですよ。役に立たない経験というのはないんじゃないでしょうか。

    早稲田大学政治経済学部

    卒業生
    最初から「自分の大学のランクはこれくらいだから、この辺の就職先しか無理だ」とか、変な決め付けをしないことです。

    最初から、「自分の大学のランクはこれくらいだから、この辺の就職先しか無理だ」とか、変な決め付けをしないことです。どんな仕事なら自分が長期的に情熱を持って取り組めるか、そこまで暑苦しいのが嫌なら、どんな仕事ならなるべく興味を維持できるかをまず考えた方がいいと思います。18歳の時の偏差値で人生が決まるなんてことはありません。

  • 法政大学情報科学部

    先生
    自分が何をやりたいかということが一番大切だと思います。何がやりたいのか、ぜひ考えてください。

    自分が何をやりたいかということが一番大切だと思います。私はラジオ少年だったので自然に電気分野かなと思っていました。何がやりたいのか、ぜひ考えてください。 本学部を希望者には、アニメやCGを作るイメージを持っている方が少なからずいます。綺麗なアニメーションに必要なのは絵を描く能力ではなく、コンピュータにいかに描かせるかという技術力と、本物らしく動かすための物理モデルです。納得のいくものを作るには、かなり知識が必要になるので、それは覚悟して来てほしいなと思います。

    慶應義塾大学理工学部

    卒業生
    国が企画するサイエンスキャンプが凄く楽しかったんです。もっと早く、高一あたりで行っていればと・・・

    私は高校三年生のときに国が企画するサイエンスキャンプに参加して、これが凄く楽しかったんです。国の研究機関の見学に行き、そこの研究について詳しく解説してもらえるものなのですが、もっと早く、高校一年あたりで行っていればと悔やんでいます。早く行けば、それだけ進路が早く決まったかもしれません。私は二年生までとても内気で腰が重かったので仕方ないのですが…。行動は大事ですよ。

    東京工業大学工学部

    先生
    やり遂げたことは自分の財産として残ります。一番よくないのは、何もせず、のんべんだらりとした生活を送ること。

    私がいま振り返ると、高校時代が一番楽しかったなと思います。まずは高校生活を悔いなく大いに楽しんでください。部活でも勉強でも、それ以外のことでも自分の好きなことに集中して楽しくやってください。何にせよ、一生懸命やったということは、自信につながり、その後の人生に生きてくると思います。やり遂げたことは自分の財産として残ります。一番よくないのは、何もせずに、のんべんだらりとした生活を送ってしまうこと。

  • 早稲田大学政治経済学部

    先生
    受験勉強なんて入ったら役に立たない、と思っていても、入ってみてから「あ、そうではなかった」と気付くと思います。

    高校の勉強を「受験のため」と思うとなかなかモチベーションがあがらないと思います。数学にしても英語にしても、大学に入るためだけではなく、また大学での勉強のためだけでもなく、社会に出てからも役立つということを知っておいてほしいですね。ですから高校での学びはそのための基礎だ、と思いましょう。受験勉強なんて入ったら役に立たない、と思っていても、入ってみてから「あ、そうではなかった」と気付くとおもいます。もし、そう思わないなら大学で勉強を全くしていないということです(笑)。

    東洋大学ライフデザイン学部

    卒業生
    受験勉強は何時間したかではなく、自分でこれをやるというメリハリをはっきりつけることが重要だと思います。

    そうですね。興味があることにどんどん参加することです。嫌なことでも意欲的に取り組むことで意義あるものになるものです。多くの経験の中で自分の興味や関心の幅を広げて、進路選択にも生かしてもらいたいです。それと受験勉強は何時間したかではなく、自分でこれをやるというメリハリをはっきりつけることが重要だと思います。それができれば塾に行く必要もないですよ。

新規登録はこちらから