●センター対策は12月から

12月の上旬からの約1カ月の間は、センター試験対策をしました。12月まではほとんど個別試験対策のみだったので、この時期からは逆に個別試験対策はほとんどせず、地歴や理科基礎などを重点的に勉強していました。

たとえば、個別試験では日本史を選択する予定だったので、それまではセンター試験のみの地理よりも日本史を重視して勉強していました。しかしセンター試験ではどの教科もコンスタントに高得点をとる必要があるのでこの時期からは地理重視になりました。

英語・国語・数学については、暗記よりも慣れだと考えていたので、どれかの教科を毎日長時間やるというよりも、毎日全教科に少しでも触れるということに注意していました。1日でもサボると感覚が鈍ると思っていたので、センター試験1日目の前日も数学を1回分やりました。そのおかげで本番も力が出せたと思います。

●センター試験の出来がよくても油断しない

私はマーク模試の出来があまり芳しくなかったので、センター試験ではボーダーに食らいつけばよいと思っていました。また、個別試験の自信はあったので、センターであまり差をつけられなければ合格できるのではないかと思っていました。
 
実際のセンター試験ではボーダーよりも約9点高い点数をとることができたので、精神的には余裕が生まれました。家庭研修期間で個別試験の対策を進めていくと、「センター試験でアドバンテージを得た分、確実に合格しなくてはならない」というプレッシャーも感じましたが、センター試験後にも油断しなかったことが合格につながったと思います。

●センター試験後には、Z会の教材と過去問を中心に対策

センター後の家庭研修期間はZ会の教材と過去問を中心に取り組みました。とくに数学と英作文の教材にはテクニックなどが載っていたので、過去問をやるときなどの参考になりました。2月中旬からはZ会の通信教育を多く利用し、国語や英語の論述対策を進めました。

1日の科目別スケジュールとしては、英語と国語はそれぞれ大問1題ずつ、日本史は1回分の過去問や京大入試形式の問題に取り組み、残った時間でひたすら数学をやるという配分でした。

●受験生のみなさんへ

受験は長い戦いなので、苦手な教科を伸ばそうとするあまり、長時間好きではない教科を勉強しても続かないことがあります。私は、好きな教科をやる時間を長くしたうえで、少しずつでよいので苦手な教科も毎日継続してやようにしていました。これが本番の得点につながったと思うので、過剰に気負うことなく最後まで頑張ってください。

Z会オリジナルの予想問題で、本番のシュミレーションをしよう!

Z会の『直前予想演習シリーズ』(京大講座)では、京大入試本番さながらの問題を2回分出題。
解答解説には「採点基準」も掲載。減点や失点のポイントが明確にわかります。
圧倒的な即応度だから、入試直前対策に最適です!

『直前予想演習シリーズ』の詳細はこちらから