今の小6生は、学校の授業の根本となる「学習指導要領」については、小6〜中2までは新しい学習指導要領となるための準備期間「移行期間」となり、中3からは新しい学習指導要領に切り替わります。

そして、ちょっと先の話ではありますが、高校入試では、

  • 東京都立高入試の受験生全員に英語のスピーキングテストを課す方針を固める。
  • 大阪府立高入試で英検やTOEFLなど4技能を測る民間試験の結果を点数に置きかえ、通常の英語の試験と比べて成績の良い方を使うことを認める制度を開始。
  • 福井県立高入試では英検の級に応じて定めた得点を入試の英語の試験に上乗せする制度を始める。
など、特に英語に関しては大きな変化が出てきています。

さらに、その先の大学入試では、2020年度新大学入試から「英語4技能」を評価する入試に変わります。普段の学校の授業や、高校入試、大学入試、いずれも「話す」を含めた「英語4技能」を重視する流れに明らかに変わってきています。数学でもセンター試験に変わる「大学入学共通テスト」では、今までマーク式であった出題形式に、一部記述式が出題されるようになります。

少し先を見据えて学んでいく。本サイトでは、今の小6生のみなさま、そして保護者のみなさまに、「少し先」のお話をしていきます。

中学入学後の学びとは:記事紹介

英語4技能、数学的思考力、協働学習 常に一歩先を行く人のための学び場

新大学入試でも用いられる語学力の国際指標「CEFR(セファール)」基準で、4技能をバランスよく伸ばせる「英語4技能講座」。
自分に合ったレベルで、自分に必要な量だけ演習できる。自分専用にカスタマイズされた学習が可能な「数学新系統講座」。
オンラインで他の受講生と主体的・対話的で深い学び(いわゆる、アクティブ・ラーニング)を実現した「総合探究講座」。
Z会Asteriaなら、知識に加え、社会で必要とされる力を育めます。
※受講にはiPadが必要です。